なぜ、ここが「恋愛の神様」になったのか?

本日は飯田橋に打ち合せに行ったついで、
こちら「東京大神宮」に
寄ってきました。

まあ、恋愛成就としても知られる神社。
女性の参拝者がものすごく多いです。
1月も2週目になりましたが、
それでも大勢の参拝者が来ていました。

でも、どうしてここが、
恋愛成就で知られるようになったのか?

一般的な認識としては
「東京大神宮」はつまり、
伊勢神宮の東京支店のようなもの。

ただ、その歴史的な経緯は
ちょっと複雑なんです。

もともと東京大神宮は日比谷にあり、
明治のころにできた当時は、
「皇大神宮遙拝殿」
と呼ばれていました。

つまり「現人神」としての
天皇自体をお祀りした神社。
天皇は当然、
アマテラスオオミカミの末裔
……ということになりますから、
伊勢神宮とつながっているわけです。

後に政府の方針で、
神社と皇室が分けられるようになり、
独立した神社になりました
それで神様はアマテラスとなり。
「伊勢神宮の東京支店」に
なったんですね。

ところでその
「皇大神宮遙拝殿」の時代ですが、
もともとは江戸の町民だった民衆に
天皇への信仰心を広めるため、
新しく始めたことがあります。

それが「神前結婚式」だったんですね。

つまり、この神社は、
ほとんど「神前結婚式」の
創始者のようなもの。
そのやり方は、このときに定められ、
全国の神社に広がったわけです。

なるほど、
「結婚式を始めたところ」であるなら、
当然ながら恋愛の神様になるでしょう。

ただ、肝心の神様である
アマテラスオオミカミさんって、
独身だったのではないか……?

まあ、細かいことは気にせず。
東京の方はお伊勢様にお参りする気分で。
いろんなことを
お願いすればいいのでしょう!



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「日本史」入門はこちら

恵比寿さまの秘密

本日は通りがてら、
私にとっては非常に馴染みのある
「恵比寿神社」に
初詣をしてきました。

恵比寿神社というのは、
恵比寿西の歓楽街にある
小さな神社。
ここに事務所があったときから、
ずっと来ています。

でも、その際は知らなかったのですが、
1月10日は、
地域によっては
「十日えびす」という
お祭りの日になるそうです。
「恵比寿様の日」でもあるんですね。
恵比寿の恵比寿神社には、
そんな雰囲気は
まったくなさそうでしたが……。

ただ、そんなバラツキは
どうして生まれたのか?
そもそも恵比寿さまって
いったい何者なんでしょう?

じつはインドや中国から来た
神様が多い七福神の中で、
「恵比寿さま」というのは、唯一、
日本古来の神様なんだそうです。

縁起では、さまざまな神話の神様が
同一視されています。
でも、本来は
恵比寿=戎(えびす)
ということで、この語は、
「異界の者」といった意味で、
使われていた言葉だとか。

四方を海に囲まれた日本で、
「異界」といえば「海」です。
そこで「海の神様」を
「エビス」と読んだことが
多かったようなんですね。

するとピンと来ます。
あの釣り竿!
海の神様=漁業の神様
ということで、
その象徴が生まれました。

でも本当の姿は違います。
海の神様……。
ズバリ言ってしまえば、
「クジラ」です。
あるいは「ジンベエザメ」とか。

また、ときどきUMAなんて言われますが、
ときどき海辺に上がる
クジラの変形した死骸……。

これらがそもそも、
恵比寿さまがこの国に
降臨した姿だったそうです。

そうか、クジラの神様だったのか?
意外なところにたどりつきましたが、
少し恵比寿さまには愛着がわきました。
恵比寿とクジラ、
イメージしておきましょう!



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「日本史」入門はこちら

歩道脇のせせらぎの白サギのように

じつは現在、母親が検査のために
入院をしています。

それ自体は大したことがないのですが、
荷物を運んだり、説明を聞いたり、
書類を書いたりで、
ちょっとドタバタする。

今日はそこから
仕事の打ち合せに行ったのですが、
ホームページから間違って
前の事務所の地図にアクセスしてしまい、
慌てて戻りながら、
東京の地下鉄を駆けずり回る
ショックな1日になってしまいました。

ちょっと落ち込む……。

元旦からどうも、
うまくいかないことが
続けてあるなあ……と。

でも、今日、お話を
聞かせていただいたこと。

地方に生まれ、
小さいときに両親が離婚し、
それでも1つの技術を
努力して努力して身につけた。

東京に来て仲間と起業し、
借金を抱えたり、
裏切りにもあったりと、
傍目にはとても苦労して
頑張ってきたように見える。

でも、
「いや、じつは僕、
生まれてからほとんど
挫折体験ってしたことがないんですよ。
大した人間じゃないし、
周りの人に恵まれていたんですね」
なんて言っている。

いろんなことが生きていれば起こる。
でも、そんなことは気にせず、
ただ、「自分のやるべきこと」をやればいい。

なるほどなあ……と思いました。

周りで起こる様々なことに
振り回されていても、意味はない。
やるべきことは決まっているんだから、
ただ、黙々と
それを楽しめばいいじゃないかと。

教訓ですねえ。

画像は病院のそば。
大通りに面した歩道に沿った、
申し訳程度の「水のせせらぎ」ですが、
なぜかそこには、場違いな白サギ……。

でも、この子だって、
周りがどう思おうと関係ない。
ここで楽しくやっているんだから、
「別にいいだろ?」ってことですよね。

歩行者にビックリされながら、
たくましく我が道を
歩んでいる気がしました。

そんな生き方を、
ぜひ理想にしたいですね!



