パリの空の下

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

「私は私。
3歳でも、86歳でも、変わりません」

フランス、シャンソンの大御所、
ジュリエット・グレコさんの言葉ですね。

人生を通じて世界最高峰の歌手であり続け、
「生きる世界遺産」とまで言われた方。
93歳の人生を閉じたそうです。
2016年に脳卒中で引退していたんですね。

『パリの空の下』『枯葉』など、
数多くの代表曲があるグレコさんですが、
一貫して黒い服を身にまとっていたことでも
知られていました。

なんでもその理由が、
自分に対するコンプレックスだったとか。

なんせ戦時下のフランスで育った
グレコさんは、
母親がレジスタンスに参加していた関係で、
10代のころに
強制収容所に入れられています。

「年齢がまだ若い」ということで
16歳で収容所を出ますが、
自分に何ができるかわからない。
おまけに生活も貧窮していて、
男性ものの古着を
ずっと身につけていたそうです。

そんな彼女の歌の才能を見抜いたのは、
大作家のジャン・ポール・サルトルでした。

「それだけが私にできることだ」
そうやって人生の意味を見出した彼女は、
やがて戦後復興期のフランスを象徴する
人気歌手となっていったわけです。

自分は風変わりで、
みすぼらしい女の子に過ぎない。
でも、歌う人生を歩む人間として、
たまたま選ばれた。
ならば、その「歌」という手段で
戦い続ける……。

そうして86歳まで現役、
生涯を通してレコーディングした曲も
500曲を超えていたそうです。
日本でもたびたび、
シャンソンのブームを起こしていたそうです。

誰だってみんな、
絶対的な自信を持っているわけではない。
でも、
「これだ」という生きる意味を見つけたら、
必死にそれをもって
人生と格闘するしかない。
成功だとか失敗だとかは、
他人の判断に任せればいいんだ……と。

結果的には大スターになった人生ですが、
ごくごく普通の私たちが「今やるべきこと」を
教えてくれている気がします。



Words of Wisdom〜君はこの言葉を知っているか?
コメントはありません。
| | url | | |