「不自由」を理解する

12月9日というのは、
「障害者の日」なんだそうです。

なんでも1975年の国連総会で、
この日に
「障害者の権利宣言」というのが
採択されました。

その日を記念して
「障害者の日」ができる。
じつは3日が「国際障害者デー」で、
ずっと
「障害者週間」だったそうですね。

だから特別に障害者を意識しよう
……というのは間違いでしょう。

ふだんから私たち、
「そういうことで不自由になる人がいる」
ということに
もっと配慮しないといけないですよね。

前に足の悪い母親と、
地下に降りたところにある
ファストフード店に行ったときです。、

母親は手すりさえあれば
階段を上がれるのですが、
手すりが壁づたいにあるものですから、
そこに自転車を止める人が
結構いるんです。

本当はこれ違反なんですが、
隅だからいいだろうと、
みんなやってしまう。
「足が不自由な人がそこを使う」
ということが
頭から抜けているんですね。

自転車をどかしているところに
当人が来たので、
思わず、「置くなら堂々と
真ん中に置いてください」と
文句を言ってしまいました(笑)

別にあらためて権利を主張されなくていい。
障害者はただ、障害があって
何かが不便になっているだけ。

日本語がわからない外国人に
身振りで示すように。
重い荷物を女性に持たせず
男性が持ってあげるように。
ただ、「当然の配慮」として、
健常者はマナーをもって平等に
「不自由」をかばってあげるようにしたいですね。

画像は来年のオリンピック、
正式種目となったサーフィンに
選手として出るのだろうか……?

パラリンピックじゃないですよ。
片腕のプロのサーファー。
ペサニー・ハミルトンさん。

子どものときにサメに襲われ
左腕を失ったのですが、
それでも努力してサーファーになりました。
映画にもなっていますね。
スゴい人がいるものです!



[公私混同の時間]
コメントはありません。
| | url | | |