忘れてはいけない「昭和」という時代

「自分自身の運命について
貴下の判断が如何様のものであろうとも、
それは自分には問題ではない。
構わずに総ての事を進めていただきたい。
私は全責任を負います」

こちらの言葉、
昭和天皇のものですね。

戦争が終わったあと、
マッカーサー総司令官に誠意をこめて
自身の処遇について述べた言葉。

結果、天皇制は維持され、
日本は平和への道を歩み始めた。
それが現在まで続いているわけです。

4月29日は、
もともと昭和天皇の誕生日。

数年前までは「みどりの日」でしたが、
昭和を忘れないように……と、
「昭和の日」と改名されたんですね。

元号が変わろうとするなか、
この日がこれからどうなるかは
……よくわかりません。

まあ、日にちがら、
ゴールデンウィークを飛び飛びにしない
ということで残りそうではあるのですが、
名前はどうなるのか?

でも、すでに世の中は
もう昭和生まれが主人公でない時代には
なっていきますよね。
これから生まれる人たちには、
明治・大正時代に生まれたような人のような感覚で、
見られてしまうのだろうか……(苦笑)

ただ、昭和というのは、
当然ながら戦争を挟んでいる
日本にとって激動の時代。
いわばこの68年の間に、
世界に撮ってみれば「怖い国」から
「楽しい国」へと、
180度転換したわけです。

でも、結局、
朝鮮半島を見ればわかるように、
歴史というのは
決して断絶してはいません。

50年単位、100年単位で
継続され続けている問題は
いまだ世界には未解決のまま
先送りされているわけです。

とくに歴史をリアルで体験していない人間は、
そのことを忘れがち。
でも、グローバルな世の中では、
意識してないと、
人間関係にさえ亀裂を生みます。

国際的になった現代だからこそ、
逆に「昭和に何があったか」は、
たえず思い出す必要があるでしょうね。

写真は数年前に参拝しました。
武蔵御陵、つまり、
昭和天皇の墓所になります!



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「日本史」入門はこちら)

バーガーキングの取材術

画像は「バーガーキング」の
とある店舗。

けっこう広いお店ですが、
じつはここで先日、
とある経営者さんの取材を
させていただく機会がありました。

バーガーキングで取材?
……と聞くと、
「えっ?」と思うかもしれません。
でも、じつは案外とこういうこと
よくあるんです。

もちろん最初から
予定していたわけではありません。
先方のオフィスで取材する予定でしたが、
たまたま会議室がどこも
塞がってしまっていた。

それでは「近くのどこか」ということで、
なんとなく飛びこんだのが
このお店だったわけです。

たまたま時間帯もよくて、
あまりお客さんはいませんでした。
だからバックに大音量で、
なぜかマドンナの
「Like A Virgin」が流れていたほかは(笑)
案外と快適に取材ができました。

今回はたまたま人がいなかったのですが、
じつは混雑していて、
かなり騒がしい中でも
「取材」って、やることはあります。

うるさくて大変では?
……と思うでしょうですが、
実際に話を始めると
皆さん集中しているから
周りの雑音はほとんど気になりません。

最近はボイスレコーダーなども
優れていますから、
ちゃんと音をクリアにひろってもくれます。
場所なんてほとんど、
取材に影響しないんですね。

条件があるとすれば、それは1つ。
「相手が臨機応変であること」です。

神経質な方であれば無理でしょうが、
だいたいビジネス書の場合、
よっぽどでなければ、
できる方というのは、場所に合わせてくれます。

臨機応変に場に対応できなければ、
そもそも成功なんてできなかった
……ということですよね。
どんな条件でも、
目の前の相手に集中することは
仕事にとって重要でしょう。

こういう機会に、
仕事能力って試されるんだな……と
あらためて感じますよね。

喫茶店でも、ファーストフード店でも、
入ったときに周りのテーブルを
見渡してみてください。
どこかの席で、
出版関係の取材が
行なわれているかもしれませんよ!



[効率無視の仕事術]

歴史が動いた日

2018年4月27日は、
「歴史が動いた日」になりました。

まあ、ひょっとしたら
「少しだけ」なのかもしれませんが、
南北首脳会談ですね。
仕事ができる人の「アジア史」入門
なんていう本を書いている立場としては、
やはりスルーするわけにもいきません。

何より大きいのは、
「朝鮮戦争が終結に向けて動き出した」
ということなのでしょう。

私たち日本人は、どうしても
「核を廃棄しろ」
「拉致被害者を返せ」と、
いまの自国に関わる問題で、
この動きを考えがちです。

実際、心情的にはその通りで、
早く何とかしてほしいことは確かなのですが、
意識しなければならないのは
この2国はまだ
「戦争中だ」ということです。

その流れは、
本でもわかりやすくまとめました。

日本が朝鮮半島を併合したのは1910年。
大戦に負けて、
この国を手放したのが、1945年。
それからアメリカと旧ソ連が
分割してこの地域を管理することになり、
両者が戦争を始めたのは1950年。
53年には「休戦」しますが、
68年の間、戦争は
終わったことになってないわけです。

