名優がいかに映画をつくったか?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

今月の5日なりますが、
往年の名優、カーク・ダグラスさんが
この世を去りました。
103歳の長寿だったそうですから、
大往生ということでしょうね。

多くの人にとっては、息子さんの
マイケル・ダグラスさんのほうが
リアルタイムかもしれません。

でも、同じように俳優であり、
プロデューサーでもあった
カーク・ダグラスさん。
有名な映画を数々つくっています。

その1つに、
『スパルタカス』という作品があります。

古代ローマ時代、実際にあった
剣闘士奴隷たちの反乱を描いたもの。

奴隷たちがローマ軍に敗北し、
捕らえられとき、
「誰が首謀者のスパルタカスだ?」
と問われたとき、
皆がリーダーをかばって
「俺がスパルタカスだ!」と
名乗り出すシーンは有名ですね。

自由を求めて戦ったスパルタカス。
この作品は、カーク・ダグラス本人が
巨額の費用をはたいて、
「何としても映画化する」と、
つくりあげた作品だったそうです。

そのために彼は、
当時の「赤狩り」で逮捕までされた
ダルトン・トランポという脚本家と、
当時まだ若手であり、
「天才だけど、性格に難あり」とされていた
スタンリー・キューブリック監督を
あえて起用したんですね。
『2001年宇宙の旅』が生まれる
8年前のことでした。

お陰で映画の制作は
揉めに揉めたようですが、
とくにキューブリック監督とケンカしながら、
最終的にはスゴい作品が出来上がりました。
いまも評価の高い映画になっています。

そもそもユダヤ系ロシア人という
特殊な生まれで、
差別を受けながら育ってきた
カーク・ダグラスさん。

レスラーをやり、それから軍に入り、
戦争の後で映画デビューをした
……という経歴の持ち主です。

だからこそ自由を求めて戦う人間の
生き様を描きたかったのでしょう。
映画の中でスパルタカスは
最後に磔にされますが、
それも誇りをもって、自ら選んだ道。

「人はしょせん、自分で自分の
背中を押すしかないのだ」

人生は長さでなく、密度なんでしょうね。



Words of Wisdom〜君はこの言葉を知っているか?
2020,02,17, Mon 03:20
デキる人研究所ブログ 】 comments (x)