PROFILE

夏川賀央

新・毎日がシンクロニシティ

CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

<<2018 December>>

夏川賀央の本

POWERED BY

[夏川オススメ]最高の疲労回復法



最高の疲労回復法
(杉岡充爾著、大和書房)。

著者の杉岡先生は、
循環器系のお医者さんであり、
「疲労」の専門家。
クリニックを開業する前は、約20年間、
救急医療士として活躍してきた方です。
観た患者さんは、
7万人にも及ぶそうですね。

本書はそんな、
お医者さんの立場から教える
「体の疲れ」を取り除く方法です。

そう、「疲れ」……。
これってじつは、現代人を悩ます
一番の「病気」じゃないかと私は思います。

というのも、
「疲れ」が原因で私たちの体には、
いろんな悪症状が起こります。
疲労死の原因となる心臓発作を筆頭に、
免疫力の低下、うつ、肥満、肌の荒れ、
老化……などなど。

えっ、「そんなに?」と思うでしょうが、
結局、蓄積される疲れを生み出しているのは、
「ホルモンの枯渇」なんです。
だからひどく疲れている人は、
いくら休んでも疲労回復できないですよね?

でも、原因がわかれば、
対策は打てるんです。

本書は、
「食べ物」「運動」「メンタルケア」
「入浴」「睡眠」「静電気の除去」「意識改革」
……と、あらゆる側面からの
「疲れをとる方法」を紹介。
下はその一部です!

・冷たい水が、温かい肌を作る
・コラーゲンを肌にいきわたらせるのは「亜鉛」
・いつもの風呂が栄養浴になる入浴剤

・疲れをためない運動量がわかる「黄金の方程式」

・水を疲労回復薬に変える「活性炭」

・脳疲労に効く最高のバター「グラスフェッドギー」
・「抗酸化野菜のヒーロー」発芽野菜を摂る

・肉を食べるなら「鶏むね肉」が最強
・疲労回復力を高める「週末プチ断食」
・チョコレートは純度が高くないと疲れがたまる
・エナジードリンクは副腎を消耗させる悪魔の飲み物

とにかく豊富な情報量ですから、
何か1つは実践できるはず。
疲れていない人というのは、
いまの時代、少ないでしょうから、
現代人必読の本かもしれないですね。

何より、私たちが
「疲れをとるためにしていること」は、
じつは周りまわって
疲労を蓄積させる原因になっていることも
多いんです。
これでスタミナ回復!……なんて、
とんでもない話。
これはかなり、注意しなければいけません。

とくにドリンク剤などに頼っている方は、
手遅れになる前に
本書を読んでほしいですね。
2018,03,22, Thu 21:07
賀央会メンバー

[夏川オススメ]いいことがたくさん起こる! ひとり坐禅



「賢者の会」にも、
何度か参加くださいました。
曹洞宗のちょっとPOPなお坊さん。
でも、ちゃんと永平寺で
修行されているんですよ。

寺澤善雄さんの
『いいことがたくさん起こる
ひとり坐禅』
という本です。

三笠書房の王様文庫から、
本体650円で、本日発売!
私も編集に協力させていただいています。

何よりこの本を読むと、
おそらく誰もが
「坐禅してみようかな?」という
気持ちになるでしょう。

というのも、坐禅っていったら、
普通は「修行」ですよね。
「足が痛い……」なんて感じていると、
後ろから棒で叩かれたりする……。

でも、本書で寺澤さんは、
「椅子に座ってやってもいい!」
「1日15分でいい!」
……とまで言っているんです。

そのうえで、悟りを開くどころか、
「楽しい未来」を想像する。
それでいいのか?
いいんですね。

詳しいことは
本書を読んでいただくといいのですが、
「坐禅とは世の中を達観するために
あるのではなく、
現実の世界で、手応えのある幸福を
つかむためにある」
というのが、そもそもの考え方。

なるほど、確かに最近は
「マインドフルネス」などといって、
冥想などで心をコントロールすることが
ストレスケアにつながると提唱されています。

でも、それだけでなく、
心を整理した状態で、未来のことを考える。
しかも禅の心持ちや、ハウツーを生かし、
豊かな心で気持ちよく
心を快の状態に持っていく……。

そんな話を聞くだけで
「いいこと」がたくさん起こりそうな
予感がしてきますよね。

実際、本書には「坐禅」を通して、
仕事を成功させたり、
恋愛を成就させたり……と、
本当に現世的な欲を叶えた方の例が
たくさん出てきます。

なるほど幸せになるためのノウハウが、
この国で発展してきた坐禅にあったとは、
まさに目からウロコ。
手軽な本なので、ぜひ読んでみてください!
2018,02,08, Thu 00:23
賀央会メンバー

[夏川オススメ]桁外れの結果を導く 一流の男の演出力



桁外れの結果を導く 一流の男の演出力

日本能率協会マネジメントセンターさんから、
本体1500円にて、12月1日発売です!

