バレンタインデー、すべてはこの人から始まった!?

2月14日、バレンタインデーですね。

まあ、私には
あまり縁のある日ではありませんが、
楽しみにしている方も多いでしょう。

St.Valentine=聖バレンタイン、
つまり、もともとは、
キリスト教の司教さんの
名前なんですね。

お陰で大勢の人を幸福にしたのか、
大勢の寂しい人を増やしたのか。
それは別にして、
一体どうしてこの司教さんの名が、
チョコを贈る習慣になっていったのか?
不思議ですよね。

じつは聖バレンタインさん、
候補が何人もいるんだそうです。
そのぶん伝説もたくさんあるようですが、
それだけこの日に、
多くの人が夢を描いたのかもしれません。

でも、いちばん有名なのは、
聖人ともなっている
3世紀のローマ司教、
「聖バレンタイン」さんです。

当時はローマ帝国が北方のゲルマン人と
戦っていたころ。
「軍人皇帝」という
将軍上がりの皇帝が乱立する時代が
続いていました。

そんな折り、
時の皇帝クラウディウスは、
「兵士に家族がいると、
いざ命を賭けるのをためらう」
ということで、
結婚を禁止する法令を定めたそうです。
無茶なルールではありますよね。

この法に逆らい、
司祭として堂々と、
婚礼の儀を行なっていたのが
バレンタイン司教でした、
若きカップルが、結ばれないのを
不憫に思ったのでしょうね。

けれどもキリスト教に対して
不信感ももっていた皇帝です。
バレンタインさんは捕らえられ、
牢獄に入れられます。

この牢の中で、
彼は給仕をしていた
盲目の少女奴隷と仲良くなったそうです。
話を聞き、相談役になり、
やがて少女はキリスト教に改宗をする。
すると、この少女、
目が見えるようになってしまったとか。

でも奇跡が評判になると、
困ったのは皇帝です。
そもままでは法をつくり、
彼を罰した自分が悪者になってしまう……。

ということで、悲しいことに
バレンタイン司教は拷問を受け、
撲殺によって処刑されます。

その最期に、
司教は少女に花を渡しました。
このプレゼントが、
のちにチョコレートに変わった
……とのことなんですね。
男女は逆になりましたが、
婚礼のエピソードと合わせて
カップルの日になったわけです。

もちろん1つの伝説ではありますが、
そんな悲しくも美しいエピソードが、
この日の起源にあることは
覚えておいてもいいかもしれませんね!



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「アジア史」入門はこちら

「白内障」ってどんな病気?

本日、母親が「白内障」の
手術をしました。

何年か前に一方の目をやった
……と思うのですが、
そのときは5時間とか6時間とか
かかった気がします。

いまは早いですね。
30分くらい。

お医者さんから説明も聞きました。
人口のレンズを入れるのですが、
その精度もずいぶん
よくなっているようです。

そもそも
「白内障」とか「緑内障」とか、
一体どんな病気なのか?
当事者でないと、
なかなか学ぶことが少ないですよ。

緑と白で名称は似ていますが、
まったく違う病気。
緑内障は視界は減少する病気で、
白内障は眼球が「にごる」病気。

緑内障が失明率1位なのに対し、
白内障は、70歳〜80歳代の人が、
ほぼ潜在的にかかる、という、
かなりポピュラーな病気です。

50歳でも37〜50%の
有病率だとか。
それを聞くと、ちょっと怖いですよね。

白内障も、
じつは失明率が世界でトップだそうで、
決して安心できるものではありません。

ただ、簡単な手術で、
いまはかなり改善されることが多い。
ただ、「理解が足りない」ことが
問題の大半のようです。

だいたい視力検査では、
わからないようですね。
意外と目がいい人でも、かかったりする。
別の検査が必要らしい。

さらにいえば、
「どういうふうに見えているか」が、
健常者にはわかりにくいんです。

画像は、
白内障情報室」というサイトから
拝借しましたが、
ようは「視界がまぶしい」んです。
光ってしまって見えなくなる。

そういえばうちの母親も、
晴れている日に外が歩けません。
それでこういう画像を見ると
わかりやすいんですが、
つねに「逆光状態」のような感じなんですね。
確かに大変かもしれない。

80代で100パーセントが
抱えていると言いますから、
光がまぶしいときは、
お年寄りの周囲を通るとき
やはり注意すべきなのでしょう。

とくに歩道を自転車で走る場合ですよね。
こっちが見えていても、
向こうからは見えない可能性がある。

それで実際、
事故は多発しているのですから、
この知識をもっと
皆がつけなくていないかもですね。



[公私混同の時間]

3月1日、「賢者の会」が復活です!