[公私混同の時間]

理不尽への挑戦

こちら、お正月に
小学生の甥っ子と行った
ショッピングセンターのゲームコーナー。

お馴染み、太鼓を叩くゲームですね。

つまりはメロディーに合わせ、
画面の指示に従って
和太鼓を小さく叩いたり、
大きく叩いたり、ハシを叩いたり、
ロールしたりする。

それで点数を競うもの。
規準点を満たせば、次の曲に挑戦できます。

レベルもいくつかあり、
簡単なレベルから、難しいものまで
いくらかあるらしい。

そこで彼ははじめて、
「鬼レベル」という
最高難易度があることに気づいたわけです。

「せっかくだからやってみたら」
軽はずみで言ってしまった私。

「じゃあ、やってみよう」と、
彼は初の、鬼挑戦。
結果はやはり、ダメでした……。

ところがその結果、
いつもなら「かんたんレベル」で
何度も楽しく叩けるはずが、
基準点を超えなかったことで
ゲーム終了になってしまったわけです。

一応、敗者復活もあったのですが、
それも難しくてできない。
で、彼はちょっと
落ち込んでしまったんですね……。

慰めた私でしたが、
「簡単なのにしとけばよかった」なんて、
そう思ってほしくない。
難しいのに挑戦したんだから、
むしろレベルアップじゃないか……と。

考えてみたら、仕事だって同じなんです。
「難しいこと」に挑戦したら、
あとでガックリする確率は高くなる。
だから世の中、
簡単なことを続けたほうが、
無難にやっていけることは多い。

簡単なことをちゃんとやれば、
「よくやった」と褒めてもらえる。
難しいことに失敗しても、
多くの場合はやはり「失敗者」になるだけ。
理不尽な現実はあるんです。

でも、難しいことに成功した人だけが、
その先の世界に進めることも確かなこと。
簡単なことをやり続けるのでは、
永久にそこにはたどりつけません。

ならばやっぱり
「あえて難しいこと」に
挑む気持ちを大切にしてほしい……。

だからこういうときこそ、
チャレンジを大いに褒めてあげるべき
なんでしょうね。

同じお金で短くしか遊べない。
損に思うかもしれませんが、
世の親御さんにはぜひ、
そう教えてほしいなあ……。



[効率無視の仕事術]

成功に必要な3つのもの

画像は友人である
合田陽一さんが社長を務める
刺繍の会社、
ジー・トライさんからの年賀状。

毎年のように、運気が上がる
「刺繍」のステッカーを送ってくれます。
楽しみの1つになっていますね。

今年はなんでも、
成功に必要な3つのものを象徴した
3種類のステッカーだとのこと。

それが「運」「鈍」「根」。

鈍(どん)=豚で、豚さん。
根(こん)=「こ(ば)ん」の小判。
運(うん)は、まあ、わかりますね(笑)

メッセージも付いています。

「運気と根気が必要というのは、
よくわかりますが、
さらに『鈍感』でないと大成しない……。
つまり、細かいことは気にするな!
ということです」

なるほど、運を味方にするには、
粘り強い根気が必要になる。
その根気を維持するには、
多少の不満やら不安やら、
失敗やら困難やらも、
「まあ、なんとなるか……」で
乗り切れるような鈍感さが
必要になるということなんでしょうね。

そういえば昨年の末くらいから、
新しい仕事関係の話がちらほらと
始まっています。

正直、どういうふうになるかわからない。
「本当にうまくいくの?」とか、
「それより本業のほうを
頑張るべきでは」なんて、
多少の迷いもないわけではありません。

でも、そういう仕事って
「うまくいかなかったら、
それはそのときのこと」
「せっかくだから乗ってみるか」と、
細かいことを考えずに
流れに従ってみたいと
動いていかないですよね。

イノシシは猪突猛進で、
突き進む動き。
今年の干支の象徴です。

でも一方では豚さんのように、
あらゆる迷いに鈍感になって
能天気にことを進めるのも
重要なことかもしれません。

今年はこの「トン」を
重視していきましょう。

このステッカー、
毎年、ちょっと面白いことを
自分に引き起こすんです。

今年も手帳に貼って、
期待して毎日を過ごしていきます!



[賢者の会・賢者のビジネス研究所]