いま試されている、どれだけ他人に気配りができているか?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

本日、出版社から、
うちに宅急便で書類が届きました。

それで受け取りのとき、
あっ、サインで……と
ボールペンを借りようとしたら、
配達人さんはこんなふうに言います。

「いいです! いいです!
間違いありませんから!!」

そこで、はたと気づくと、
ボールペンです。
いったい誰が触ったかわからない!?

いまのコロナウィルスが
流行している時期、
確かにそれは危険ですよね。

言われなければまったく
気づかなかったのですが、
なるほど、細かいところまで
宅配業者さんも気を遣っているわけです。

そういえば、画像は先日、
池尻大橋の神社で見た
手水の光景。

ひしゃくを取りやめて、
水を直接流しているんですね。

これもやっぱり、
手から手へウィルスを感染させるのを
防ぐため。
緊急事態であれば、
神様だって喜んでルールを
変更してしまうわけです。

もちろん、
気をつけるのは本当のところ、
それを手に取る側のほう。

もちろん、本当はそこまで
気を遣わなくていいのかもしれません。
しかし、それだけ配慮してくれている
……ということを感じれば、
私たちは相手への信頼感を増します。

それは確実にリピートにもつながりますから、
じつは今できる最大限の
営業活動でもあるわけです。

一方で、
「ハンコがなきゃダメ」なんて、
こんな時期ですら従来の慣習に
こだわっているところもあるとのこと。

大事なことは、選択の一つを、
社内だけでなく、社外の人も見ている
……ということでしょう。

いま、信頼関係をどれだけ
お客さんとの間につくれるかが、
コロナ後の業績回復につながっていきます。



[コロナ後の未来へ]

「後継者の心得」とは?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

知人がKindleで
初の出版を実現しましたので、
紹介をします。

「G-Try」という会社の社長、
合田陽一さん。
あと継ぎに生まれてしまった君へ
という本です。

30ページくらいの冊子ですが、
100円でダウンロードできます!

タイトルのとおり、
合田さんは「あと継ぎ」として
お父さんの刺繍の会社を継承した方。

ただ自分の立場や
周囲との関係に葛藤し続け、
自分自身の「G-Try」という
会社を立ち上げ、
さまざまな勉強をしながら
独自の経営哲学を培ってきました。

いまではアジア諸国に
たくさんの子会社もつくり、
グループ企業を形成しています。

そんな独自の道を貫いた合田さんが、
今回は同じように悩む、
2代目社長や3代目社長にあてて送った
メッセージです。

「ああ、こういう考え方もあるんだな」
……と。
悩んでいる社長さんが読めば、
ホッとするかもしれませんね。

合田さんは毎年、
刺繍でつくった「開運ワッペン」を
送ってくれます。
招き猫だったり、「ウンがつく」という
不可思議なワッペンだったり(笑)

「武士道」を翻訳している私には、
新渡戸稲造さんのワッペンも
送ってくださいました。

コロナで落ち込んでいる世の中、
逸早く布製のマスクをつくり、
さらにはマスクにつける
病魔退散の「アマビエワッペン」も
製造しています。

そんなふうに皆を喜ばせるアイデアを
次々と形にして、

会社を大きくしてきた社長さんです。
今度はその経営哲学を
しっかり書いた本を読んでみたいですね!



[夏川が出会った「できる人」たち]

「定点観測の力」を身につける

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

ステイホームの
ゴールデンウィークがやってきています。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

会社も学校も、すでに閉じて
自宅態勢になっている。
そんななかで
「連休だぞ!」と言われても、
どうかな? とは思うのですが、
世には遠出しないと気が済まない方々も
いるものです。

ところが、家の近くだって、
案外と様々な変化が起こっている。

画像は、満開の「サツキ」ですね。

その名の通り、
5月頃に咲く、ツツジの仲間。

植物的には、
ほとんどツツジと変わらないそうですが、
開花時期で区別するとか。
それでも元はれっきとした、
自然に生える花。
鮮やかですよね。

これが家の近くのおうちですから、
毎年、こんなふうに
ここでは鮮やかな
花を咲かせていたわけです。

でも、「そうだっけ?」と
あらためて思ってしまう。
何気なく近くを通りながら、
心はずっとスルーしていたんですね。

1か所に視点を定め、
そこで起こる小さな変化をとらえていくことを
「定点観測」と呼びます。

案外と私たちはこれが苦手。
どうしても新しいもの、珍しいもの、
世で注目を集めているものに
目がいってしまう。

さんざん観光地に行ったり、
観覧街に行ったりしながら、
近所のことをほとんど
知らなかったりします。

でも、定点観測することは
ビジネスにも、
あるいは人間関係にもとても大事。

身近で起こる些細な変化に気づけない人は、
大きな世の中の変化にも、
本当は対処できないわけです。

今回の家にいるゴールデンウウィーク。
定点観測の練習ということで、
周りの変化を感じ取る
練習にしてみてはいかがでしょうか?

