ガチャガチャで「火焔型土器」を手に入れる!

写真、私の著作
仕事ができる人の「日本史」入門
に乗せてみたのは、
縄文式土器……。
正確には「火焔型土器」と呼ばれる
燃えている火を象ったかのような
独特の土器……のミニチュアですね。

いまから5000年くらい前、
縄文中期の東日本で、つくられていました。

こちらはゴム製で200円で買えるもの。
じつは「カプセルトイ」
……コインを入れて回すと
カプセルに入ったオモチャが出る
いわゆる「ガチャガチャ」ですが、
「埴輪と土偶+土器&青銅器」
なんていうシリーズがあるんですね。

隣には
「コップのフチ子さん」がありましたが、
これは一体どれくらいの
人気があるのだろう?
よくもまあ、このコンセプトを
打ち出したものです(笑)

ただ、それでも縄文土器が出るならば、
当たった子どもは、
感動すべきかもしれません。

私の本にも書きましたが、
縄文土器と、
とくにこの「火焔型土器」は、
その昔の日本人がつくりだした
独特なアートであり、
世界でも異例の創造物です。

なんせ縄文土器自体が
世界で最古級の土器になりますが、
もっと異例なことは、
当時の日本は農耕を始めていないんです。

農業をやっていないのに、
土器だけ先行して生まれてきた。
農業をやっていないのに、
数百の住居が存在するような集落をつくり、
こんな土器をつくるような
職業集団まで出てくる文化をつくった。

こんな文化はそうそう、
世界にもありません。

それはドングリなどの木の実が豊富で、
採集と狩猟や漁猟だけで、
ある程度の人口を支えられるような
生活が可能だったから。

その文化の中で、
「土をこねて焼く」という単純な土器を
これだけ美しいアートにつくりあげよう
……という、
精神的な豊かさも生まれてきたんですね。

まあ、弥生時代とともに、
その文化は一新するのですが、
自然とともに生きてきた頃のスピリットは
現代の日本人にも、ちゃんと生きています。

そんな日本人の誇りとして、
このガチャガチャを見たら、
ぜひ何かのアイテムを手に入れてみて
くださいませです(笑)



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「アジア史」入門はこちら

「時間は増やせる」と考えてみよう

日曜日に開催した
「第51回・賢者の会」。

メーンは昨日に紹介した
評価の基準』の國武大紀さんでしたが、
じつは私も30分の
ミニ講義をさせていただきました。

新刊『時間を使う人、時間に使われる人
(本体1300円、きずな出版)
のお話ですね。

話せばキリのない本書の内容
……ですが、
いちばん読んだ皆さんに
考えてほしいことがあります。

それは本書のオープニングにあること。

まず本をめくれば、
<あなたの「時間の常識」を破壊する……>
という予告があり、
プロローグは
<あなたの「時間」は増やせます!>
という内容で始まります。

これは非常に重要だと思うんです。

というのも、
だいたいコンサルタント的な
時間管理術なり、生産性アップの話というのは、
たいてい、こう始まります。
「私たちの時間は誰にとっても24時間」
「とても限られています」

だから「限られた時間」を、
「どのように有効に使うか」という
「時間→行動」
という論理展開になるわけです。

もちろんそれを否定するつもりはありません。
だけれども、実際にいろんな分野で
大きな結果を出している人を見れば、
そういうふうに考えてないんです。

まず「やりたいこと」ありき。
それを「自分の人生」の中におしこんで、
どんな制約条件があろうとも、
時間をこじあけて実現してしまう……。

だからナポレオンやイチロー選手のように
20代くらいで
大偉業を達成してしまう人もいる。
坂本龍馬のように
短い人生で大きな功績を残す人もいる。
ピカソのように、
普通なら不可能な量の
作品を残してしまう人もいるわけです。
これらはすべて、
本の中で紹介している人物たちですね。

ですから
「時間ありき」で常識的に考えない。
「時間を増やす」という
逆転発想で目の前の仕事に立ち向かってみる!

昨日は
「ムダ」「優先順位」「イメージ」という
3ポイントでの説明をし、
また「速く文章を書くコツ」についても
述べさせていただきました。
これ、いつかもっと詳しくやると
いいかもですね(笑)

興味を持った方は、
ぜひぜひ本を手に取ってみていただければ、
私も非常に嬉しいです!



[賢者の会・賢者のビジネス研究所]

「第51回・賢者の会」を開催させていただきました

本日は品川にて
「第51回・賢者の会」を
開催させていただきました。
お集りいただいた皆様、
本当にありがとうございました!

今回のゲスト講師は、
5月末に
日本能率協会マネジメントセンターさんから
評価の基準
〜正しく評価される人が何気なくやっている小さな習慣

という本が発売される
國武大紀さん。

何より実直で優しい人柄が
そのまま表現に変換された、
親密に伝わる講義になりました。
普段、会社で働いている人も多かった本日。
皆さん自分のことに照らし合わせ、
深く納得されたようでした。

相手が自分を
評価してくれているかどうか?
結局のところ、
私たちは相手の心理を読むことなど
できません。
だから自分が
「評価されている」という感触を
様々な場面でつかみとっていくしか
ありません。

それを國武さんは、金銭や地位を超えた
「第3の報酬」と呼んでいますが、
次のような要素がポイントになります。

・相手との一体感
・承認されている感触
・貢献している実感
・成長への手応え

相手を観察し、
もっと踏み込んだコミュニケーションをとり、
柔軟に思考を切り替えていく……。
詳しくは本書を読んでほしいのですが、
どんな人間関係でも
ふだんの自分のあり方によって
他人から「正しい評価」を得ていくことが
できるんですね。

今回は「なるほど」のワークも実践。
これはやってみるといいかもしれません。

「私は◯◯ができない。
なぜなら××」

そんな自分自身の
コンプレックスのような文章を書いたあとで、
冷静な目で客観的に、
これを覆す事例を思い出してみるんです。

それでいかに私たちが、
自分自身にさえ
「正しい評価」をしていないかが
わかります。

自分に「正しい評価」をしていけば、
次第に人からも
「正しい評価」をもって
認められていくことができますよ!

