心の備え、「狩野川台風」を知っておく

巨大な台風、19号が接近しています。

私が仕事でつかっている部屋も、
久しぶりに全方位で雨戸を閉めました。
なんだか隔離されたみたいで
落ち着きませんが、
とくに東海と関東は直撃しそうだ
……とのこと。

風呂に水を蓄え、
懐中電灯は電池を入れ替える。
まあそんなふうに、
最善を尽くして注意しましょうね。

今回の台風、過去の「狩野川台風」と
似ているとのこと。
「アイダ」という名で知られ、
死者や行方不明者を1200人以上も出した、
大変な台風だったとのこと。

私が生まれるずっと前のことですが、
気になったので調べてみました。

「似ている」というのは、
規模や風速、それに何より「進路」ですね。

「狩野川台風」は1958年の9月に発生し、
27日に神奈川県に上陸。
その影響で伊豆の狩野川が氾濫し、
大きな被害を生み出しました。

ということは、台風による被害、
1200人の死者のうち、1000人くらいは、
この水害によるものだったようです。

なぜ、そんなことが起こったのかといえば、
高度経済成長の時代です。
強引に宅地造成を進めていた当時の伊豆は、
河川の管理が不十分だったそうですね。

それに避難の失敗もあります。

1000人の被害者のうち、
半分くらいの人数は、
旧修善寺町で起こったとのこと。

ここでは中学校が避難場所に
なっていたのですが、
洪水がそこを直撃したんですね。
避難者が一斉に流されてしまいました。

ちょうど東日本大震災のとき、
よりにもよって津波が襲ってきそうな
海岸の学校に避難したところがありました。
宮城県と石巻市が責任をとられ、
賠償金を払うことになりましたが、
これと同じように
「避難の失敗」もあったのでしょうね。

人災……とまで
言えるかどうかはわかりませんが、
狩野川台風のときにはまだ
都市時代における台風への経験値が低く、
危険性を認識できていなかった部分が
あるのでしょう。

大きな被害は判断ミスからも起こります。
その点でつねに危険に備え、
無理はせず、
安全な場所にできるだけいるようにする。

そういう気構えでいましょうね。
早く立ち去ってもらいたいものです!



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「日本史」入門はこちら
コメントはありません。
| | url | | |