道志村ネイチャーランド・オム、長い取り組みの成果!

本日は大手町タワー・JXビル、
3×3Labで行なわれている
道志村「養老の森」プロジェクトの展示に
立ち寄らせていただきました。

「養老の森」プロジェクトとは、
私もお世話になっている
山梨県道志村のキャンプ場
「ネイチャーランド・オム」が
あの養老孟司先生と組み、
里山の保護運動を主宰しているもの。

「賢者の会」に、
広報運動をしている大田さんや
いまはスタッフをしている
キハさんがよくいらしてくださる関係で、
私も何度か道志村へ
お邪魔させてもらっています。

まあ、ネイチャーランド・オムでは、
キャンプ場の自然を生かして
いろんなことをしているのですが、
養老先生といえば
解剖学者であるとともに、
昆虫の研究家でもある。

それで今回は、
プロジェクトの5周年を記念し、
長くこの地で
昆虫などの観察をしてきた成果を
一気にお披露目しているわけです。
トークイベントと展示が主な内容になります。

なんせ甲虫だけで、
1124種が観測されている
というこの場所。
場内には標本だけでなく、
ミヤマクワガタやカブトムシ、
それにアメンボなども
ちゃんと出張されておりました(笑)

それにしても感動したのは、
この「場所」。

皇居の大手門の手前の
大きなスペース。
120名が入れるセミナールームに
ワーキングルームも備えている施設。

この場所に、お世話になってきた
道志村が進出してきている
……というだけで、
取り組みも大々的な活動に
なってきたんだな……と、
実感しますよね。

「賢者の会」からも多くの方が
道志のほうを訪ねるようになりました。
これから私も東京と
かの地をつなぎながら、
いろんなイベントを紹介していけたら
いいですね。





[賢者の会・賢者のビジネス研究所]
コメントはありません。
| | url | | |