なぜいまでも求められる「残業しない術」

考えてみれば、
数年前は、こんな本を次から次へと
書いていたなあ……と。

『なぜ、仕事ができる人は残業をしないのか?』
『図解・残業ゼロで、仕事ができる人の習慣』
『人を出し抜く残業しない術』
『残業ゼロですごい結果が出る時間術』

合わせれば部数もまあ、
それなりになったのではないか。
いい時代でしたねえ(笑)

ただ、そんな時代から何年も経ち、
いままた「定時に帰る」というのが
ドラマなどでも注目され出しました。

いつになっても、変わらない。
それも変なことなのですが、
永遠のテーマにもなっているようですね。

遅くまで働くことが褒められたのは、
過去の話。
それから
「効率よく働こう」という流れになり、
いまは
「働き方そのものを見直そう」
という動きになっています。

それでもおそらく、
大げさに言えば「文化」というか、
価値観や意識が、
まだ大きく変わっていないんです。
だから
「働く量」と「働く時間」が
一致していない。

「たくさんの仕事vs
できるだけ少なくしたい労働時間+人手」
の問題を
世の中はまだ解決していない
……ということですね。

実際のところ、
スピードアップする技術を身につければ、
3日かかる仕事が数時間で終わる
……といった
都合のいい時間術はありません。

「仕事にかかる時間」をどのように解釈するか。

もっといえば、
「自分の仕事」をどう定義するか?
とか、
「自分の時間」をどのように考えるか?
……といった、根本に立ち返らないと、
「残業をなくす」とか、
「定時に帰る」というのは、
まったく意味をなさない問題になります。

やはり残念なのは、
働く人たちが主体的に
「時間の使い方を変えよう」とするのでなく、
時代の要請や社会の変化で、
仕方なく「定時帰るべきだ」ムードに
なっていることでしょう。

そうすると残念ながら、
働く側は損しかしない。
あるいは時間のメリットを
生かすことができない。
それこそが現在の
一番の問題のような気がします。

言っていくとキリがなくなりますが、
案外と仕事の問題の根本は、
このテーマに
凝縮されているのかもしれないな
……なんて思ってしまいますね。

いつか考えをまとめたいものだ。



[お仕事のページ]
コメントはありません。
| | url | | |