なぜ2月は28日までなのか?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

2月も今日で終わり、28日になりましたね。

でも不思議に思いませんか?
なぜ31日とか30日の月があるのに、
2月だけ28日までで、たまに29日なのか?
平等に30日の月を増やせば
よかったのではないか?

その理由はといえば、
古代ローマにまでさかのぼるようです。
じつは当時、2月の月は年末で、
3月=1月の、年初め。
なので最後の2月に、1年がずれないよう
調整をしたわけですね。

ただ、これはそうそう簡単ではありませんでした。

じつはローマは紀元前8世紀に
ロムルス王が統一して誕生したのですが、
国家統一のため、
早々に新しい暦をつくっています。

ところがこれ、1年が300日くらいで
かなり適当だったんです。
このままではどんどん
月日と実際の差が開いていってしまう。

で、彼の後を継いだ2代目の王が
最先端の科学力をもっていた
エジプトを参考にして
新しい暦をつくりました。
これが「ヌマ暦」というものです。

そのヌマ暦は、
「偶数は縁起が悪い」ということで
1年を13カ月にして31日の月と
29日の月に分けます。
現在の「2月=フェブラリー」が
調整の月で
23日の年と29日の年があったようです。

この暦は長く使われましたが、
やがてかのジュリアス・シーザーが。
「ユリウス暦」という
より正確な暦を導入します。

ただ、月の名前などは
ヌマ暦のときのものを残したので
閏年のある月=2月は
そのまま継続された。
これが2000年ののちの現在まで
ずっと踏襲されているわけですね。

そんなふうに大した根拠もない
2月の短い月間。

でき上がっているものに
皆が合わせてしまって
変えるのも面倒だからこのままでいいか
……と。
案外とそれで収まってしまうのが、
世の中の法則なんでしょうね。



[効率無視の仕事術]
コメントはありません。
| | url | | |