「読む」から「書ける」、当たり前だけど大切なこと

ワールドカップ、セネガル戦を観てから
このブログを書いていますが、
本当に、いい試合でしたね!!

結果は引き分けではあったのですが、
ラッキーで勝ったコロンビア戦より、
持ち味をしっかり出していました。

セネガルもまた自分たちの持ち味を出し、
これまでの全試合と比べても、
最も面白い試合だった気がします。
ポーランド戦も楽しみですね。

なので、
日本代表の踏ん張りを見習って、
私のほうも頑張らないとな
……ですが、
土曜日には何といっても
「賢者の会」があります。
https://www.facebook.com/events/150763865788982/

こちらも日本代表と同様か?
開始前では集客もイマイチで、
ちと不安ではありますが(苦笑)、
それでもテーマは自分の本。

メーンは主婦の友社の編集者さんに
貴重な話をいただきますが、
私も伝えたいことを
誠心誠意で伝えたいと思っています。

何より今回の
君はこの言葉を知っているか?
(Word of Widsdom)
という本。

この本を書けたのは、
私がこれまでずっと古典を
現代語訳しながら勉強してこれたことが
とれも大きかったと思います。

それは本書のテーマの通り、
「言葉は継承され、
たくさんの人の夢を叶えていく」
ということ。

逆にいえば、
過去の言葉に耳を傾けることのできる人が、
自分の理想を実現し、
未来を切り開いていくこともできる
……ということですね。

「賢者の会」なんていう
ネーミングの勉強会をしていると、
ときどき
「自分は賢者じゃないから」なんて、
軽く言われてしまうことがあります。

でも、それは本質が違っている。

世の「賢者」と呼ばれた人たちは、
誰一人、自分を「賢い」だなんて
言っていません。

ただ「いまの自分が生きている世界」を
切り開いてきた先人を
「賢者」として尊敬し、
自分がその恩恵に授かっていることを
誰よりも理解していたわけです。

だからずっと謙虚であったのかもしれない。
でも、結果として、
大きな仕事を成し遂げています。

いまの日本人はそうした
「過去の知恵」に学ぶことを
すっかり忘れていますが、
未来のためにも、
その意義はしっかり確認したいですね。

ぜひぜひ30日には、
いろんなことを討論しましょう!



[賢者の会・賢者のビジネス研究所]

「第61回・賢者の会」〜『君はこの言葉を知っているか?』



「第61回・賢者の会」。

日にちは6月30日、
14時30分から。
中央区の新川区民館。

申し込みはこちらです!
https://www.facebook.com/events/150763865788982/

今回は発売されたばかり。
私の待望の新刊。

『君はこの言葉を知っているか?』
サブタイトルに
「あの経営者たちを支えた名言」。
そしてイメージワードは、
「Words of wisdom(賢者の言葉)」
です。
https://amzn.to/2sMPMZ7

そこで今回は私がメーン講師
……でなく、
この素晴らしい本をつくってくれた
編集者さんをお招きしたいと思います。

おそらくは誰もが知っているだろう
メーンは女性ものを手がける
老舗の出版社。
「主婦の友社」で長く
単行本を編集をしてきた
三宅川修慶さん。

じつは本をつくっていただいたのは、
これが2冊目なんですね。
1冊目は10年前にさかのぼります。
『人を出し抜く残業しない術』
という本。
長い付き合いになります。

歴史ある出版社で
異色の自己啓発書編集者として
数多くのヒット作を出してきた名編集者。

最近の業界の変化に合わせ、
さまざまな活動もされているようです。

今回は本書についての発刊意図や
制作のアイデアを聞くととともに、
望んでいる本の企画や
著者についての考え方も
お聞きしてみたいですね。

これから本を出したい方、
また本が大好きな方。
必見の会になりますよ!

もちろん夏川も新刊について、
話せることは何でもお話しするつもりですよ!
楽しみにしてください!!

怪物も愛されれば「女神」になる

画像の絵、恵比寿のスターバックスに
飾られていたもの。

スタバのロゴの人魚をイメージした
美しいイラストですよね。

「ART CONCEPT」とありますが、
馴染みのアーティストさんが描いたのでしょうか。
恵比寿らしいのですが、
こういう取り組みは素晴らしいです!

ところで、このスタバのロゴの人魚。
本当は人魚ではないって、
知っていたでしょうか?

