イチョウ並木に感謝をこめて

こちらは朝の白金台プラチナ通り。
今年は台風で心配しましたが、
見事にイチョウは、
美しい黄色に染まってくれました。

この時期のこの通りは、
本当に美しいですね。

東京のシンボルでもある
イチョウですが、
じつは絶命危惧種である
……ということは、
去年のブログに書きました。

世界的にはそれほど
多くある樹木ではありません。
日本は一生懸命、
その木を守り続けているんですね。

春は明治通りの桜、
秋から冬はこちらのイチョウと、
近所からあまり動かなくても
自然は素晴らしい変化を
演出してくれます。

こういう時期になると、
四季のある日本に生まれたことに、
本当に感謝しなければいけないな

……と思います。

ところが、そんな日本が
いまや自然破壊の筆頭国のような
レッテルを貼られてしまった。

化石燃料……については、
いろいろ異論もあるでしょうが、
せっかくの自然を意識した
再生可能エネルギー開発を
怠っていたのは事実。

プラスチックゴミを大量に出しているのも
また事実。
反省しなければならない点は多いかもです。

先日は日本の若者の読解力が、
先進国中15位にまで落ちた
……という話をしました。
出版人としては痛い話しですが、
あの読書率の高かった日本が、
いまは「本を読まない国」に
様変わりしているんですね。

そもそも江戸時代を見れば、
あえて文明の進化を受け入れず
エコエネルギーに徹してきた日本。

その傍ら、下層の武士や町人にも
読み書きの習得を徹底しました。

だから日本人は
宮本武蔵のような武闘派の人も
出版ができるし、
農民もその気になれば本を書ける。
明治時代の読書率は世界ナンバーワンです。

そんな日本が、
いま大きく変わってしまっている。
自然はこんなに変わらないのに。
私たちはいま、未来への危機感を
大きく持たなければいけない時期
かもしれません。

やっぱり「武士道」だな……。うん。
古典の普及は私も復活させよう!



[公私混同の時間]
コメントはありません。
| | url | | |