「師走」って一体何?

12月になりました。
本当に早いですよね。
まったく嫌になってしまうくらい(笑)

「令和」になったと思ったら、
早くも「元年」が
終わろうとしているわけですから。

ところで12月は、古い言い方をすれば、
「師走(しわす)」です。
ほかの月以上に、
この古い呼び名は浸透していますね。

でも、よく考えると、
この「師走」って一体何なのだろう?

誰が走るんだろうか?
確かにこの時期、
会社の上司が忙しそうではあったが……?

じつは「しわす」という言葉、
平安時代からあったようですが、
その意味はよくわかっていないそうです。

ただ、よく言われるのは、
「師=お坊さん」ということ。

年の瀬に加え、12月は仏事が多く、
年末には除夜の鐘もある。
そして初詣の参拝者を迎えます……。

といって平安時代以前から
それほどだったのかはわかりませんが、
とにかくお坊さんが走るほど忙しい。
だから「師走」になったというものです。

ただ、この「師走」は当て字で、
本来は「年果つ(としはつ)」が
略されて、
「しはつ→しわす」
になったという話もありますね。

でも、他の月は、
「霜月」だったり
「神無月」だったりするわけです。
同じように「◯◯月」と
言わなくていいのだろうか?

じつはちゃんと、
これに対応した呼び名もあるんですね。
「極月(ごくづき)というもの。

なるほどこっちはわかりやすい。
ただ「しわす」のほうが、
いつのまにかイメージで
定着してしまったようです。

そう、やっぱりイメージどおり、
この月は「忙しい」んです。

いい年を迎えるために、
あとひと月、気合いを入れて
がんばっていきましょう!!



[公私混同の時間]
コメントはありません。
| | url | | |