PROFILE

夏川賀央

新・毎日がシンクロニシティ

CALENDAR

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

<<2018 August>>

夏川賀央の本

POWERED BY

[夏川オススメ]『「変われない自分」を一瞬で変える本』



累計120万部という
有名な自己啓発の先生ですね。
井上裕之先生の新刊。

『「変われない自分」を一瞬で変える本』
きずな出版さんより、
本体1400円で発売です!

非常に本格的な自己啓発書です。

というのも本書は、
最近流行のスピリチュアルな
「引き寄せ」の法則に対する、
こんなアンチテーゼで始まっています。

「私はあえて本書では、
『引き寄せ』の考え方では、
あなたが幸せになることはない、
という立場を取ってみたいと思うのです」

その理由はこうです。

「それは多くの読者が間違って理論を解釈し、
幸せになれない悪循環を繰り返しているからです」

では何をするかというと、
本書のサブタイトルにあるように
「潜在意識の使い方」なんです。

かつて佐藤富雄先生は、
人間の脳内には、
自動的に目的を達成させる
装置のようなものが備わっている
……と説きました。

同じようなメカニズムを
井上裕之先生は、
「知識の貯蔵庫」と呼んでいます。

それは私たちが毎日の生活で
積み上げてきた情報を取捨選択し、
「自分の目的を達成させるナビゲーター」
として機能するもの。

けれども多くの人は、
この「知識の貯蔵庫」を
上手に活用できていないんですね。

私たちの頭の中にあるのは、
すべて私たちが過去において
体験したり、見知ってきたものなんです。

それをどのように解釈するかによって、
人生は変わってくる。
うまくいかない人はそれを、
ただ現在がうまくいかないように解釈している
……ということなんです。

でも、そんな解釈は、
一発で上書きできる!
本書はそんな方法を解説したものです。

ひと昔の自己啓発の名著で学んでいながら、
「いまの安易な風潮で
すっかり忘れてしまっていたこと」を
何だか思い出せてくれるような本ですね!
2018,07,31, Tue 23:38
夏川賀央

[夏川オススメ]『今日から始める! 神様貯金がどんどん貯まる本』



今日から始める!
神様貯金がどんどん貯まる本

(真印著、王様文庫)

大ヒットしている、
『いいことが次々やってくる!
神様貯金』の
第二弾にあたる本になります。

そもそも「神様貯金」って何だといえば、
私たちが「いいこと」をするたびに
神様がボーナスポイントのようなものを
つけてくれるという話。

著者の真印さんは、
愛媛県在住の
スピリチュアルカウンセラーであり、
内容は非常にスピリチュアルなものではあります。

ただ、信じようが信じまいが、
実際にそうなっているのだから仕方がない。
それを見事に証明してくださったのが、
最初の「神様貯金」の本でした。

で、今回は本当にシンプル。
では、どんないいことをすればいいんだ
……という実践すべきことを、
107項目にわたって並べてくれた
非常に親切な本です。
じつにわかりやすいですね(笑)

神様が喜ぶ「いいこと」というと、
何やら宗教的な修行であったり、
「善行を積め」という道徳論を
想像する人がいるかもしれません。

でも、本書の内容は、
「ああ、確かに実践したいな」と
思うことばかり。

・「今日もよろしく」と自分に言う
・周りの人を師匠として付き合う
・「今日のいいこと」を3つあげる
・思いつきを発信する
・新しいことを見つけてはやってみる
・動物や子どもに遊んでもらう
・神様に手紙を書く

結局、神様が喜ぶ
「いいこと」というのは、
自分自身が喜ぶ「いいこと」でも
あるんです。

真印さんによれば、
そもそも神様はみんなが幸せになり、
世の中がどんどん
幸福になることを望んでいるのだから、
「奉仕する」とか「我慢する」とか
「犠牲になる」なんていうのは
言語道断だということ。

だから本書を読んで、
どんどん毎日が幸せになるように
人生をリセットしていきたいですね。

なるほど間違いなく、
本書は「読んで幸せになれる本」でしょう。
おススメです
2018,07,05, Thu 11:33
夏川賀央

[夏川オススメ]『「いいこと」が次々起こる片づけの法則』



空間心理カウンセラーの
「いいこと」が次々起こる片づけの法則


王様文庫より、本体630円で発売です。

著者の伊藤勇司さんは、
最近はテレビでも活躍されているとのこと。
その主張はシンプルで、
「部屋の片づけをすると
運が開けてくる!」
……というものになります。

そう言うと風水の話かと思われそうですが。
本書の根本は「心理学」です。
部屋は自分の心を映し出す鏡である
……ということですね。

ですから心が平安でないと、
部屋も乱れてきます。
それは決して
「キレイかそうでないか」という問題でなく、
自分にとって快適か、そうでないか?
という話なんですね。

ですから本書は、整理術とか
効率性の話ではなく。
「自分らしい快適な環境」をつくることを
最優先にしています。

その方法を知るには、
まず机のいちばん上の引き出しにあるものを
全部いったん、取り出してみるといいんです。

そこには、
たとえば大切な人からの手紙が入っていたり。
あるいは仕事で「これは重要だ」と思っていた
資料が入っていたり。
「行こう」と思っていた、
旅行のパンフレットが入っていたり。

机のいちばん上に入れるのだから、
そのときはすべて
「最重要」のものだったはずなんです。

でも、取り出してみてはじめて、
「ああ、そういえば、これがあったな〜」
なんて思い出す人が多いのではありませんか?

