ネガティブとポジティブの使い分け

台風が通り過ぎた日、
晴れてきたので朝のジョギングに行った
……のですが、
いつものコースを通ろうとして
愕然としました。

道が塞がっているんだけど……。

見てのとおり、行く手には大木です。
台風で完全に倒れたのではなく、
倒れかかったのを放っておくと危ないから
伐採したようですね。

あまり人が通る場所でもないから、
特別な表示もありませんでした。
仕方なく迂回をすることになります。

ともあれ、こんな被害が結構でた、
今回の台風。
千葉のほうではまだ停電が続いていますね。
本当に早く復旧してほしいものです。

なんとなくですが、この被害。
都会からすぐ近くだし、
別に洪水とか建物の倒壊とか、
大きな被害が出ているわけでもない。

だから別に大丈夫だろう!
……という感じで、行政も電機会社も
少し対応が遅れてしまっているように
見えたりもします。

実際、道をへだてた向こうは
電気が通っていますから、
素人の私などは
ものすごく長い延長コードをもってくれば、
何とかなるのではと思ってしまう。

しかし復旧が遅れ、
この暑さが災いして
熱中症で亡くなる人も出てきている。
大変なことになっています。

よくポジティブシンキングの効用が
いわれますが、
確かに「隕石が落ちるぞ」なんていう
どうしようもない場合は、
私たちは「何とかなるさ」で
メンタルを保つ必要がある。

ただ今回のように
現実対応が可能なケースの場合、
「こうなったらどうしよう」
「ひょっとしたら、この状態はヤバいかも」と、
ネガティブに考えたほうが
結果的にはうまくいくことが多くあります。

ひょっとして、この木、
倒れるかもしれないよね。
そこに人が通ってたりしたら、
これマズいんじゃない?
じゃあ、最悪な場合に備えて、
切ってしまおうか……と。

そんな感じですね。

「大したことない」と思うときこそ、
ちょっとネガティブ思考をしてみる。
仕事では結構、
必要な考え方かもしれません。



[効率無視の仕事術]
コメントはありません。
| | url | | |