やっぱり優しいメガネ屋さん

金沢から帰るとき、
じつは1つ失敗をしてしまいました。

ベッドの上にメガネを置いたのに気づかず、
のっかってしまったんですね(苦笑)。
レンズがフレームから
はずれてしまいました、

慌てて、なんとかはめこむ。
微妙に固定はできてテープで補強もした。
でも、運転中にもし、
ポロッとレンズが落ちたりしたら
一大事です。

幸いにも、じつはちゃんと
度の入ったサングラスを
車には備えています。
帰りはそれで運転してきました。

で、本体のメガネは
どうにしかしなければなりません。
この夏休みの時期に「開いているかな?」と
近所のメガネ屋に行くと、
ちゃんと営業している。

「貸してください」と預け、
それから5分から10分くらい。
ちゃんと修理してくださいました。

「お代は?」
「いいですよ。これくらいは!
また、いつでも来てください」

それでタダ客を、ちゃんと出口まで送って
対応してくれました。

じつはこのメガネ屋さんで
修理をしてもらうのは、
今回で2回目です。

前回もやはり無料。
ほとんどお金を払ったことが
ありません。
それでもちゃんと営業してくれる。
いい店だなと、思ってしまいますよね。

「そろそろ限界かもしれませんね。
フレームにサビが出てきています」

なるほど、それもごもっとも。
そろそろメガネを新調しないといけないか。

だとすると、このお店で買わなきゃな
……と思いますから、
本当は商売上手なのかもしれない。

潜在顧客こそ、
丁寧に対応しなければいけない。
ビジネスの基本なんでしょうね。
見習いたいものである!



[夏川が出会った「できる人」たち]
コメントはありません。
| | url | | |