こうした「大切な思い」を
日常の忙しさにかまけて。
私たちはどんどん封印してしまっている。
それが幸福感を持てない
大きな理由になっているんですね。

本書で伊藤先生は
「1日5分、
一部分の片づけを続けるだけでいい」
と言っています。

でも、その継続が「自分らしさ」を取り戻し、
まさに運を呼び込んでいく秘訣になる!

なんせ8000人の部屋を見てきた
……という方のノウハウですから。
非常に参考になると思いますよ!!
2018,07,05, Thu 11:28
夏川賀央

[夏川オススメ]『いいことがたくさんやってくる!「言霊」の力』



いいことがたくさんやってくる!「言霊」の力
(黒戌仁・著 三笠書房王様文庫)

「言葉は、神様があなたを
『幸せにしよう』と贈ってくれた
素晴らしいプレゼント。

その力を上手に活かせば、人から応援され、
仕事の成功はもちろんのこと、
健康で豊かでハッピーな人生が、

自然に手に入ってきます」

そんなメッセージから始まる本書。

著者の黒戌仁さんは、
霊能者であり、占い師であり、
ヨガの専門家。

もって生まれた力のみならず、
神道や仏教など幅広い宗教的な知識を学び、
インドでヨガを修行し、
「言葉がどのように人生に影響するか」を
研究されたんですね。
「言霊ヨガ」を現在は主宰しています。

本書も「言葉の使い方」に、
「発声の仕方」に、
「チャクラ」を生かした
自分に合った言葉の使い方に……と。
非常に盛りだくさんの内容です。

言葉を発することで、
すごいことがどんどん起こってくる
……というのは、
何より文章を書いている私が
いちばん体験しています。

やっぱり自分の言葉を発することで、
なんの取り柄もないと思っていた編集者が
作家になってしまった。

ためらわずに自分の思いを言葉にすることで、
人は奇跡を起こせる。
何気ないことのようで、
本当に言葉の力は大きいものなんですね。

実際に言葉は昔から
「神聖なもの」としてとらえられてきました。

だから自分を幸せにすることもあれば、
自分に呪詛をかけることもある。
黒戌さんはそれらを
やさしく解きほぐして、
いい言葉でいい人生をつくるコツを
教えてくれます。

まさに言葉にはエネルギーがあり、
私たちはそれをもっと
活用できるはず……ということですね。

スピリチュアルなものを信じる人も
そうでない人も。
本書の教えは、人ととの関係や
自分の生き方を変えていく
大きなヒントになると思いますよ!
2018,06,08, Fri 15:09
賀央会メンバー

[夏川オススメ]最高の疲労回復法



最高の疲労回復法
(杉岡充爾著、大和書房)。

著者の杉岡先生は、
循環器系のお医者さんであり、
「疲労」の専門家。
クリニックを開業する前は、約20年間、
救急医療士として活躍してきた方です。
観た患者さんは、
7万人にも及ぶそうですね。

本書はそんな、
お医者さんの立場から教える
「体の疲れ」を取り除く方法です。

そう、「疲れ」……。
これってじつは、現代人を悩ます
一番の「病気」じゃないかと私は思います。

というのも、
「疲れ」が原因で私たちの体には、
いろんな悪症状が起こります。
疲労死の原因となる心臓発作を筆頭に、
免疫力の低下、うつ、肥満、肌の荒れ、
老化……などなど。

えっ、「そんなに?」と思うでしょうが、
結局、蓄積される疲れを生み出しているのは、
「ホルモンの枯渇」なんです。
だからひどく疲れている人は、
いくら休んでも疲労回復できないですよね?

でも、原因がわかれば、
対策は打てるんです。

本書は、
「食べ物」「運動」「メンタルケア」
「入浴」「睡眠」「静電気の除去」「意識改革」
……と、あらゆる側面からの
「疲れをとる方法」を紹介。
下はその一部です!

・冷たい水が、温かい肌を作る
・コラーゲンを肌にいきわたらせるのは「亜鉛」
・いつもの風呂が栄養浴になる入浴剤

・疲れをためない運動量がわかる「黄金の方程式」

・水を疲労回復薬に変える「活性炭」

・脳疲労に効く最高のバター「グラスフェッドギー」
・「抗酸化野菜のヒーロー」発芽野菜を摂る

・肉を食べるなら「鶏むね肉」が最強
・疲労回復力を高める「週末プチ断食」
・チョコレートは純度が高くないと疲れがたまる
・エナジードリンクは副腎を消耗させる悪魔の飲み物

とにかく豊富な情報量ですから、
何か1つは実践できるはず。
疲れていない人というのは、
いまの時代、少ないでしょうから、
現代人必読の本かもしれないですね。

何より、私たちが
「疲れをとるためにしていること」は、
じつは周りまわって
疲労を蓄積させる原因になっていることも
多いんです。
これでスタミナ回復!……なんて、
とんでもない話。
これはかなり、注意しなければいけません。

とくにドリンク剤などに頼っている方は、
手遅れになる前に
本書を読んでほしいですね。
2018,03,22, Thu 21:07
賀央会メンバー