キティちゃんの所在地は?

画像は「賢者サロン」を行なった
ハロウィンの日の大崎駅、
いたるところに
キティちゃん……ですね。

このキティ装飾、ハロウィンが終わると
今度はクリスマスバージョンに
模様がえし、
年末まで引き継がれるとのこと。

なぜにこんなに大崎が
キティだらけになるか……といえば、
いまサンリオの本社が
大崎のゲートシティにあるんですね。

そちらのビルにも大がかりに
キティちゃんが描かれていました。

世界中のありとあらゆる
事業とコラボを組み、
いたるところに登場するキティちゃん
……ですが、
足元の「地元」も
しっかりと固めているわけです。

ちなみにキティちゃんの現住所はといえば、
正確なことはわかりませんでしたが、
東京都の多摩市か?
こちらには
「サンリオピューロランド」
がありますが、
多摩市はキティちゃんが描かれた
住民票を発行しています。
(ハーモニーランドのある
大分県日出町でも発行しています)

でも、じつは設定では、
キティちゃんというのは
ロンドンの郊外が出身だそうです。

なぜロンドンかといえば、
キティちゃんが生まれた当時、
ちょうど日本では
イギリスのブームがあったとか。
「お洒落なキャラ」の
設定にしたかったのでしょうね。

一方、大元のサンリオはといえば、
もともと山梨県で
絹製品を売っていた会社。

70年代に「サンリオ」となりますが、
これは
「山(さん)梨(り)王(お)」
の意味だという説もあります。

そんなわけで、意外と
「ホームグランド」を大切にしている
キティちゃんとサンリオ。

「多くの人に愛されるには、
まず身近な人に
愛されるようになること」という、
人との接し方の基本を
ちゃんと押さえているわけですね。



[効率無視の仕事術]

「損して得とる」とは、こういうこと

いま絶賛されています。この会社!

江戸川区の解体業者
「フジムラ」……ですが、
9月の台風で倒壊し、
多くの民家に損害をもたらした
千葉県市原市のゴルフ場のフェンス。

除去作業をめぐって、
行政もオーナー会社も
まごまごしているなか、
「うちがやるべき作業だから」……と
「無償での撤去作業」
を申し出て、
10月の末から作業が開始されました。

「問題が起こった場合の補償」で
少しもめたものの、
いざ作業が始まると、
そんな「問題」など起こりそうもない。

巨大なクレーンを駆使して、
じつに精密な作業で
1つひとつの柱を除去しています。
さすがですねえ。

かつては上皇后さまの生家、
「旧正田邸」の解体を引き受け、
柱や梁を丁寧に1つひとつ
保存しながら建物を壊す
「優しい仕事」も成し遂げた解体業者。

その丁寧さから、
入札問題でバタバタしたあとの
旧国立競技場の解体でも
「最も相応しい業者」として
選ばれました。

それにしても
「自分たちが最適だから」と、
無償で引き受ける姿勢。
意識の高さが想像できます。

かつて近江商人たちは、
「客よし、自分よし、社会よし」の
「三方よし」で
災害時などは無償で復興作業を
担ったといいます。

それが商人たちの評判にもつながり、
大名家からも積極的に
保護されるようになった
……わけですが、現代でも同じですね。

だいたいワイドショーなどでも
多く取り上げられ、
どれだけの広告効果が出たか。

「この会社に入りたい」という若い人が、
どれだけ出るか。

無償でもお釣りが出るほど、
実際は「得する」ことに
なるのではないかと思います。

むろん、それだけ
「自分たちならできる」という
プロとして自負があってこそでしょうが、
「こんな会社がまだ日本にあるんだ」と
深く安心しますね。

作業の無事を祈ります!



[効率無視の仕事術]

吉祥寺の朝会に参加しました!

今日は久々、早起きして
朝の10時に吉祥寺へ。

翻訳家の寺田真理子さん、
編集者の渡辺のぞみさん、
それに大谷更生さんと
朝のお茶会をしてきました!

