「カモの水かき」は本当か?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

コロナ禍の最近で増えている
天現寺橋の橋の下の古川の風景ですね。
ちょうどすぐ近くにカモの集団がいましたので、
いい機会です。
「カモの水かき」が本当なのか、
しばらく観察をしていました。

よく言いますよね。
優雅に泳いでいる水鳥。
でも、水面下ではかなりじたばたと
足を動かして泳いでいる。

誰かが簡単にそうにやっていることも、
じつは案外と
人知れない努力をしているのだ
……というたとえ。
「カモの水かき」という諺になっています。

実際、見ていてわかったことは、
確かに足の格好の問題なのでしょう。
泳ぐときにじたばたしているのは
事実です。

ただ、それ以上に、
カモってかなりエサを取るのが
ヘタクソなのではないか……?

見ていると何度も水面下に潜るのですが、
まともに魚がとれていることなど
ほとんどなさそうです。

表情はほとんど変わらないけれど、
意外とイライラする人生を
送っているのではないか?
カモも大変だねえ。

かくいう私も、今日は1日、
細かいデータチェックの作業に
追われることになりました。
ベテランになっても、
そんなことをやらざるを得なくなることは
やはりあります。

みんな同じなのでしょう。

だいたいSNSというのは、
「いいところ」ばかりを切り取って
いかにも自慢げにアピールするメディアです。

でも、実際は1つの動画を
何度もやり直していたり。
簡単にやっていることでも、
何度もの思考錯誤を経て実現したものだったり。
私たちが知らないところで
努力している方は
やはり多いんだろうと思います。

リアルな接触が少なくなると、
ついつい忘れがちになってしまうこと。

でも、単に「あの人はすごい」とか、
「羨ましい」ではなく、
そういう部分まで想像して
他人の仕事は見ていかなければ
いけないですよね。



[効率無視の仕事術]
コメントはありません。
| | url | | |