それは誰にでもあること……かも!?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

緊急事態宣言の出された今日、
気づくと私は、
「コホン、コホン」と
咳をした……。

そういえば何となく
気分が悪い……ような気がする。
いよいよ、そのときが来たのか?
なんか体の中で
ウィルスが走り回っている気がする。
これはヤバいなあ。

何よりまずは体温を測ろう!

そこで薬箱を探すと、
耳に入れて使う
デジタルの体温計がありました。
測ってみると、なんと88度!

そんなに熱が?……あるわけない。

これ、液晶が壊れているでしょ?

いろいろ調べましたが、
どうも復帰しません。

それで心配した母親が、
近くのドラックストアに
体温計を買いに行ってくれます。

しかし私たちは、
衝撃の事実を知ることになりました。

マスクや消毒液だけではない。
いま、体温計も、
じつは不足していたんですね。
まったく気にとめてませんでした。
なんでなんだろう……?

なんとかアマゾンにはあったから注文。

その間、いろんなことを考えました。

「すぐには医者にいけないから、
まずは家で様子を見るんだろうな」

妹と話し、母親をそっちの家で
預かってくれないかと相談。

さて、これから何をしよう?

「誰かに何か頼むことはないか?」
「闘病生活をこれから、
文章に綴っていくのか?」
「東横インより、
アパホテルのほうがいいなあ」
「テクモってあれ、
つけるの痛いのかなあ〜?」

そんなことを考えていると
母親がひと言。。
「体温計。カバンの中に入ってた!」

とにかく、さっそく体温を測ります。

36.4度……。平温じゃん。

バタバタしたあとで落ち着くと、
あれっ? 咳なんて出てないし、
いつのまにか体調もまったく
いつもと変わらない。

さっきまで体の中で
暴れていたように感じていた
ウィルスの気配も、一体どこへ行った?

もちろん予断はゆるしません。
しばらく体調管理をして様子を見ますが、
案外とこんなことって
みんなに起こるかもしれませんね。

最近、朝と夜の気温差が大きいし、
花粉も飛び回っています。
疑わしい健康状態には、
誰しもなりやすいでしょう。

そんなとき落ち着いて対処できるように。
私の場合の体温計のように、
必要なものが不足していないか?
いまはしっかり確認して、
備えておくことは大切ですね。

頑張ってこの厳しい時期、
乗り越えていきましょう!



[コロナ後の未来へ]
コメントはありません。
| | url | | |