本日は告知ですが、
いよいよ3月1日に
「賢者の会」を開催します!
<第62回>の会になりますね。

今回は平日の夜、
18時30分からの受付で、
21時まで。

場所は大崎の
「ROOM2」というところ。
https://www.spacemarket.com/spaces/cafeandhallours/rooms/YeCtKH2o3IVLLcAH

久々、レンタルルームを
借り切っての開催になります!

内容はこれから詰めますが、
夏川&酒井さんによる
「元気が出るトークライブ」というもの。

酒井さんは久々ですが、
かの大手通信会社で
トップセールスも達成している
スペシャリスト。
公で話をするのは久々になりますね。

ちなみに
『のび太でも売れます。』
という本は、
現在も好評発売中ですよ!
https://amzn.to/2q49MEh

どんな話になるのか?
例によってまた
ぶっつけ本番になるかもしれませんが、
ファシリネーターとして
様々な勉強会も主催してきた
酒井さんです。

私の持っている「引き出し」を
うまく使ってくれるのではないかな
……と思っています。
まあ、楽しい会になるのは
間違いないでしょうね(笑)

今回の部屋は飲酒自由で、
制約も何もありません。

ですから可能なら皆さんに
食料や飲料を持ちこんでいただき、
ワイワイやりながらの会にできれば
……と考えています。
もちろん、お酒もOKですね。

また詳細はフェイスブックページなどで
告知し、受け付けますが、
ぜひぜひお時間のある方は
日にちを空けていただけたらと思います!



[賢者の会・賢者のビジネス研究所]

私が好きな堺屋太一さんの本

本日は「古典」というほど
古くありませんが、
もとは1985年に発行された
こちらの本です。

堺屋太一さんの
『豊臣秀長』(上下・文春文庫)。

8日に83歳で
世を去ってしまったとのことですね。
経済企画庁長官も務められましたが、
私もビジネス書作家の1人として、
大変尊敬していた方。
お悔やみ申し上げます。

数多い堺屋さんの本のなかで、
好きな本の1つがこちら。
豊臣秀長……知っているでしょうか?

豊臣秀吉の弟……ですね。

秀吉が農民上がりの足軽だったころから、
その補佐をし、
片腕として貢献してきた人物。

お調子者だった秀吉ですが、
この弟がいたからこそ、
多くの強者たちを束ねたことができたとも
言われます。

彼がいなければ、
全国統一もなかったかもしれない。
その証拠に、その兄に先立つ死後に、
秀吉は没落していくわけです。

ただ、それでいて、
知名度は地味……ですよね。

「万人が認めるナンバー2でありながら、
自らの働きを誇ることなく、
常に脇役に徹したまれにみる
有能な補佐役」

そう、堺屋さんは
そんな秀長に、
会社組織で活躍できる
ビジネスパーソンの
理想像を見出したわけです。

確かに本を読むと、
こんな人になれたらいいな
……というのは思いますね。

人にはそれぞれ、
自分の果たすべき役割がある。
人生をかけてその役割をまっとうできれば、
他人の評価がどうあろうが、
幸せな人生を送れるわけです。

必ずしも、
信長や秀吉や家康になる必要はない。

私たちがぜひ
生き方の参考にしたい1冊ですね!



[夏川賀央の「古典学のススメ」]

誰にでもなれるリーダーの手引き!

今日はこちらの本の紹介!

森泰造さんの
最高の上司は、何も教えない。
(ビジネス社、本体1400円)
というもの。

2月にすでに発売になっています!

森さんは、
かのケンタッキー・フライドチキンで、
スーパーバイザーや人材研修を
担っていた方。

年間1000万円以上の
赤字店舗を黒字化したり、
2年間で離職率0という
偉業を達成した方です。

いまは独立してリーダーシップ研修の
仕事をされていますが、
すでに5000人以上を
コーチングしているとか。
それはマネジャーになる人に、
役に立たないわけがないですよね。

本書のポイントは、
なんといってもリーダーの仕事は、
個々の才能や性格でなく、
テクニックがすべて
……ということですね。

これを間違っているから
みんな「自分に向かない」という
話になってしまいます。

リーダーとして一番重要なことは何か、
「チームのことを考える」
ということです。

当たり前だけど、
みんなそれをやっていません。
自分のいままでの仕事の実績と、
あとはただコミュニケーションで
引っ張ろうしているだけ。
優しかろうが、厳しかろうが、
どちらも同じですね。

まずリーダーはチームの方向性を決め、
メンバーの1人ひとりを
それに合致させる。
あらゆるコミュニケーションは
そのためにあり、
これができていれば、
別に何か仕事を「教える」必要なんて
ないんですね。

本書はそんなやり方を、
段階的に説いた本。

「うちの部下はダメだから……」
なんて言っている上司は、
必ず読むべきかもですよ。

まるでドリフのコントのような
「こりゃダメだ!」と
言いたくなるような
メンバー構成のチームが、
見事に生まれ変わった例が満載です!

その意味では、
部下の人も読んどくべきかもですね!



[お仕事のページ]