ですから、
オリンピックやらワールドカップに
北朝鮮が出てくることのほうが
むしろ“不思議”な話。

核にしろ、拉致問題にしろ、
言い続けなければ、
どうしようもなかったのですが、
ある意味、戦争中の国に向かって
「ルールを守って戦争しようよ」と
言っているようなものではあったわけです。

でも、正式に戦争を終了して、
仲直りをすれば、
流れ的には、
「核はもう、いらないよね」
「捕えている人たちを返してね」
という話は通るのでしょう。

だから会談で
「終結宣言に向けて動き出した」
のであれば、
それはそれで喜ばしい話ではあります。
といって、まだまだ
信用できないところはありますが……。

まあ日本の立場を考えれば、
朝鮮戦争の終結に対しては、
口をはさめる立場でもありません。
「お前が原因をつくったんだろ」
みたいなことにはなってしまいます。

ただ、戦争が完全に終結してしまえば、
あとはもう、
ルールをきっちり守ってもらって交渉する
……という理屈にはなるのでしょう。

ですから大切なのはこれから。
日本にとっても世界にとっても
いい流れになっていけばいいですね。



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「アジア史」入門はこちら

高校生と先生と楽しい食事

本日は世田谷区で
フライングキッズ」という
学習塾を主宰している
小畑希久子先生と、
“直接”ではないのですが、
まあ教え子と言っていいのでしょう。
女子高校生の方と
3人でお食事をする機会がありました!

画像で紹介しましたが、
こちらは新宿にある
「いしかわ」という“石器料理”のお店。

石器料理って、何だ?
……ですが、
別にマンモスを食べるようなものでは
ありません。

韓国製だそうですが、
鉄板ならぬ「石板」で肉や魚介類を
その場で焼き、
食べさせてくれるんですね。

写真は牛肉ですが、
おいしくないわけがありませんよね。
すごい料理を食べたうえ、
お土産もいっぱいいただきました。
本当にありがとうございます!

じつは高校生の女性。
今年は某名門大学の
AO入試に挑戦するんですね。

AO入試というのは、
高校時代の活動内容に対する評価によって
入学を決めるもの。

彼女のテーマは、
「介護」ということで
いま実践も含めた、様々な学習をしています。

ですから意識の高さは、すごいですよね。
高校のころの自分が、
ちょっと恥ずかしくなる……(苦笑)

じつは入試のためには、
これを人前で発表するなど、
アウトプットする機会をもっとつくりたい
……ということで、
小畑先生から相談を受けたんですね。

ならば「賢者の会」で
その機会をつくってみようか……と
単純に思っています。

これ、すごいですね。
60回くらいの開催になりますが、
初の「女子高生講師」です。
よその勉強会にも、まずないのではないか。

まあ、メーンは小畑さんにやってもらうか
……と考えていますが、
ちゃんと決まったら、こちらは告知しますね。

「賢者の会」は別に
福祉系のことを学ぶ勉強会ではありません。
でも、よくよく関わってくださっている
方々を思い浮かべると、
「介護」の関連で仕事をしている人は
非常に多くいらっしゃいます。

あの方もそう、あの方もそう、
あの方も……。
あの方なんて、
本を書いているじゃないか……。

なので、
何か協力くださる方がいらっしゃれば、
ぜひお願いしたいとも思っています!





[夏川が出会った「できる人」たち]
2018,04,27, Fri 03:11
デキる人研究所ブログ 】 comments (x)

素直になるって、どういうことだろう?

夏川が読んだ本の紹介、
今日は「賢者の会」でもお馴染み、
編集者の Tanakaさんが企画した本ですね。

「素直さ」こそ最強の武器である
(秀和システム、本体1300円)

著者はご存じ、「銀座まるかん」の
斎藤一人さんです。

とにかく、
この方の本は、独特ですよね。

何だかバカバカしいことを
言われているようで、
あとからジンとくる……。
軽いようでいて、
じつは非常に深い教えを被っている。
安直なようでいて、内容は非常に密。

「わかる人はわかる」ということで、
やっぱり非常に売れているようです。

本書のテーマである
「素直さ」というもの。

一人さんはこれ、
「人の言うことを素直に聞く」
のでは、まったくない……と説いています。

「自分自身に対して、
いかに素直になるか」が、
人生において一番大事なことなんですね。

だから決して、
他人の言うことや
世の中の風潮に対して
安易に「素直」になってはいけない。

これは素直でもなんでもなく、
ただ心を偽っているだけなんです。

なんでも斎藤一人さんの弟子たちで
成功したのは、じつは
「一人さんと同じようにはしなかった人」
だとか。

上の立場でそう
言い切ってしまうのはすごいのですが、
学ぶたびに、教わるたびに
自分を打ち消していっても意味はない。
まず自分……というのが、
前提になければいけないわけです。

誰しもがそんなふうに
勝手勝手にやっていたら、
人間関係がボロボロになってしまうのでは?

そうではありません。
人は自分の思いに従うからこそ、
他人の思いを尊重できる。

自分を押し殺して
誰かが喜ぶように……と無理をするから、
かえって人に苛立ったり、
不満を抱えたりするようになるわけです。

簡単に読める本ですので、
ぜひどんなことを言っているのか?……と、
書店で手に取ってみてください!



[常識転換の読書術]