便利さとリスクとフットワーク

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

今日は報道番組を観たあとで、
慌てて銀行に記帳に行ってしまいました。

例の「ドコモ口座」の問題ですね。

さすがに私が取引しているのは、
大手銀行の三井住友さん。
セキュリティは万全だろうけど、
やはり不安にはなる。

だから早めに確認を……と。
銀行に行くと、
普段より多くの人が来ていました。
そうなりますよね。

困ったことに、
会社口座を確認しようとすると、
私の場合は駅の近くの銀行まで
わざわざ出向かざるを得ない。

そういうときのために、
ネット上で確認できるように
手続きをしなきゃな……と
思っているのですが、
いつも億劫がってしまう。

だいたい今回のような情報漏れと
不正の操作があれば、
ネットに個人情報をあげるのも
考えものにはなってしまいますよね。

不安だから口座をすぐ確認するために、
不安なネット上に情報を開示する。
一体どっちが安全なのだか、
よくわかりません。

いずれにしろ、いまの世の中は
あらゆるところに個人情報を
登録しなければ、
生きにくい状況にはなっています。

マイナンバーに、
キャッシュレス決済にと、
これから個人情報をどこかに預ける機会は、
ますます増えていくでしょう。
そのたびに、いつもその情報を
盗もうとする輩は現われるのでしょう。

ならば、すべてお金はタンス預金で
……なんて考えたら、
それこそ泥棒のリスクもあれば、
火事であったり、
自然災害ですべて失うリスクも
抱えるわけです。

おそらく大切なのは、
すべて私たちが選択することには、
必ずリスクはつきものだ、ということ。

それらを想定したうえで、
自分の考える最善を選び、
なおかつ「いざ」という場合にも備えておく。

1つの方法に頼らず、
別の選択肢をつねに用意し、
何かあれば速やかに
リスクの少ないほうに切り替える
……ということが大事ですね。

銀行にしょっちゅう行く私ですが、
案外とそこに出向くのは、
楽しい道のり。
画像は通り道にある緑道です!



[効率無視の仕事術]
コメントはありません。
| | url | | |