PROFILE

夏川賀央

新・毎日がシンクロニシティ

CALENDAR

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<<2017 September>>

夏川賀央の本

POWERED BY

困っている人を助けることで、ハッピーになることを教えてくれる絵本

「アシスタントMの読書日記」

今回ご紹介するのは、絵本。
この本は、先日のお誕生日パーティでもてなしてくださいました、
日本読書療法学会会長の寺田真理子さんが訳したそうです。
ただいま、第18回日本絵本賞読者賞にノミネートされてるとのこと。
投票はこちらです。
http://dokusyokansoubun.jp/ehon/index2.html

タイトル:『なにか、わたしにできることは?』
文:ホセ・カンパナーリ 絵:ヘスース・シスネロス 訳:寺田真理子
発行:西村書店



この絵本の主人公は、毎日が不安で不安でたまらないおじさん。

毎日、朝食をとりながら、
おじさんは新聞を読む。
一字一句、たんねんに。
そこには、全身がふるえあがるような記事もたくさんある。
おじさんは不安でたまらない。
シャワーをあびても。
仕事をしていても。

そんなおじさんが、

「なにか、わたしにできることは?」

と、言葉を発することにより、
次々と困っている人に遭遇。

そして、困っている人たちをおじさんが助けていく。

そうしたことを続けていくうちに、
おじさんに変化が起こりはじめる……物語。

詳しくは、絵本で。

ちょっと大人向けの絵本ですが、
とても大切なことを気づかせてくれると思いました。
絵本なので、文は短くシンプル。
けれども、鳥肌たっちゃうくらい、ジワーッと、心が温まりました。

単庫本を1冊読むのに比べ、すぐに読めてしまうのが
絵本のいいところ。

不安になったら、
『なにか、わたしにできることは?」
と、言葉に発してみることもいいかもしれませんね。

変化が起こるかもです!

なお、寺田さんが絵本を出版した頃の記事はこちらです↓↓

http://gao-kai.com/index.php?eid=677
http://gao-kai.com/member/?eid=148


アシスタントM

2013,02,23, Sat 00:35
賀央会メンバー