レクサスと西陣織

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

画像は19日に新しく発売されたそうです。
トヨタの最高級車
「レクサスLS」の内装部分ですね。

その昔で言うところの
「セルシオ」に当たりますが、
コロナ禍でもゴージャスな車は
ちゃんとリニューアルされるわけです。
私とは縁遠そうですが(苦笑)

このコクピット周りの素材、
なんでも「月の道」というコンセプトで
銀糸やプラチナ泊を使った素材を
利用しています。
落ち着いた雰囲気ながら
非常に美しいのですが、
これ京都の「西陣織」の技術を
採用しているそうなんですね。

織物を工業素材にする……というのは、
決して簡単なことではありません。
なんせ「織り機」を使って
コトコト織っていく世界です。
オビでも着物でも
普通なら規格に合わせた大きさのものしか
つくれないのですが、
近年になって
「西陣イノベーション」
のようなものが起こります。

それで用途に合わせた様々なサイズの
「織物」がつくれるようになった。
クリスチャン・ディオールの
ショールームの内装であったり、
高級ホテルのロビーの壁紙だったり。
あるいはソファやテーブルなど
インテリアの素材として
海外の一流ブランドで
使用されるようになっているそうです。

一見すると「織物」だなんて
わからないくらい。
じつは伝統工芸の世界が、
世界最先端の技術を開発することで
日本が誇る一大ブランドを築き上げようと
しているんですね。

これはコロナ禍で低迷が加速している
メイドインジャパンの産業界で、
見えてきた光でしょう。
なんだ私たちの国には、
長い歴史が築いた宝がちゃんとあるのではないか!

考えてみれば「西陣織」の世界。
貴族の時代から戦国時代まで
何度も内戦に巻き込まれ、
明治になってからは
近代化の技術革新に押しのけられ、
さらに現代では
着物を着る人も買う人も少なくなっています。
成人式もレンタルが多いですよね。

そうして何度も崩壊の危機を迎えながら、
常にこんなふうに「新路線」を開拓して
名を轟かす存在であり続けているわけです。

このパワーを私たち、
見習わなければいけませんね。



[コロナ後の未来へ]

感染拡大に対してできる些細なこと

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

本日、東京のコロナ感染者は、
493人とのこと。
記録更新のようです。

少し前は、
これからやっとおさまっていくんだろうなと
思っていたところですが、
一体どうしてこうなってしまったのだろう。

相変わらず情報は錯綜していますから、
とにかく東京都のホームページにある
モニタリング調査をずっと眺めていました。

でも、よくわからなかった(苦笑)
これ、素人には難しすぎる。
眠ろうと思ったのに、またムダな時間を……。

ともあれ、現在、
東京都で入院している人は、1354人。
宿泊療養、自宅療養、調整中……と
合わせて3,024人。

それに対して
「重症」になっている人が39人
ということですから。
重症化率はおよそ1.2%。

ピークだった頃に比べれば、
ずいぶんと落ち着いてはいるみたい。
少なくとも毒性が増したということは
ありません。
弱毒化というより、
医療体制が出来上がっていることが
大きいのでしょうね。

ただ、インフルエンザの重症化率は、
その10分の1くらいだとのこと。
そう考えると、いまだ「怖い病気」には
間違いありません。

なぜ感染が今広がっているかといえば、
これも感染力が増したというより
経済活動が戻っていることが
大きいのでしょう。

「自宅感染」が増えているそうですから、
どこかでウィルスをもらって、
家族にうつす……ということが
増えているわけです。

加えて秋、冬になってくると、
飛沫に含まれるウィルスが
夏場よりも長く生存していることも
原因にあるようです。

いまの日本の状況を考えると、
やはり経済活動を止めるわけにはいきません。
むしろ拡大しないと、どうにもならないでしょう。

ようは飛沫感染を一人ひとりが防ぐしかない。
としたら、外食はOK、誰かと会うのはOK。
でも、マスクのない状態で、
正面で向き合って話すことはしない。

ショッピングもOK、映画も美術館もOK。
ただし、いろんなところに触ったら、
その手が口や目に行く前に消毒をする。

この2つをしばらくは強化して、
頑張るしかないのでしょうね。

大変ですが、
いままでやってきたことの延長です。
もうしばらくと思って、
これから来る冬を乗り切りましょう。

画像は北里病院から見た景色。
医療機関には限りなく
エールを送りたいです。



[コロナ後の未来へ]

暗闇に光を灯す「92歳の英雄」

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

「大丈夫さ 光への扉がどこかにある」

またしてもコロナの感染で、
世の中が暗闇に包まれようとしている今、
こんな言葉は心に響きますね。

誰の言葉かといえば、ミッキー・マウスです。

世界で一番有名な、あのネズミ。
11月18日は彼の誕生日だそうです。

何か部屋でミッキーのものを
……と探したら、意外と身近にあった(笑)
たまたま使用していた
ティッシュペーパーの箱にそれらしいものが。
ハロウィンの特別パッケージかな。

誕生日というのは、
つまりアニメ作品が初めて放映された日
ということです。
1928年のこと。今年で92歳なんですね。
まだまだ十分に若い。

フリーのアニメーターだった
ウォルト・ディズニーさんが、
20代にして「ディズニー社」を創設したのは、
その1年前のことでした。

創業まもなく、彼は「オズワルド」という
ウサギのキャラをつくりあげ、
これを大ヒットさせていたんですね。

ところが契約でトラブルが起き、
キャラの使用権を
大手のユニバーサルに奪われることになり、
同時にスタッフもごっそりと
引き抜かれてしまいます。

1年目にしてもう、
ディズニー社は倒産の危機に陥ったんです。

「なんとか光を見出さなければ」
そこでディズニーさんは、
ウサギキャラにとっては「敵」だった
ネズミのキャラに注目します。

その通り暗闇の中にも光はある
……といった心境だったのかもしれません。
ネガティブなネズミのキャラを
思いっきり楽しいものに。

しかも丹念に丹念にアニメを仕上げ、
いままでどこも実現しなかった
激しいアクションやコミカルな動きを実現した。
いまで言えば
「神作画」なんて言われるレベルでしょう。