さらなる秘訣は、
ぜひ本を手に取ってみてください。

次回、「賢者の会」は、
6月25日の予定。
また素晴らしいゲスト講師が登場しますよ!
楽しみにしてください。

画像は写真家の
山村巌さんに撮っていただいたものです!





[賢者の会・賢者のビジネス研究所]

「書いたこと」を人に伝えられる喜び

28日は14時30分から
「賢者の会」があります。

画像は講師・國武大紀さんの
評価の基準』と、
久しぶりに少しの時間をいただき
ミニセミナーをさせていただく
私の
時間を使う人、時間に使われる人』。
それに、おそらく空いていれば
今回も懇親会で使わせていただくだろう
品川「チャールストン」での
懇親会の風景を
組み合わさせていただきました。

まだドタ参加、歓迎しますよ!
https://www.facebook.com/events/1348258295243689/

今回は新刊のお話をするということで、
私もずっと自分の
『時間を使う人、時間に使われる人』を
再読し、簡単なまとめをしました。
なんだ結構、面白かったじゃないか(笑)
著者が言うのも何ですが、
いい本ですよ。これ!

ところで前々回の
「賢者の会」では、
セミナー講師の育成にも携わっている
一流のプロ講師が実践している話し方

加藤恵美さんが
お話ししてくださいました。
講師として成功するかどうかは、
結局のところ、
「どのくらい人にこのことを伝えたい」
という思いが強いかで決まる
……とのことでした。

私は文筆業をしている立場で、
どちらかといえば
「このテーマで書いてほしい」という
依頼を受けて本を書きます。

だから最初から
「伝えたいことを書く」わけではありませんが、
やっぱり1冊を書くと、
「その内容を多くの人に伝えたい」
という思いは非常に強くなるんです。

だからでしょうか。
「賢者の会」では本を書いた人が
講師をすることが多くなっていますが、
皆さん低予算にもかかわらず
すすんで情熱的に、
強い思いを語ってくださいます。

私たちにはありがたいことですが、
だから話を聞くことは、
本当に素晴らしい体験になるんですね。

とくに今回の國武さんは、
初めての著書を発表したあと。
楽しみにしたいです。

でも、それは「著者」として
本を出せる人だけの特権ではないと思います。
自分の思いを何かしら真剣に書いてみる。
書いたものをもう一度、読み、
「自分の思い」を再確認してみる……。

するとやっぱり、
「誰かに伝えたい」という
気持ちは絶対に強く感じるはず。
やってみればわかりますよ!!

ですから「賢者の会」では、
多くの人に話す機会を与えたいし、
その気になれば小冊子や電子書籍で、
書いたものを発表する機会も
皆さんに提供したいと思っています。
ぜひぜひ私たちを効果的に活用ください。

じつはそれも
「時間活用」だと私は思っているんです。
ヒントは坂本龍馬……。
本を読んだ人はわかるかもです(笑)



[賢者の会・賢者のビジネス研究所]

築地本願寺の秘密

写真の何とも言えない
不思議な雰囲気の巨大な建物。
怪しい宗教ではない。
れっきとした伝統的な仏教のお寺。

お馴染みな人にはお馴染みでしょう。
「築地本願寺」ですね。
先日、近くに来たついでに
新刊」のヒットと、
賢者の会」の盛況を祈願をしてきました。
ちょうど大規模な改修工事中なんですね。

京都にある西本願寺の東京分院。
でありながら、
ヒンズー教やイスラム教の影響を
受けたかのような
オリエンタルなたたずまい。
中にはステンドグラスがあったり、
パイプオルガンが置かれていたりもします。

この建物になったのは、
じつは関東大震災で、
建物が再建されてからなんですね。
でも、このデザインはゆるされるのか?

もちろんOK、というのも、
そもそも「本願寺」自体が
掟破りで生まれたような
アウトロー仏教です。

発端はご存じ、親鸞さんですね。
鎌倉時代のお坊さんでしたが、
貧困に苦しむ民衆のため
「ただ南無阿弥陀仏を唱えなさい」
「どんな悪人だって救われるんだよ」
……と、お寺も持たず
癒しを与える仏教の布教に努めました。

その教えは、
有名な『歎異鈔』などに紹介されます。

主流派からはほとんど
「異端」のレッテルを貼られるのですが、
やがて教えは「浄土真宗」となり、
民衆を巻き込んだ
強大な勢力となりました。

戦国時代などは
お坊さんと民衆で武力を持ち、
北陸地方を基盤として、
かの織田信長とも張り合っていましたね。

つまり本願寺というのは、
そんなお寺。
民衆の味方で、
基本的には誰に逆らってでも
困った人は助けてくれる……のが、
その発端だったわけです。

だとしたら、伝統の形に従わないのが
むしろその原型。
だからこのデザインなのかはわかりませんが、
格式高いばかりが
日本の伝統でない……ということも、
私たちは心得ておきたいですね!



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「日本史」入門はこちら