「公園の土管」の仕事術

こちら港区の
「高輪台」の近くにある公園。

通称、「猿町公園」
……と呼ばれるところですが、
片隅にはこの令和になろうとする
時代にあって、
「昭和」を偲ばせる「土管」!

よくジャイアンがこの上で
リサイタルをしていましたよね。

いま、どれだけ日本の公園に
土管があるのか知りません。
でも、この猿町公園の土管は、
私が子供のころからあります。

妹と入って遊んだ記憶もあれば、
上から落ちてすりむいた記憶もある。
なんかいじめられて、
閉じ込められた記憶もあるかも。
当時はこんなカラフルではありませんでした。

遊び方に「創意工夫」も要される「土管」。
なんだか私は
ロマンなども感じるのですが(笑)、
これがかつて
公園や空き地に多く置かれたのには、
昭和のころの高度経済成長が
かかわっているそうです。

自分が生まれる前後の
昭和30年代から40年代というころ。
日本は経済成長をして、
下水道工事がさかんに行なわれました。

そのときに大量の土管が
必要になったんですね。

それでも
「いざ」というときに注文したのでは、
時間もかかってしまう。
だから当時はまだ多くあった空き地に、
あえて土管のストックを
置いておいたそうです。

そうしておけば、緊急のときに使える。
これが当然のごとく、
子供たちの遊び器具になったんですね。

ところが最近はまさか、
それほどの土管需要もない。
空き地は減っているし、
公園に土管を置くよりは
それなりの遊具のほうがいい。

おまけに落ちて怪我をしたり、
不安定に置かれた土管が転がって
子どもが亡くなる事故も
現実にあったそうなんですね。

それで多くの「空き地の土管」は
失われてしまいました。

それでも子供たちの発想力を磨くには
なかなかの材料になる。
そんな理由でしょうか。
安全対策をしたうえで、
この公園にはいまなお
「土管」が存続しているわけです。

土管よ永遠に……。
そう願うのですが、じつは近い将来、
この公園はなくなるようなことも
言われています。
土管の運命は、どうなるんでしょうかね。



[公私混同の時間]

まもなくご近所に引っ越されます

こちらは家の近く、
用事があってきた港区の
「高輪支所」に来たのですが、
5階から外を見た光景。

丘の斜面に建てられていて、
じつは5階からも外に出れるのですが、
手前にあるのは中学校。
でも、その隣りに
「森」のようなものが
あるのがわかります。

こちらは現在、
「高輪皇族邸」と呼ばれている施設。

もう残りわずかになりましたが、
平成天皇が退位されたあと、
しばらくはこちらに住む予定なんですね。
おそばに来られるわけです。

そもそもこちら、
私が子供のころから
「高松宮邸」として知られていました。

昭和天皇の弟君、
として知られる方ですが、
そのころと思いますが、
広大な敷地を分割し、
中学校や、現在、区の支所になっている
施設もつくられています。

ちなみに中学校は、
「高松中学校」という名称。
私は通っていませんが、
小学校のころにグラウンドを
使うことがありました。
裏山が高松邸につながっていたのを
なんとなく覚えていますね。

じつはその前はこの場所、
熊本藩細川家の
下屋敷だったとのこと。

明治時代から皇族の住む
屋敷として使われ、
大正時代には、
のちの昭和天皇が住む
「東宮御所」として
使用されたこともあるんですね。

すると中はどうなっているのか
非常に気になる……のですが、
残念ながら近くにあって、
お邪魔したことは一度もありません(苦笑)

意外と周囲には古い場所が多く、
昔からある和菓子やさんとか、
お寺もやたらと多い場所。

もう、本当に
1週間をきってしまいましたが、
長く私たち国民を心配され、
苦労されてきた疲れを
ここでゆっくり癒してほしいですね。



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「日本史」入門はこちら

ちゃんと活躍していた! 東京の救急ヘリ

画像は通りがかって、たまたま遭遇した
決定的瞬間。

東京にはドクターヘリがないけど、
大丈夫か……なんて話があったのですが、
なんのなんの。

こちら東京ERこと、広尾病院。
屋上にちゃんとヘリが着陸しています。

緊急を要する患者さんや
島嶼部の患者さんなど、
東京のど真ん中でも
こうしてヘリコプターでの搬送を
行なっているわけです。

運ばれたのは患者さんなのだろうか?
無事だといいですね。

そういえば、この病院。
かつて移転するのしないの
……といった問題が出ていました。

その理由の1つだったのが、
このヘリコプター搬送です。

小さいから台数に限界があるし、
地元の住民に迷惑がかかるのでは?

