「やっぱり読書っていいな!」と思わせてくれる本

朝方の更新になりましたが、
あらためて、こちらの本を
紹介します!

読む薬
(五十嵐良雄著、アチーブメント出版)

翻訳家の寺田真理子さんが
主宰している
「日本読書療法学会」が
監修をしている本。

本体1300円で発売中です。

この本、何より冒頭のメッセージが
すごい!!

「奇跡のスーパーフード、
風変わりな食事法、
ブームになったエクササイズ……。
ありとあらゆるものを試して、
もしかしたら挫折してしまった
かもしれない。
そんな人こそ、安心してほしい。
読書には驚くべき健康効果がある」

そして、その「驚くべき効果」です!

1 IQを高める
2 情緒を発達させる
3 認知機能の低下を防ぐ
4 うつの予防になる
5 寿命を延ばす
6 ストレスを軽減する
7 リラックスして眠りがよくなる
8 人生の幸福度を上げる
9 お金持ちになる

これは本好きであれば、
目を通したくなりますよね。

本書はおもに
・脳を鍛える
・認知症のリスクを減らす
・うつ病を治療する
・心をリラックスさせる

といった問題に対し、
「読書がどれくらい効くか」を
科学的に検証した本。
ですから「健康書」と
言えるのかもしれませんね。

同時に世界で行なわれている
さまざまな「読む健康法」も
紹介されています。
日本は少し遅れているかもしれません。

いずれにしろ、
「本っていいな」と再認識するためにも、
業界人はもちろん、
人に本を薦めたい人は
何より読んでおいてほしい本。

私はこの本を読み、
「自分も『本の本』を書いてみたいな!」
という気持ちに強くさせられました。
ちょっと企画化してみよう!



[常識転換の読書術]
コメントはありません。
| | url | | |