著者の
五十嵐かほるさんは、
「イメージコンサルタント」
というお仕事をしている方。

つまり、
ファッションコーディネートを合わせた
外見づくりの専門家です。
大手企業の経営者さんなど、
数多くのエグゼグティブさんを
指導をしているそうですね。

なんせ今の時代、
外見はもう「仕事力」といって
いい時代になりました。

SNSや企業の広報ページ、
みんな相手のことを
「まず外見!」で判断します。
仕事のレベルが高まるほど、
人前でプレゼンする機会も増える。
とくにビジネスに決定権を持つ
女性も増えました。

つまり現代において、
「外見」というのは、営業力であり、
広報力であり、集客力であり、
ブランド力であり、表現力であり、
説得力であるんです。

でも、自分は単なるオジサンだから……。
なんて思ってはいけません。

スーツの着方だけで、
いくらでも「格好いい一流の男」は、
選出できるんです!

お腹が出てメタボ?……関係ない!
貧相で背が低い?……関係ない!
頭の上のほうが薄くなっている
……まったく関係ない!

本書はいろんな容姿、体型に合わせた
「格好よく見えるスーツ選び」から、
着こなし方、ふるまい方、
それに言葉遣いなども指南。

どんな男性でも魅力的に思われる
「演出力」について、
てっとり早くできるハウツーを紹介しています。

とかく人に会う機会も多くなる
年末から年始。
今のうちに読んでおくと、
2018年は素晴らしいスタートが切れそうですね!
2017,12,02, Sat 14:45
夏川賀央

[夏川オススメ]いいことが次々やってくる!「神様貯金」



いいことが次々やってくる!「神様貯金」
(三笠書房、王様文庫 734円)

著者の「真印さん」は、
愛媛県の松山市で、
スピリチュアル・カウンセラーをしている方。

「愛媛」というのが、
そもそも女神様の神聖な地ですが、
そこで代々、神さまの声を聞いている家系。
なんと1300年も続いているそうですね。
現在も若い女性からVIPまで、
全国から相談者が訪ねています。

本書もそういう意味では
スピリチュアルな本……になるのですが、
科学的な頭の人でも十分に読める。
というのも、
じつにその論理が簡単なんです。

・「いいこと」をすれば
必ず「いいこと」がある
・心がワクワクすることをすれば、
人は成長できる
・自分がやるべきことをやっていれば、
ちゃんと人生はうまくいく

どうしてかといえば、
それこそ私たちが
この世に生まれてくる理由だから。

神様って何なのか?
世の中はどんな仕組みになっているのか?

本書で述べられる世界観を信じるにしろ、
信じないにしろ、
確かに目の前の問題に対して、
シンプルな解釈をしていけば
いちばん自分が望んでいる方向に
人生は進んでいく気がします。

仕事でも、恋愛でも、健康でも、
もっと自分自身の存在理由を信じ、
自分を大切にする選択をすれば、
ただそれだけで結果的には
「うまくいくもの」なんです。

それが本書でいう
「神様貯金」のメカニズムですね。

「『いいことをすれば、いいことがありますよ』
なんて聞いても、
『子どもじゃあるまいし、いまさら』と
感じる方が多いのではないでしょうか?
でも、それは間違いです」

すべての固定観念を捨てて
純粋な気持ちで本書を読んでみる。
くだらないことで悩んでいた毎日が
スッと楽になりますよ!
2017,10,13, Fri 01:21
【 - 】

[夏川オススメ]評価の基準



評価の基準:正しく評価される人が
何気なくやっている小さな習慣

(日本能率協会マネジメントセンター、1620円)

現代のサラリーマンにアンケートをとれば、
もっとも悩んでいる問題というのは
「正しく評価されていない」とか、
「自分が認められていない」と
感じていること。

このIT化された時代、
リアルなコミュニケーションの量が減り、
人間関係が希薄になってきたことから、
これは当然のように
生まれる問題なのでしょうね。

國武さんは、
銀行、フリーター、JICA、外務省
……という異色の経緯を歩んできた
経験から。
あるいは組織心理学の専門家であり、
リーダーのコーチングをする
プロフェッショナルの立場から。
皆がやっていない
「正しく人に認めてもらうために
習慣づけたいこと」を
「対:上司」「対:部下」
「対:外の人間関係」「対:自分自身」
という視点で、
わかりやすく解説しています。

それはとっても簡単なことなんです!

たとえば誰かと一つの問題について
話し合うとき、
どんなポジションで
話をしているでしょうか?

正面から向き合って、
あるいは立ったところから
座っている相手に向けて
話すようなことも多いかもしれません。

そんな人に一度、
試していただきたいのは、
適度な距離を置いて
座っている相手の横に中腰になり、
同じ方向を向いたまま
横から話すようにしてみること……。

じつは私もこれ、思い出があるんです。
私が最初に入った会社の
別の部署の上司だったのですが、
仕事の打ち合せをするとき、
若い他部署の社員であっても
必ずその姿勢で話をしていたんです。

だからかどうかわかりませんが、
みんながその人を信頼していました。
非常に親しみやすかったんですね。

「横に座ること」の効果は
心理学でもよく言われること。
バーで女性を口説く話などが象徴ですが、
「相手と同じ風景を見ていること」が
安心感になります。

たったそれだけで
「信頼できる人」という印象を与えられるなら、
覚えておいて損はないでしょう。

本書はこのようなハウツーにも
あふれていますから、
非常に「使える本」だと思います。
ぜひ手に取ってみてください!
2017,10,13, Fri 00:11
【 - 】