その地元住民の1人としては、
確かにうるさいけれども、
そうそう頻繁にあることではありません。

表を救急車が走っているのだって、
だいたい同じようなこと。
人の命には変えられませんよね。

おそらくは他の人も同じなのでしょう。
だから多少の迷惑はかけながらも、
存続が決まったこの病院に、
ちゃんと患者さんを運び続けている。

私の家からでも
ヘリの近い音は聞こえるのですが、
そのときは
「また誰かの命が救われるんだな」と、
むしろポジティブに考えたいと思います。

それにしても現在の東京、
オリンピックに向けてか、
飛行機やヘリがやたらと多くなっています。

観光であったり、ビジネスであったりと、
いろんな用途が出てきているため
……のようですが、
これからの東京は、
空中がますます活用されるように
なるのかもしれません。

たぶん慣れなければ
いけないのだろうなあ……。



[公私混同の時間]

ちゃんと活躍していた! 東京の救急ヘリ

画像は通りがかって、たまたま遭遇した
決定的瞬間。

東京にはドクターヘリがないけど、
大丈夫か……なんて話があったのですが、
なんのなんの。

こちら東京ERこと、広尾病院。
屋上にちゃんとヘリが着陸しています。

緊急を要する患者さんや
島嶼部の患者さんなど、
東京のど真ん中でも
こうしてヘリコプターでの搬送を
行なっているわけです。

運ばれたのは患者さんなのだろうか?
無事だといいですね。

そういえば、この病院。
かつて移転するのしないの
……といった問題が出ていました。

その理由の1つだったのが、
このヘリコプター搬送です。

小さいから台数に限界があるし、
地元の住民に迷惑がかかるのでは?

その地元住民の1人としては、
確かにうるさいけれども、
そうそう頻繁にあることではありません。

表を救急車が走っているのだって、
だいたい同じようなこと。
人の命には変えられませんよね。

おそらくは他の人も同じなのでしょう。
だから多少の迷惑はかけながらも、
存続が決まったこの病院に、
ちゃんと患者さんを運び続けている。

私の家からでも
ヘリの近い音は聞こえるのですが、
そのときは
「また誰かの命が救われるんだな」と、
むしろポジティブに考えたいと思います。

それにしても現在の東京、
オリンピックに向けてか、
飛行機やヘリがやたらと多くなっています。

観光であったり、ビジネスであったりと、
いろんな用途が出てきているため
……のようですが、
これからの東京は、
空中がますます活用されるように
なるのかもしれません。

たぶん慣れなければ
いけないのだろうなあ……。



[公私混同の時間]

日本が感謝すべき国、スリランカ

スリランカで大規模なテロがありました。

8施設で290人、
日本人も1人犠牲になったということ。
本当にお悔み申し上げます。
私の知人もこちらとビジネスをしていたので、
少し心配しました。

小さな仏教の島国で、
平和なイメージのあるこの国。
でも、実際は近年まで内戦をしていた
国でもあります。

あんまり歴史の教科書には
出てこないですよね。
スリランカという地域。

じつは紀元前のころに
大国インドと分かれ、
その脅威にさらされながらも
独自の歴史をつくってきた国です。

紀元前3世紀から仏教国なりますが、
インドからのヒンズー教やイスラム教、
16世紀になるとポルトガルやイギリス
……といった欧米諸国の支配下に入り、
だから宗教が
入り乱れたことになっているんですね。
それが現在まで続いています。

でも、私たちがもっと
知らなければいけないのは、
「日本はスリランカに救われている」
ということです。

じつは第2次大戦中、
日本はスリランカを攻撃しています。
当時はイギリス領で、
アジア進出してきた日本は、
ここを拠点にしようと
空爆や艦砲撃を行ないました。
ただ、占領はできなかったんですね。

戦後、「敗戦国の日本をどう処理するか」
という問題が議論され、
分割統治の案なども持ち上がったときです。
スリランカへも戦後補償をしなきゃ
……という話になったとき、
この国はそれを放棄したんです。

「人はただ愛によってのみ憎しみを越えられる。
人は憎しみによっては憎しみを越えられない。
怨みに報いるに怨みをもってしたならば、
ついに怨みはやむことがない」

お釈迦様の言葉の引用だそうですが、
会議に参加した、
のちのジャワルダナ大統領の言葉。
彼らは日本の分割統治にも反対し、
結局はそれが戦後処理にも
適用されたんですね。

つまりスリランカがいなかったら、
日本はお隣の韓国と北朝鮮のように、
分断されたままになった可能性も
あるわけです。

このことは確実に、
私たちが知らなければいけない歴史でしょう。

写真は世界遺産の
「シーギリア・ロック」。
ここに王宮や寺院があったすごい場所ですが、
いつか行きたいんですけどねえ。



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「アジア史」入門はこちら