PROFILE

夏川賀央

新・毎日がシンクロニシティ

CALENDAR

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<<2017 September>>

夏川賀央の本

POWERED BY

初夏とプチ歴史を楽しもう!皇居ウォーキング!

賀央会に参加してくださっています、開運日の出ウォーキングの家元である、
猪狩大樹さんの『皇居ウォーキング』へ参加してきました。

猪狩さんのブログはこちら→http://ameblo.jp/stastney26/

↓ウォーキングをする前の自己紹介の様子。



猪狩さんは、『「下半身」を鍛えれば、人生は必ずうまくいく』(Nanaブックス)
「ウォーキングをすることにより、仕事、プライベート、体調などが好転する」という
内容の本も出版されています。



皇居1周がスタートしました!
今回は、大手門から皇居の中に入るコース。



熱くなるかな?と思ったのですが、
曇りで涼しかったので、ウォーキングするのに気持ちよかったです!



大手門へ入りました!



賀央さんが江戸城の歴史をプチ解説。
参加者のみなさんが何を見ているかというと、江戸城普請の時の
『大名の刻印』です。



『大名の刻印』ありましたよ!よく見ると、ひらがなの「ひ」に見えます。
賀央さんの推測によると、加賀藩2代目の前田利長さんか
あるいは肥後守だった、細川忠興さんか、加藤清正さんの可能性が高いそうです。



皇居の中って本当に広くてお堀がたくさんあります。
これだけ立派なお城やお堀を建設するに辺り、
当時の人々がどんな思いでどれだけ大変だったかを思うと感慨深いです。



天守閣にて集合写真。



皇居のあじさい。他にも皇居には、桜や菜の花、つつじなどたくさんの植物があります。



今回の皇居ウォーキングは、初夏と江戸城のプチ歴史を学べたりと、
爽やかで充実したウォーキングでした!

皇居ウォーキングには、何度か参加していますので、
必ず知っている方がいて、気兼ねなく参加できます。

数年前に母が「皇居の桜きれいだったよ〜」の話しを聞いてから、
いつか皇居をウォーキングしてみたいな〜と思ってた頃に
タイミング良く、猪狩さんの皇居ウォーキングのイベントを知り、参加しました。

ウォーキングイベントをきっかけに仲良くなった方々もいるので、嬉しいです。

考えてみれば、私は皇居に少し縁があり、
大学の入学式と卒業式は日本武道館で行われました。
なので、その頃に少しの距離ですが桜の皇居を歩いたことがあったんです。

それと、私の祖父は近衛兵だったので、皇居で天皇陛下を守っていました。
戦争終了後も皇居へ何度か掃除をしに行ったりしていました。
祖父は近衛兵だったことをとても誇りに思っていて、
家には天皇陛下と二重橋の写真も飾ってあります。

今思うと、祖父が生きていた頃にもっと皇居のことをいろいろ教えてもらえばよかったな〜と
後悔しています。。。

可能な限りは、皇居ウォーキングに参加したいと思っていますので、
参加者のみなさん、これからもよろしくお願いします。

研究所ブログ6月25日


アシスタントM

2012,06,27, Wed 03:21
賀央会メンバー