お釈迦様とマンゴー

こちらは先日、ファミレスの
「ジョナサン」でいただいた、
完熟マンゴーのパフェです。

ちょうど6月から7月が旬
……とのことでフェアをしていましたが、
こんなの
「美味しくないわけがない」ですよね。

ちょうど数日前のブログで紹介した
アートワークをしているときで、
疲れた頭には、
最高のカンフル剤になりました。

このマンゴーという果物、
「最近になって
よく食べられるようになった果実」
……という印象ですが、
じつは紀元前のインドで栽培されていた
他の果物より
ずっと歴史が古い果実だそうです。

紀元前のインド……ですから、
じつは仏典にもたびたび登場していて、
菩提樹などと同様に
「聖なる樹」の
1つとされているんですね。

お釈迦様とマンゴーの関わりを示す話に
こんなものがあります。

あるときお釈迦様は、
他の宗教の聖者に、
「どっちの教えが優れているか」を
試す挑戦を受けたそうです。

そこで彼は、
植えたばかりのマンゴーに経を唱え、
その場で大木に育てたとか。
たくさんの奇跡の中の1つですね。

マンゴーは大木になる植物で、
当時のインドには
マンゴーの林が多くありました。
たびたびそこでお釈迦様は
説法を行なっています。

じつは亡くなる前の最後の説法というのも、
そんなマンゴー林でのこと
……だったそうです。

その後、この林の持ち主に
出してもらった食事で食中毒を起こし、
お釈迦様は亡くなったんですね。

でもマンゴーというのは、
ハエを呼び寄せて受粉するため、
花は強烈な臭いを発するとか。
説法のときは
大丈夫だったのだろうか……?

ともあれ、美味しいこの時期に、
ぜひ好きな方は
召し上がっておいてくださいませ!



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「アジア史」入門はこちら

くま?のガードレールが子どもを守る!?

近くを通って、
「おやっ?」と思った、この光景です。

道の両側。
もともとガードレールがなかったのか、
あるいは工事中なのか?

それがない代わりに、
鉄パイプが設置されています。

そしてそれを支えるのは、
熊……ですかね?

動物のキャラが、
ズラズラズラズラと道の両側に
並んでいます。
ちょっと不思議な光景ですよね。
これ(笑)

その理由は
正面の建物にあるのでしょう。
小学校……というか、
じつは中学校も一緒になっています。

小さな子どもたちが道を出ないよう、
クマの愛着ある形で
しっかり守るということなのでしょう。

この道、私も車でよく通りますが、
かなりの急カーブです。
数年前は死亡事故も起こりました。

それでいて、狭い道ですから、
子どもが道をはみだすと怖い。
それでこんな仕掛けを
ちゃんとつくっているわけですね。

このクマは、
本格的なガードレールができると、
撤去されるのだろうか?

なんかキャラを残すなり、
工夫をするなりしてもらいたいな
……と思うのは、
正直、子どものほうは
「可愛いからどう」ということも
ないと思うんです。

真面目な子どもは
どんなガードレールでもルールを守るし、
そうでない子どもは、
どんな道でも飛び出したりするでしょう。

ただ、車の運転手からすれば、
このガードレールがあると、
やっぱり警戒しますよね。
「子どもがいるかもしれないぞ」と。

最近は子どもが犠牲になる
事故もありましたが、
「通学路」とか「子どもがいるかもしれない」
という表示には、
けっこう運転の荒い人も注意深くなることは
多いと思います。

いちばん運転していて、
怖いところですからね。

ならば子どもが多いところには、
その旨をしっかり知らせたほうがいい。

だから、このガードレールのアイデアは、
けっこう効果的なんじゃないだろうか……?



[効率無視の仕事術]

古典のフェア〜「晴耕雨読」のススメ

今さらですが、
東京は梅雨らしい天気になってきました。
久しぶりに、
家からほとんど出ないような
土曜、日曜を過ごしてしまいましたね。

そんな雨の日の過ごし方として、
「晴耕雨読」という言葉が
日本にはあります。

晴れた日には田畑を耕し、
雨の日には家に引きこもって読書する
……という意味ですね。

なんでも中国古典からの
典拠は確認できず、
日本の漢詩人がつくった言葉ではないか
と言われています。
まさに
「梅雨が生んだ言葉」なのかもしれません。

その「晴耕雨読」に併せ、
いま致知出版さんのほうで、
私も5冊を現代語訳している
「いつか読んでみたかった名著シリーズ」
のフェアが行なわれているそうです。
https://www.chichi.co.jp/specials/itsuka_meicho/

同社のページには、こうあります。

「いつか読んでみたかった名著シリーズ」は、
“読みたかったけれど読んだことのない”
日本の名著を
気軽にお読みいただくために企画されました。


いわゆる超訳ではなく、
原文を忠実に訳しながらも
可能な限りわかりやすい
現代語訳に置き換えているため、
大人はもちろん、
中高生でも十分に読破できます。


ネットにスマホにテレビゲームに
……と。
室内での娯楽にはことかかない
現代社会です。
外がずっと雨だからといって、
はたしてどれだけの人が
家で「雨読」しているのかは、
あやしいもの。

