くま?のガードレールが子どもを守る!?

近くを通って、
「おやっ?」と思った、この光景です。

道の両側。
もともとガードレールがなかったのか、
あるいは工事中なのか?

それがない代わりに、
鉄パイプが設置されています。

そしてそれを支えるのは、
熊……ですかね?

動物のキャラが、
ズラズラズラズラと道の両側に
並んでいます。
ちょっと不思議な光景ですよね。
これ(笑)

その理由は
正面の建物にあるのでしょう。
小学校……というか、
じつは中学校も一緒になっています。

小さな子どもたちが道を出ないよう、
クマの愛着ある形で
しっかり守るということなのでしょう。

この道、私も車でよく通りますが、
かなりの急カーブです。
数年前は死亡事故も起こりました。

それでいて、狭い道ですから、
子どもが道をはみだすと怖い。
それでこんな仕掛けを
ちゃんとつくっているわけですね。

このクマは、
本格的なガードレールができると、
撤去されるのだろうか?

なんかキャラを残すなり、
工夫をするなりしてもらいたいな
……と思うのは、
正直、子どものほうは
「可愛いからどう」ということも
ないと思うんです。

真面目な子どもは
どんなガードレールでもルールを守るし、
そうでない子どもは、
どんな道でも飛び出したりするでしょう。

ただ、車の運転手からすれば、
このガードレールがあると、
やっぱり警戒しますよね。
「子どもがいるかもしれないぞ」と。

最近は子どもが犠牲になる
事故もありましたが、
「通学路」とか「子どもがいるかもしれない」
という表示には、
けっこう運転の荒い人も注意深くなることは
多いと思います。

いちばん運転していて、
怖いところですからね。

ならば子どもが多いところには、
その旨をしっかり知らせたほうがいい。

だから、このガードレールのアイデアは、
けっこう効果的なんじゃないだろうか……?



[効率無視の仕事術]
コメントはありません。
| | url | | |