編集者さんとの飲み会

画像は浜松町の
貿易センタービル前のテラスから見た
東京タワー。

今日は久々でしたが、
某出版社の編集者さんと
飲み会をする機会がありました。

なんでも、
いままでいた部署が事業撤退となり、
来年からは新規に立ち上がる
新しい部署で仕事をすることに
なったそうです。

ずっとやっていた仕事を
手放さなきゃいけなくなったことへの
不満はある。
でも、いまはこれから立ち上げる
新しい仕事へ集中し、
前向きに戦略を立てているところでしたね。

そういえば私も、
かつて小さな出版社にいたとき、
業績が低迷していて
「何とか新しい企画で再生しよう」と、
編集者皆で話し合って
思考錯誤したことがありました。

いろいろあのときは不満もあったけど、
それでも何か楽しかったなあ……。

当人は大変なのでしょうが、
ちょっと羨ましくなりましたね。

私はサラリーマンだった時代、
3回くらい転職をしています。

そのときはだいたい、
小さな会社から大きな会社へ。
正確に言えば、いちばん最初の会社が
いちばん規模が大きかったのですが、
出版社のステータスは低い。

なので、どこに行っても、
自分は「若輩者」というか、
周りから舐められているだろうなあ……と
立場の弱さを感じてきました。

だから何より
「自分がやりたい仕事」よりも、
「会社に売上をつくれる仕事」を
先にしようと考えていた。

まず会社でのポジションを上げることを
優先してきたんですね。

とても窮屈ではあるかもしれませんが、
結果的には学んだことも
大きかった気がします。
まあ、反動からか、
独立したらある意味、
「やりたい放題」ですが……。

昔とは様相の変わった出版業界、
でも、チャンスはまだまだ
たくさんあると思います。

試行錯誤しながら、
みんなで頑張っていけたら
いいですよね!



[夏川が出会った「できる人」たち]
コメントはありません。
| | url | | |