ひょっとしたら観光地に行くより
何倍も面白いかもしれませんよ。



[コロナ後の未来へ]

相手の思いを察してみる

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

ようやく私のところにも
届きました!
アベノマスク……なるもの。

いろいろ批判も言われています。
一部には回収のミスもありました。
ただ、正直に言います。
私は、届いてとても嬉しかった(笑)

なんせストックはもう、ほとんどない。
いまやマスクしないでコンビニでも行けば、
申し訳ない気持ちになります。

自分でつくれるような器用さも持ってない。
裁縫道具を揃えるところから
始めることになりそう。
……ということで、
古いものを使い回していました。

ネットなどで批判する人に対しては、
じつのところ
「マスクを持ってて、羨ましいな」としか
感じていませんでした。

それがやっと、
新しいマスクが来たんです。
つけると、確かにちょっと小さい。
でも布製は、メガネが曇らないから
気持ちがいいかも。

外からの感染予防というより、
自分が感染者だった場合の配慮ですからね。
これで十分なのでしょう。

ようするに、このマスクを
ありがたがる人もいる……ということです。
「こんなの必要ない!」という人は、、
むしろ必要な人に
分配すればいいのでしょう。
調べれば公共機関などでも
受け付けているようです。

そんなふうに考えると、
人それぞれ違う事情を
抱えているわけですね。

たとえばスーパーでも、
今は「できるだけ1人で来てください」
ということになっています。

すると、この前、おじいちゃんが何やら
入り口のところでずっと待っていました。
奥さんが買い物をしているけど、
重い荷物を持てない。
でも「入ってはいけないから」と
律儀に待機しているわけです。

とても微笑ましいのですが、
いいんじゃないだろうか。
周りの人に接触しないように
奥さんを助けてあげれば。

世の中には、
今でも開けているパチンコ屋がある。
子どもを連れて遊びに出かける人がいる。

腹は立ちますが、
それぞれの事情はあるのかもしれません。
「このままじゃ潰れてしまう」
「このままじゃ、家の中がギスギスして、
家庭崩壊が起こりかねない」
などなど。
当人にとっては、
感染するよりもずっと深刻な事情かも。

まあ、そうでない人も多いでしょうが、
少なくともそう解釈しておけば、
私たちは家の中でイライラしなくて済みます。

最近は皆がギスギスしているせいか、
他人に怒鳴る人がいたり、
暴力沙汰まで起こっています。
それじゃあ、せっかく頑張って
ステイホームしている意味もありません。

いまは少しだけ、
周りをあたたかい目で見る配慮が
必要な時期なのかもしれませんね。

東京の感染者、
今日は100人を切ったとか。
油断できませんが、
この調子で、ウィルスの拡散が
おさまっていくといいなあ。



[コロナ後の未来へ]

買い物を減らすのは、むしろいいこと!?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

こちらは最近、
ひそかな楽しみになっています。

アイススクリーム……。
チョコミントの味ですが、
そういえば子供のころは、
サーティワンで食べるのがご褒美になってました。

気が滅入るような日常も、
スッキリした味で、癒される気がしますね。

アイスを除けば、食事の量はこのところ
ずいぶん減っています。

なんせ買い物を3日に1回にするように
……とのことですからね。
じつはそれ以前から、
混んでて嫌だなということもあり、
できるだけ控えるようにしていました。

朝はトースト、
昼はインスタントで簡単に、
夜は冷凍食品のおかずを1品、
なんていう日常も珍しくはありません。
「戦時下に比べればマシでしょ」
なんていう感覚ですね。

でも、本来はそれくらいが
正しいのかもしれない。

薬に頼らず
血糖値がぐんぐん下がる!

(板倉弘重著、三笠書房)
という本を見ると、
推奨される1日の糖質摂取量は
女性200g、男性250g。

それに対して
日本人の平均糖質摂取量は、350g。
まあ、大幅に「食べ過ぎ」では
あるんですね。

むろん、
育ち盛りのお子さんがいる家族は、
なかなか食料品の購入を減らすのも
難しいかもしれません。

ただ、それに付き合って
大量に食べている大人は、
糖尿病などの生活習慣病に対する
リスクを抱えているのも事実であるわけです。
そうなると、
ウィルス対するリスクも生まれますね。

この買い物回数制限が
お願いされている現在、
むしろ普段の「買い過ぎ習慣」や
「食べ過ぎ習慣」を見直す
チャンスかもしれませんよ。

ちなみに前掲書で推奨されている量は、
朝:トースト2+バナナ
昼;焼そばなど1皿
夜:ミックスフライとご飯1膳、
味噌汁、サラダ
それでビール1缶に加え、
アイスやケーキのデザートもOKだそうです!



[公私混同の時間]