画像は皆さんの新しい仕事。

寺田真理子さんが主宰する
日本読書療法学会が、
はじめて監修をした
「読書療法」に関する本。

読む薬』(アチーブメント出版)
という本。
かなり本格的な
「健康書」になっています。

それに、いつもは出版の裏方である
渡辺のぞみさんが、
はじめて「作家」として出された本。

ママのゆるコツ事典』(文響社)。
世の中のすべての主婦を助けてくれる
ちょっとしたアイデアを
満載した本ですね。
イラストがたくさん入っていて、
なかなか面白い本です。
これ、けっこう役立つんじゃないかな。

それぞれまたちゃんと読み、
そのあとでブログにて
内容紹介させていただきますね。

久しぶりにお会いした更生さんも、
相変わらず研修で
日本全国をかけめぐっておられます。

皆さんの活躍を聞かせていただき、
ちょっと自分も
頑張んなきゃいけないなあ……と、
刺激を受けましたねえ。
ボーッとしている場合じゃないな(苦笑)

午前中は少し、人通りも少ない
吉祥寺の駅内。

下の画像はこの店で大人気だという
「チーズフォーム」という
新しい飲み物。

一番オーソドックスなものを
注文したのですが、
ウーロン茶にとろとろのチーズを乗せた
冷たいドリンクなんですね。

思ったより爽やかで、
飲みやすかったかも。

今度はコーヒーベースのものも
飲んでみたいです!





[お仕事のページ]

RAAKOグッズが販売開始になりました!

今日はこちら、
イラストレーターWatanabeのブログより。
http://jyoseiryoku.com/?p=2538

Facebookでは紹介しましたが、
「賢者の会」でも応援しているキャラ
「コアラのRAAKO」のグッズが
販売できるようになったそうです。

商品は「SUZURI」という
イラストレーター向けの
サービスを利用したもの。

スウェットにTシャツ、
パーカー、トートバック、
それにノートやマグカップなども。

マグカップとか
なかなかいいですよね。
1690円だそうです。

商品はすべて、
こちらで見ることができます!
https://suzuri.jp/raako223

まだ手探りで始めたばかり
……で、
既存のイラスト作品を使った商品が
主になっています。

服の系統はこれから
「それらしい作品」もつくっていく
……ということなので、
商品はさらに
充実していくとは思います!

これを機にRAAKOキャラが
認知されていけばいいなあ〜。

ところで、このSUZRURI、
在庫をもたず、
商品を気に入った時点で
プリントして製品化できるサービス。
負担にならないから、
イラストを描いている人には
優しいですよね。

こういったサービスを利用すれば、
プロモーション用に
自分のオリジナルキャラを
使ったグッズを
制作することもできるかもしれません。

作品の最後のほうには、
「試しに」ということで
酒井さんをモデルにした
RAAKOのグッズも並べてあります。

たとえば自分のセミナーのとき、
オリジナルなノートを
参加者に配る……なんていうことも
できるかもしれません。

そういった制作プロデュースも
するそうなので、
興味のある方はWatanabeのほうに
アクセスください!





[賢者の会・賢者のビジネス研究所]

先日の賢者のサロン、打ち上げはこんなところで!

少し時間を戻って、
ハロウィンの日に行なった
「賢者サロン」の話題。

スターバックスでサロンをしたあとは、
「軽く食事をしていきましょう」
ということで、
お隣のこんなパスタ屋さんへ。

もともと本屋さんがあった場所でしたが、
いまはこんなところに。
「Spaghetti Mariano」というお店です。

何より入りたくなったのは、
メニュー看板の
「がお得!」の文字。

名指しでそう言われちゃったら、
得したくなりますよね。
ありがたいことだ(笑)

私の場合、その文字の部分だけ、
すぐ目に入ってしまいます……。

それでもかなり
「得だ!」というのは、
なんといっても
コストパフォーマンスです。

いただいた
ローストビーフの入ったパスタは、
この量で700円。

他のパスタは550円!

テイクアウトもそのままできる
容器での販売ですが、
スープも無料でついています。

それなりに美味しいですから、
この近くに務めていたら
私は毎日のように
来ていたかもしれない……。

おまけに150円の
ハウスワインもありました。
せっかくなので、これで乾杯!

1人分1000円以下の
打ち上げでしたが、
これでも楽しめるのがいいところ。
値段じゃないんですね。

軽く食べたあと、渋谷に行ったのは
先日書いた通り。

ずいぶん参加者には
懐に優しい勉強機会をつくっている
私たちでした(笑)

そういう集まりがあっても
いいでしょう!





[賢者の会・賢者のビジネス研究所]