第58回・賢者の会〜〜頑張らなくとも「1日3200万円売る」方法



2月24日の土曜日の14時半から。
場所は中央区の「浜町区民館」。
前にも紹介しました、
隅田川沿い、水天宮の近くですね。

いつものように会費は2000円で、
申し込みはこちらの
FBページからになります!
https://www.facebook.com/events/145882769436136/

そして今回のゲストは、
頑張らなくとも一日3200万円売れました
という本を出されている
営業研修のスペシャリスト。
坂本玖実子さんですね。

こちらは一昨年の出版パーティですが、
http://gao-kai.com/index.php?eid=2566
写真もそのときのもの。
東京ドームシティの MLBカフェですね。

とにかく
「1日3200万円」と聞いただけで、
すごい方であるのはわかるでしょう。

でも、本当にすごいのは、
そんな数値ではありません。

なんせ40歳からシングルマザーになったことで
セールスの世界に飛び込み、
化粧品会社から大塚家具さんへ。
とにかく
「人の役に立ちたい」という思いで、
独自の営業スキルを開拓。

それで前代未聞の、
この成績を出してしまったわけです。

坂本さんは自分の売り方を
「こころの営業」と名付け、
いまは思うように売れない人々に
技術を教えるだけでなく、
「できるんだ」という自信を授け続けています。

その評判は中国にまで伝わり、
講師として呼ばれるほどに。
またボランティアで、
服役中の人々にコミュニケーションを教える
活動もなさっているんですね。

話を聞けば、
誰もが「できる!」という気持ちになるし、
「仕事ってこんなに
素晴らしいものなんだな」と、
勇気がわき上がってくると思います。

なかなかない機会ですので、
興味ある方は
ぜひお時間を確保してくださいね!

成功者の「時間」の使い方24〜西郷どんの時間術

時間を使う人、時間に使われる人』と
「すぐやる!」で、人生はうまくいく』を、
さらに皆さんに役立ててもらうため
「成功者の時間の使い方」の24回目。

今日は今年の大河ドラマの主役。
西郷隆盛さん……ですね。

すでに「武士道」など、
このブログでも何度か取り上げています。
江戸が明治になる際に活躍し、
最期は天命に尽くし、悲劇の死を迎えました。

だから「成功者」の
イメージはないかもしれませんが、
後世に残した影響だけでなく
実際は低い身分から、
異例のスピード出世を成し遂げたことも
確かなんです。

いったいなぜ、
最速で結果を出すことができたのか?

もちろん、島津斉彬という
開明的な君主がいたことあります。
でも、やはり
西郷さんの“人柄”によるところが
大きいんですね。

それは放送中の
『西郷どん』を見てもわかります。
困った人がいたら、
放っとくことができない。
駆けずり回り、ほうぼうで頭を下げまくって、
何とか問題を解決しようとしています。

西郷隆盛 維新150年目の真実
(家近良樹著、NHK出版新書)
という本には、
西郷さんを特徴づけるエピソードとして
「よく泣いた」
ということが記されています。

道ばたでも、公務中でも、戦の最中でも、
とくに泣きそうになっている人がいると、
もらい泣きをしてしまう。
これ当時の武士はもちろん、
男性一般にも珍しいタイプでした。
まあ、いまでもそうかもしれませんね。

とくに感情を出さず、
保守的な思考をする人間が多かった
当時の薩摩藩。
感情をすぐ表に出す西郷さんは、
「わかりやすい」し、
「信用できる人」に映ったわけです。

仕事の人間関係もそうかもしれませんが、
多くの人は策略を練り、
感情を隠して、
計算しながら人とつき合います。

そんななかで、
裏表がなく、そのまんま」という素直な人は、
いちばん重宝される人
……になりうるということです。
多少、愚鈍ではあっても、
絶対に裏切らない人のほうがいい。
ならば、
すぐ用いられるのも、わかります!

ぜひ、そういう人を目指してくださいね。

ところで写真も肖像画も
残さなかったという西郷さん。
この写真や上野の像は、
ほとんど想像図……だそうです。



[時間を使う人の秘密]

「第58回・賢者の会」は「頑張らなくとも1日3200万円売る」方法!

2月の「賢者の会」の詳細が決まりましたので、
告知させていただきます。

2月24日の土曜日の14時半から。
場所は中央区の「浜町区民館」。
前にも紹介しました、
隅田川沿い、水天宮の近くですね。

いつものように会費は2000円で、
申し込みはこちらの
FBページからになります!
https://www.facebook.com/events/145882769436136/

そして今回のゲストは、
頑張らなくとも一日3200万円売れました
という本を出されている
営業研修のスペシャリスト。
坂本玖実子さんですね。

こちらは一昨年の出版パーティですが、
http://gao-kai.com/index.php?eid=2566
写真もそのときのもの。
東京ドームシティの MLBカフェですね。

とにかく
「1日3200万円」と聞いただけで、
すごい方であるのはわかるでしょう。

でも、本当にすごいのは、
そんな数値ではありません。

なんせ40歳からシングルマザーになったことで
セールスの世界に飛び込み、
化粧品会社から大塚家具さんへ。
とにかく
「人の役に立ちたい」という思いで、
独自の営業スキルを開拓。

