創造力をいかにお金にするか?

今日は久々に夏川が読んだ本の紹介!

そういえばずっと、
「本を紹介する」という業界人にとって
基本的なことをサボっていました。

実際、「なかなか本を読めていない」
ということも事実ですが、
悪い徴候ですよね。
読書会の話もどこかに行ってしまったし、
少し考え直さなければ……。

ということで、
少し本は古いものになりますが、
ビジネス作家らしく今回は
MAKERS』(NHK出版)
というもの。

いまどきの製造業の可能性
……について書かれた本ですね。
著者は「ロングテール」という言葉を生み出した
ビジネス作家。
クリス・アンダーソンさんです。

製造業について、
とくに日本の現在は
あまり明るい声を聞かないでしょう。
手でモノをつくる時代は、
もう終わっている……。

でも、クリスさんは
こんな例を紹介しています。

サンフランシスコに住んでいた
アレックス・アンドンさん、という人の話です。
彼は突然の思いつきで会社を辞め、
突き動かされたように
「あるもの」をつくったんです。

一体何か?
「クラゲを飼うことができる水槽」
なんですね。
これで当人の愛するクラゲを
自宅でも飼うことができる。
会社を辞めた甲斐があった。

いや、大丈夫なの?……ですが、
彼は同じように、
世にはクラゲを愛して止まない人が、
必ずいると信じたんですね。

だから水槽を事業にしたいけれど、
そんなお金はどこにもない。

そこで現在でいう
「クラウドファンディング」を
行なったわけです。

「これでクラゲの可愛さを
もっと世の中の人に知ってもらいましょう!
協力してくれた方には、
安く水槽も提供します!」

結果、彼は300人以上の支援者を得て、
1500万円くらいの資金を
獲得したわけです。
彼に共感し、投資した人が、
それだけいたんですね。

これは製造業に限らず、
文章を書くのでも、アートを生むのでも
同じなのかもしれません。

つくりだすのは結局、「夢」!

それをいかにアピールし、
皆にはたらきかけていく。
協力者さえ集めていけば、
いまの時代は
飛躍できる可能性が無限にあるのでしょう。



[常識転換の読書術]
コメントはありません。
| | url | | |