イラストが上手になる方法

昨日に横浜のファミレスで行なった
「アートセラピー」の続きです。

単純に「色を塗る」という
ワークは紹介しましたが、
やり方はいろいろあるようですね。

次にやってみたのが、
「スタンプ」のワーク。

いろんなものに絵の具をつけて、
スタンプのように押して
1つの絵をつくる
……というもの。

ただ、どんなものがいいのか
よくわからない。
いろんな小物と、
100円ショップで粘土を
買ってみました。

ただ、イメージのようには
うまくいかないですね(笑)

木のようなものを描き、
キラキラした絵の具を割り箸で
ポコポコと押していくと、
ちょっとクリスマスツリーみたいに
神秘的になる。
これもアイデアですねえ。

最後にトライしたのは、
イラストのレッスン。
こちらは「セラピー」というよりも、
もっと実用的かもしれません。

Watanabeがキャラとして使用している、
「RAAKO」を、見よう見まねで
描いてみました。

イラストがうまく描けると、
プレゼンだったり、
ホワイトボードを使って講義するとき、
案外と重宝します。

でも、絵心のある人と、
そうでない人で、
この分野は大きく
差がついてしまいますよねえ〜。

自分が描いたのは「コアラ」というより、
どう考えてもイヌ科の動物に
なってしまった。
どっかでこのキャラ見たような(苦笑)

再トライしましたが、結局、
クマのようになり。
変なやさぐれドラえもんに
してしまった……。

結局、みんなが可愛い絵を
最終的には描けるような
レッスンができると
結構、重要はありますよね。

賢者の会などでいつかできるよう、
依頼して今回は
最初のセッションを終えました。

なかなか楽しく癒され、
たぶんビジネスにも使える
アートセラピーのワーク。
なんか形にしたいですよね。

ちなみに私のセッションは、
Watanabeの「女性力ドットコム」の
ブログでも紹介されています!
http://jyoseiryoku.com/?p=2266





[賢者の会・賢者のビジネス研究所]
コメントはありません。
| | url | | |