それで前代未聞の、
この成績を出してしまったわけです。

坂本さんは自分の売り方を
「こころの営業」と名付け、
いまは思うように売れない人々に
技術を教えるだけでなく、
「できるんだ」という自信を授け続けています。

その評判は中国にまで伝わり、
講師として呼ばれるほどに。
またボランティアで、
服役中の人々にコミュニケーションを教える
活動もなさっているんですね。

話を聞けば、
誰もが「できる!」という気持ちになるし、
「仕事ってこんなに
素晴らしいものなんだな」と、
勇気がわき上がってくると思います。

なかなかない機会ですので、
興味ある方は
ぜひお時間を確保してくださいね!



[賢者の会・賢者のビジネス研究所]

さすが、きいこさんの「話し方入門」は実践的!

夏川が読んだ本の紹介
……ですが、
今日は「賢者の会」ではお馴染み、
のざききいこさんの本です。

声と言葉のプロが教える伝わる話し方
(秀和システム。1300円+税)
という本ですね。

1月に発売されたばかりの新刊です!

何より、賢者の会では、
いつも素敵な自己紹介を披露してくださる方。
講師をしていただいたこともあります。
その効果は、聞いた人は間違いなく、
お墨付きを与えるでしょう。

それ以上にきいこさんは、
グランドホステス、声優、研修講師、
それに「カーナビ」など
誰でも効いているナレーションと、
さまざまな「話す仕事」を経験されてきた方、
だから本書は非常に実践的ですね。

人前で話す方であれば、
プロのやってきたノウハウとして
確実に目を通しておいたほうがいいでしょう。

何より重要なことは、
プレゼンにしろ、講義にしろ、
本当は街頭演説のような
「スピーチ」ではなく、
相手を前にした
「コミュニケーション」なんです。

コミュニケーションのときの話し方で
重要なことは何でしょうか?

答えはこれです!
……と、この文字の通り。
「?」と「!」なんですね。

「これ、何だかわかりますか?」
「答えは◯◯です!」

人前で話すときに、「?」で投げかけ、
「!」で強調して答えることを
どれだけの人が意識しているか?

結局は「棒読み」のようになって、
「伝えること」を意識しない話し方に
なってしまうんですね。

フレージング、エモーション、
イントネーション、
プロミネンス、ポーズ……などなど。
本書で出てくるスキルは、
どれも多くの人が、
会話するときはできていても、
いざ人前に立ったときにできないこと。

まあ、私もそういう機会はありますから、
ぜひ活用したいですね。

でも、経歴を見ると、
きいこさんはやはりすごい。
子供のころに見たアニメ、
へえ、あれもそうだし? あれも!何だ。
ちょっとビックリ……です。
本で確認くださいね(笑)



[常識転換の読書術]

不思議によみがえる古代オリエントの女神!

今日はとりとめもない話題……ですが、
正月に甥っ子から教えられ、
最近、私がはまっている
スマホのゲーム。

「モンスターストライク」ですね。
通称、「モンスト」。
かのミクシィを窮地から救った
大ヒットゲームですね。
やっている人も多いかもしれません。

これのいいところは、
ほんの数分で終わるところ。
そもそも「スタミナ」のような制度があって、
何度も繰り返すことができません。

しかも指で引っ張ってはじくだけの
簡単なものですから、
仕事合間の気分転換には最適なんですね。

でも、私がはまってしまうのは、
それだけが理由ではありません。

画像は私がゲットした
「女神」のモンスターですが、
左上はイシスという
古代エジプトの女神。
ファラオの祖先であるオシリス神の妻です。

右はハトホルで、
やはり古代エジプトの雌牛の神様。
かのクレオパトラは、自分と同一視しました。

さらに下は、イシュタルという、
古代メソポタミヤのシュメール文明で
信仰された神様。
人類最古の巨大な建築物をつくらせた
神様……と言ってもいいでしょう。

彼女たちはそう、
私が大学時代に考古学を学んでいたとき、
研究対象にもなっていた
神様たちなんですね。

当時はそんな単語を言っても、
誰も変人しか思わなかったんじゃないか。
それが現代に、
こんな形でよみがえっている……。
なんだか感無量です。

でも、どうしちゃったんだ、
このデザインは(笑)

まあ、イシスさんとハトホルさんは、
まだわかる。

イシュタルさんといえば、
英雄ギルガメシュを好きになり、
嫉妬に狂って都市を大破壊したという
怖い神様です。

とはいえ、
豊穣に再生に美に栄光に怒りに……と、
あらゆる女性神格をミックスしたような
スーパー女神的存在。
まあ、それを現代化すると、
口紅でハートマークを描く、
コスプレ少女になるのか……ホント?

いずれにしろ5000年の歳月を経て、
東洋のさいはてで
こんな形で“信仰”が復活したとすれば、
女神様もさぞ、ご満悦かもしれません。

まあゲームをしている人たちは
キャラを楽しむだけでなく、
彼らの歴史も同時に学んではほしいですね。



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「アジア史」入門はこちら