CATEGORIES

NEWENTRYES

SEARCH

 

LINKS

RECENT COMMENTS

高校生と先生と楽しい食事
夏川賀央(04/28)
編集担当(04/28)
再開!酒井晃士さんの読書会
夏川賀央(03/23)
編集担当T(03/22)
目からウロコ!なぜユダヤ人がビジネスに強いのか?
編集担当(04/08)

ARCHIVES

「山椒」の秘密

写真は1日前のブログで料理を紹介した
表参道の「CHINA CIRCUS」という
中華料理屋さん。

一体この道具で何をしているかといえば、
「山椒の実」を
すり潰しているんですね。

中華料理で「山椒」といえば、
想起されるのは「麻婆豆腐」です。

普通は胡椒を轢くような道具で
ガリガリと潰すのですが、
それでは風味が落ちるとのこと。

名物の「麻婆豆腐」を出す前に、
できるだけ轢きたての山椒を……ということで、
こんなふうに目の前で
すり潰してくれるんですね。
この道具はそもそもは
「薬」を轢くためのもののようです。

ちなみに私は「試しに」と
潰しかけのカケラを1つ味見したのですが、
舌が麻痺して、ほとんど麻婆豆腐の味が
わからなくなってしました。
大後悔です(苦笑)

山椒といえば、
中華のほかで想像されるのは、ウナギ。
用途も限られるので、
なんとなくエスニックな香辛料のように
感じられます。

でも「暮らしの歳時記」のページを見ると、
じつは「日本の2大香辛料」として
縄文時代から愛されてきたものなんですね。
(ちなみに、もう1つはユズ)

その木は「ハジカミ」と呼ばれ、
北から南まで
日本全国に生えているようです。
昔の人は、
いまより辛党だったのだろうか……。

じつは実だけでなく、
葉っぱや木の皮まで食されてきたという
山椒という植物。
薬として使われたぶんも含めると、
日本人にはものすごく身近だったようですね。

そもそも
「小粒でもピリリと辛い」といえば、
山椒のこと。

体格は小さいけれど、
そのパワーは料理全体の味を変えてしまう
……ということで、
日本人の理想ともされていました。

確かにグローバル化する世界の中では、
どこに行っても
山椒のような存在でありたい。

なるほど、そういう気概をもって、
もっとこの香辛料を
愛してあげたいですね。



[公私混同の時間]

『君はこの言葉を知っているか?』の感想〜ちょっとだけストイックのすすめ!

私の新刊、
君はこの言葉を知っているか?
すでにいろんな方から、
感想をいただいています。

今回は「賢者の会」にも参加いただいている
繁田さんから素晴らしい感想をもらったので
ブログに掲載します。

まずは私の本の内容ですね。
スマイルズの
「天は自ら助くる者を助く」という
豊田佐吉さんにも影響を与えた言葉です。

「多くの人は努力しても
結果にはほとんど報われていないからです。
だから、努力がむなしいことに思えてしまう。
では、スマイルズの言葉は間違っているのか?
そうではありません。
言ってしまえば、ほとんどの人は
『努力が足りない』のです。
『ずっと努力しているんですけど?』
いや、残念ながら足りない。
それは、
『夢を実際にかなえた人から見れば』
ということです」

ちょっと厳しい言葉ですが、
こんな感想をもらいました。

「『努力している』
自分では、そう思っているのに、
結果が出ないのは、本当につらいですよね。
けれど、努力しているのは
自分だけではないですよね。
相手だって、仲間だって、
ライバルだってみんな努力している。
その中で勝てるのは、本当に限られた人だけだと思います。
おもちゃの企画開発の社長が
『俺は失敗しない。
なぜなら成功するまでやめないからだ』
と言っていました。
努力の質・量、そして粘り強くやることが
求められると思います。
(中略)
苦しい、辛い、と感じたら、
『今は成功までの辛いプロセスなんだ』と
自分自身、言い聞かせて
頑張っていきたいと思います」

1つの言葉を聞いて、
「それは理想論でしょ」という人もいれば、
「ああ、そうなんだ。
いつも言われることだけど、
確かにその通りなんだから、
心しなければいけないな」と、
少し過敏に反応する人もいる。

どちらも間違いではないのでしょうが、
成功者たちを見れば、
やはり後者のように
素直に反応していることが多いんです。

批判をするのは簡単、
受け入れるのはずっと難しく、覚悟がいる。
でも、うまくいかなかった
いまままでを振り返ると、
物事に対して批判ばかりしていた
自分がいる……。

そんな人こそ、
素直に「当たり前の格言」に耳を傾け、
ちょっとだけストイックになることが
大事なんです。

といって、そう簡単ではありませんが、
本書で集めた
「成功した人たちがどのように言葉を生かしたか」
の事例は、必ず参考になると思いますよ!

感想など、これからもブログ等で
紹介したいと思いますので、
どしどしお送りください!!



[Words of Wisdom]

高知からのお客さんと豪華なランチ

本日は上京して来られた、
高知県のトマト農家。

ファーム輝」の
麻岡哲也、麻岡真理さんと
一緒にランチをする機会がありました。

毎年、この時期には
営業を兼ねて東京に来ている麻岡夫妻。

ただ今年、西のほうは豪雨で、
大変な災害になっています。
心配もされたのですが、
ちょうど収穫が終わった時期。

また、飛行機の運航も問題なかったそうで、
無事、こちらにいらしています!