かくいう私も、
「読書の時間」というのは、
確実に減っています。

でも、「この機会をのがしたら、
一生読むことがないかもしれない」
という名著は、確実に存在するわけです。

「あっ、読んでみようか!」と、
思ったその瞬間の奇跡的なチャンスは、
ぜひ生かしてほしいですね。

ちなみにこのシリーズから
私が訳しているのは、
『武士道』『茶の本』『風姿花伝』
『努力論』『啓発録』の5冊。

とくに『武士道』は、
世界中の人に日本を知らしめた
有名な本です。
日本人なのに
それを一読もしていないというのは、
ちょっと寂しいこと……ですから、
ぜひ手に取ってみるべきと思いますよ!



[夏川賀央の「古典学のススメ」]

「チカンマンゴロー」の仕事術

本日、私が生まれ住んでいる町、
港区の白金台が、
NHKの『プラタモリ』で
取り上げられました。

私にとっては近所の風景が、
これでもかと登場していたのですが、
観た方も多かったでしょう。

じつは昼間に
「この辺が歩かれるんじゃないかな?」と
思って写真を撮ったらビンゴ!

こちらは
「シェラトン都ホテル」の手前ですが、
この細い坂の上、
木々がある部分は、
かつて「服部ハウス」と呼ばれた、
服部時計店の大邸宅。
その先は番組で紹介された
「三光坂」になります。

じつはその昔、
小学校の立て替えのときに、
ここにプレハブの仮校舎が
建てられました。
私は4年くらい、学校として
ここに通っていたんですね。

ただ、この脇の細い道、
夜はかなり暗くて、怖いところ。

子供のころは
「夜にチカンマンゴローが出て、
子どもをさらっていくぞ!」
とよく言われました。

そのマンゴローさんの
実在はよくわかりません。
あまりに町には似つかわしくありませんが、
ペンキで描かれた
大きな落書きがあったんですね。

だから暗くなったら、
あまり近づかないようにしていた。
実際、通りたいような道では
なかったですからね。

番組でも紹介されていましたが、
「高台」というのは、
外部からの人を拒絶するそうです。

考えてみると、この坂を下れば、
すぐに国道1号線。
都心部と五反田から川崎、横浜を結ぶ、
大きな道路です。

つまり、
ここが住宅エリアと下界を分ける
「境界線」であり、
「チカンマンゴロー」というのは、
その境界線から出るリスクの
象徴のようなものだったわけです。
「村を一歩出たら、化け物が出る」のと
同じようなもの。
そんな迷信で、ある種、
住宅地の平安は保たれていたのでしょう。

ただ、番組では紹介されませんでしたが、
すでにここにも
大きなマンションが建ち並び。
境界線はほぼ、消滅しかけています。
あと数年もすれば、
この町もまったく様相を変えてしまうかも
しれないですね。



[公私混同の時間]

イラストが上手になる方法

昨日に横浜のファミレスで行なった
「アートセラピー」の続きです。

単純に「色を塗る」という
ワークは紹介しましたが、
やり方はいろいろあるようですね。

次にやってみたのが、
「スタンプ」のワーク。

いろんなものに絵の具をつけて、
スタンプのように押して
1つの絵をつくる
……というもの。

ただ、どんなものがいいのか
よくわからない。
いろんな小物と、
100円ショップで粘土を
買ってみました。

ただ、イメージのようには
うまくいかないですね(笑)

木のようなものを描き、
キラキラした絵の具を割り箸で
ポコポコと押していくと、
ちょっとクリスマスツリーみたいに
神秘的になる。
これもアイデアですねえ。

最後にトライしたのは、
イラストのレッスン。
こちらは「セラピー」というよりも、
もっと実用的かもしれません。

Watanabeがキャラとして使用している、
「RAAKO」を、見よう見まねで
描いてみました。

イラストがうまく描けると、
プレゼンだったり、
ホワイトボードを使って講義するとき、
案外と重宝します。

でも、絵心のある人と、
そうでない人で、
この分野は大きく
差がついてしまいますよねえ〜。

自分が描いたのは「コアラ」というより、
どう考えてもイヌ科の動物に
なってしまった。
どっかでこのキャラ見たような(苦笑)

再トライしましたが、結局、
クマのようになり。
変なやさぐれドラえもんに
してしまった……。

結局、みんなが可愛い絵を
最終的には描けるような
レッスンができると
結構、重要はありますよね。

賢者の会などでいつかできるよう、
依頼して今回は
最初のセッションを終えました。

なかなか楽しく癒され、
たぶんビジネスにも使える
アートセラピーのワーク。
なんか形にしたいですよね。

ちなみに私のセッションは、
Watanabeの「女性力ドットコム」の
ブログでも紹介されています!
http://jyoseiryoku.com/?p=2266





[賢者の会・賢者のビジネス研究所]