もともとは「セイレーン」とか
「サイレン」と呼ばれる、
顔が女性で、
それ以外が鳥……という
「化け物」なんですね。

「セイレーン」が登場するのは
ギリシャ神話。
海にいる鳥の怪物で、
その美しい歌声で船乗りを魅惑し、
船を沈めてしまうとされました。

「怪物」としては、
フランス語の「シレーヌ」という名で
かの「デビルマン」にも登場していますし、
最近ではハリウッドで
ホラー映画もつくられています。
それ以上に、
「サイレン」の語源にもなっているんですね。

ところが、同じように
歌で人を魅了するとされたのが、
人魚です。
海に住んでいることもあり、
上半身は美しい女性ということで、
いつしか鳥のセイレーンは
人魚に融合してしまったわけです。

そして人魚といえば、
アンデルセンの童話以来、
愛すべき存在になっていきます。
セイレーンもいつしか
女神のように思われるようになっていった……。

スターバックスのロゴに採用されたのは、
「女神」であり、
「人を魅了する存在」でありたいという
願いだったようです。

まあ船を転覆させるよりは、
人に愛される存在でありたい。
怪物もずいぶん昇格したものですが、
恐怖よりも癒しの象徴となり、
さぞ喜んでいるのではないか。

結局は私たちが、
対象をどうとらえるかによるのでしょうね。

そういえば、
私たち「賢者のビジネス研究所」のロゴも、
スフィンクスで、
やはり「化け物」だったんですよ。
「化け物をロゴにすると繁盛する」
……といきたいところです(笑)



[公私混同の時間]

「イモ大臣」の挑戦

こちらも昨日紹介した
目黒不動こと「瀧泉寺」の境内ですが、
どういうわけか、畑がいっぱいです。

見ると「サツマイモ」とあります。

新刊のくだりで紹介したように
西郷隆盛さんゆかりのお寺だから
サツマイモなのか……と思いきや、
そうではありません。

このお寺で眠っている、
青木昆陽さん、
という江戸時代の学者にちなみ、
ここでは秋に
「さつまいも祭り」が行なわれるとか。

そのための芋を、
今からちゃんと栽培しているんですね。

青木昆陽という人、知っていたでしょうか?

そもそもは儒学者だったのですが、
かの暴れん坊将軍こと
徳川吉宗に命じられ、
関西で知られていたサツマイモを研究。
将軍直轄の「薩摩芋御用掛」という
特別な役職を与えられました。
いまで言えば、
「イモ大臣」ということでしょうかね。

彼の尽力で、
幕府はサツマイモの栽培化に成功。
関東の農村に普及させ、
18世紀の「天明の飢饉」では、
多くの命を救ったとされます。

それから昆陽さんは、
「甘藷先生」として尊敬され、
死してのちは、
「イモ神さま」として
祀られもしたんですね。

それだけ彼に多くの人が救われ、
感謝された……ということなんでしょう。

農学や儒学だけでなく
オランダ語も学び、
江戸時代にあって、
西洋の科学にも通じていた昆陽さん。

でも彼が抜擢されたのは、
大岡越前など、幅広い人脈を持っていたことが
大きかったようです。

大志を描き、自ら行動する人は。
江戸時代のような身分制の世の中でも、
きちんとチャンスをつかむんですね。

ぜひぜひ記憶しておきたい、
日本人の1人です!



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「日本史」入門はこちら

西郷さんが祈ったところでヒット祈願

画像は目黒不動(瀧泉寺)の入り口にある
「水かけ不動尊」ですね。

手前に柄杓が置いてあって、
そこからこのお不動さんに
水をかけると、
願いが叶う……なんて言われています。
ちょっと珍しいかもです。

もちろん、奥には不動明王の像があり、
さらに奥には、大日如来の
大きな像もあります。

今日はこちらに、
君はこの言葉を知っているか?』の
ヒット祈願に来ました。

というのも、
本書の冒頭で取り上げている言葉は、
「敬天愛人」。
西郷隆盛さんの言葉です。

じつはその西郷さんが、
よく祈願に訪れた場所というのが、
この目黒不動なんですね。

そしてこの「水かけ不動」の奥には、
写真でわかりにくいのですが、
滝があります。

ここで西郷さんは、
滝に打たれる祈願修行をしたと
言われているんですね。

それは大河ドラマの
『西郷どん』にも取り上げられました。
主君の島津斉彬が倒れたときでした。

西郷さんは目黒の付近に住んでいて、
そこから三田にある
江戸の島津のお屋敷に通っていたんですね。
ちと遠い感じもしますが、
本当はそれくらいは歩くべきなのかも。

「敬天愛人」という言葉の通り、
世のため人のために祈り続けた西郷さん。

それに比べれば、
ヒット祈願なんていうのは
我欲で申し訳ないのですが、
たくさんの人に読まれれば、
「世のため人のため」になるのでしょう。

本にも書きましたが、
「敬天愛人」というのは、
そもそも
「天は人を平等に愛する」
という意味の言葉。
天がそうなのだから、
人もそうあるべき……ということですね。

この思想が、江戸を明治に変える
大きなうねりとなるのですが、
グローバル化した現代になって
その重要性は
さらに増しているかもしれません。

大切なことはちゃんと
「賢者の言葉」に残されているんです!



[Words of Wisdom]