そこで毎年、麻岡さんが
ブランドもののトマトを出荷している
すごいレストランでお食事をしているのですが、
今年は表参道の
CHINA CIRCUS」という中華料理のお店。

あの「ゴチになります」にも登場したという
高級店です。

本場中国の、
「こだわりの水餃子」が有名で、
本日いただいたのも、
・海苔とトマト
・スズキ
・クルマエビ
・ウニ
……尋常じゃないですよね。これ(笑)

ほかにも、
イワシが丸ごと入っている春巻に、
ヒラメの唐揚げに、タイラギ貝なる貝に、
おぼろ豆腐に、
その場ですり潰す山椒を入れる麻婆豆腐などなど。
とにかくスペシャルな料理を
大量にいただきました。

夕飯はいらないくらいですね。
(といって冷やし中華を食べましたが)

写真はトマトも含まれている前菜と、
高知県の「文旦」のお酒。

こう考えると、いまの日本で
農家の人たちと
料理をつくっている人たちは、
いちばんクリエイティブな存在なのかもしれません。

今年は豪雨があったり、
地震があったりと、
試練の多い農業になっていますが、
その高い技術力で、
逞しく再飛躍してほしいですよね。

また麻岡さんたちのことは、
折をみてあらためて紹介させていただきます!



[夏川が出会った「できる人」たち]

やるべきことをやったら、あとは信じる!

「因果倶時」とは、
新刊、『君はこの言葉を知っているか?』で
紹介した言葉。

お釈迦様の言葉で
「原因」が生じるときには、
必ずその先の「結果」が存在している。
だから落ち着いて、
成り行きにただ、身をゆだねなさい
……ということ。

ドトール創業者の鳥羽博道さんが、
この言葉を座右の銘にして
いくつもの困難を乗り越えてきた話は、
本書で紹介しました。

そんな仏教の教えを、
文化に浸透させている国の1つに
タイがありますが、
ずっと心配していました、
洞窟内に閉じ込められた13人の少年たち。

いま懸命な救出作業が行なわれ、
このブログを書いている時点で
6人が脱出に成功したようです。
残りの子どもたちも、
早く無事に外に出てきてほしいですね。

ずっとこのニュースを見てきましたが、
取り残された少年たちも、
彼らをとりまとめたサッカー監督も、
安否を気遣う大人たちも、
皆、落ち着いています。

やるべきことはやった。
あとは懸命に救助にあたっている人々に
任せるしかない。

それで唯一、
「自分たちにできることを」と、
ずっと仏教の祈祷をしていました。
この辺は、
本当に文化の違いだなと思いました。

どんな困難な状況も、
そこに到ったのには原因がある。
だとしたら、あがいても仕方がない。
結果が最善になるよう努力して、
あとは天に任せるしかない。

暗闇の中、
食糧はいつ尽きるかもしれないし、
いつ洞窟の水が溢れてくるかわかりません。

ものすごく不安な状況と思いますが、
かといって、
自分たちに何もできることはない。
そんなときこそ、
人の精神力は試される。

そんななかで自分たちの現在を信じ、
未来を信じられてきたのだとすれば、
本当に大したものですよね。

あとは本当に、皆の無事を祈るのみです!

本の隣の写真は、
目黒不動の大日如来さまです。



[Words of Wisdom]

勝利のカギは、グローバルマインド!

ロシアで行なわれている
サッカーのワールドカップ。
日本はすでに敗退しましたが、
続々とベスト4が決まっています。

このブログを書いている段階では、
フランスにイングランド。
それに日本に逆転勝利したあと、
王国ブラジルを破ったベルギーですね。

今回のベルギー、
じつは前々から注目していたチームでしたが、
近年非常に強いんです。

なかでも注目される選手といえば、
9番のトップであり、
日本戦ではあざやかなスルーパスで
最後に日本を鎮めた、ルカク選手。

それに10番をつけたキャプテンであり、
中盤を駆け回ってチャンスをつくっている
テクニシャン。
アザール選手ですね。

じつは2人とも、
人種のるつぼであるベルギーらしく、
移民の血を引く選手です。

ルカク選手はもちろん、
見た目からしてアフリカンですが、
コンゴ系の移民。

小さいころは相当、貧しかったそうですが、
サッカーで大成しました。
でも、所属のイングランド・マンチェスターでは、
観客からの人種差別を受け、
昨年に問題になったこともありました。

一方のアザール選手は、
アルジェリア移民の家系。

スポーツ一家だそうで、
イスラム教徒かどうかは定かでありませんが、
テロが活発化したヨーロッパにあって
邪険にされる民族ではありました。

いまだに差別は多少なりとも残っている
ヨーロッパ各国。
ベルギーもその例外ではないのですが、
このチームは非常に仲の良い感じで
一体になっている気がします。

じつはベルギーでは、
ユース時代の若いころから
「差別はなくす」というスローガンで
移民の若い選手を
どんどん受け入れてきたそうなんですね。

そのなかで人種の違いを
当たり前にして育ってきたから、
チーム内には差別がない。
そのなかから「黄金世代」と呼ばれる
現在の選手たちが台頭してきたそうです。

もちろんイングランドや
フランスも同じなのでしょう。
強いチームというのは、
もう民族差を越えて、
それぞれの個性を尊重している。

世界が目指すべきあり方が、
強いサッカーチームにはあるのかもしれません。

どこが優勝するかわかりませんが、
せっかく日本を破ったのだから。
ベルギーには頑張ってもらいたいですね。



(写真: (C) REUTERS/AFLO)

[公私混同の時間]