そうして登場してきたのが、ミッキーマウス。
すぐに第一次大戦後の不安な世界に
光を灯す存在になりました。

そんなふうにどん底のムードを打ち消して、
起死回生をもたらしてくれるのがミッキーの力。

このコロナの不安をも
打ち消してくれるよう、
誕生日をお祝いすることにしましょう!



Words of Wisdom〜君はこの言葉を知っているか?

その季節に顔を出してくれるものに関心を!

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

気象庁が「生物季節観測」を見直す、
ということが話題になっています。

つまり桜や紅葉が代表ですが、
夏に咲く花とか、冬にやってくる鳥とか。
季節の到来を示す指標になりますが、
人手不足もあって、
その観測を削減するとのこと。

「植物観測」は大幅に見直し、
「動物観測」は完全に廃止するそうです。

これには賛否両論の声が上がっています。
ウグイスやらホタルとかは、
生息地の人から教えてもらえば
それでいい気もしますが、
ちょっと寂しいですよね。

でも、「寂しい」という前に、
そもそも私たちどれだけ
「その季節に活動する生物」を
意識していただろうか?

あらためて情報を見ると、
観測していた動物って、
これだけあったんです。

アキアカネ、アブラゼミ、ウグイス、エンマコオロギ、
カッコウ、キアゲハ、クマゼミ、クサゼミ、サシバ、
シオカラトンボ、ツクツクホウシ、ツバメ、トカゲ、
トノサマガエル、ニイニイゼミ、アマガエル、ハルゼミ、
ヒグラシ、ヒバリ、ホタル、ミンミンゼミ、モズ、
モンシロチョウ。

これだけやるのは大変なのかも。
でも、ラインナップを見れば、
都会に住んでいる私でも、
近くで見かける動物はちょこちょこあります。

何気なくスルーしていますが、
すべて季節を示す指標になっているわけです。
別に気象庁がやってくれなくても、
私たちが意識していれば
いくらでも感じられる自然の営みであるわけです。

廃止すると聞いて、私も含めて
初めて知った方は多いでしょう。
気象庁に文句を言う前に、
私たちが無関心になっていることを、
まず自覚しなければいけませんね。

画像はわかりにくにのですが、
昨年の秋に近くで遭遇した
大量のアキアカネ。
空の風景の中に、
じつはトンボがたくさんいます。

今年はほとんど見ていないのは、
コロナを避けたのか(笑)。
それより
「無視されているんじゃないか」と
嫌われてしまったのかも。

これから出逢いを楽しみにしていれば、
来年は戻ってきてくれますかね。



[公私混同の時間]

今やるべきことは何だろう?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

画像は少し前に訪ねた、
池上本願寺の門を出たところ。
紅葉シーズンになってきました。

日本の四季はやはり美しい
……とはいえ、
桜のシーズンと同様。
今年は楽しむのも控えめにしなければ
いけなくなっています。
コロナには本当に、
いいかげんにしてほしいですよね。

知ってのとおり、現在、
コロナの流行は今年最高のレベルに
達しようとしています。
日本全国の感染者数は記録更新を継続中。
家庭感染が多いとのことですが、
ようするに日常での感染が
増えているということ。
かつてと違って人通りは出ていますからね。

それでもずっと
コロナのことを書かなかったのは、
「どうしたらいいんだろう」という
結論が見えないから。

政府からしてそんな感じですよね。
もうGO TOのキャンペーンなども
止める気配がありません。

それもわかる……というのも、
「自宅にこもって自粛しましょう」と
簡単に経済抑制できるような
状況でもありません。
もう支援金の追加も厳しいでしょうからねえ。

私のような経営者的立場だと、
今年は何とか支援金でもってきましたが、
さすがに半年以上が過ぎて限界になってきた。

でも、ようやく少しずつでも
仕事の受注が戻っている。
あとはせめぎ合いで
新しいプロジェクトを模索しながら、
来年からの復活にかけるような状況です。
皆さんはどうなのでしょう?

サラリーマンの立場だと
日常は変わらないかもですが、
営業はまだ完全には戻っていませんから、
じつはリスクを抱えている方も
多いのかもしれません。

コロナの影響ばかりかわかりませんが、
実際に10月は
過去最高の自殺者数も出ています。

一方でコロナのほうの重症者数も増えていますから、
これからどうなるかわかりませんが、
今は私たちもせめぎ合いを続けながら
何とか耐えるしかない状況になっているわけです。

大切なのはきっと、
それを自覚することなのでしょうね。

幸いにもワクチンはほぼ完成し、
コロナがこれから払拭されることは
間違いありません。

今年の3月くらいから
私たちの格闘は始まりましたが、
いま7カ月か8カ月か。
何とかここまで我慢しながら耐えてきたんです。

それをムダにしないためにも、
いまはマスクやらディスタンスやらテレワークやら
できるだけの対策をしながら
上手に仕事をして、
なんとか徐々に上向いている経済の流れを
止めさせないようにする。

あと少しです。たぶん(笑)
篭城戦のような感じかもしれませんが、
もう少し、頑張っていきましょう。



[コロナ後の未来へ]