「大雨の日」の楽しみ方

本日の東京は、
久々の大雨でした。
風が強く、傘をさすのも大変でしたが、
皆さんは大丈夫だったでしょうか?

こんな日は、うちでじっとしていたい……。
でも、仕事をしている方は、
そうはいきませんよね。
会社にも行かなきゃいけないし、
外出予定があれば、
キャンセルするわけにもいかない。
かなりユウウツになります。

かくいう私も、
今日は打ち合せがありました。
出やすいところで、
歩く距離は短かったのですが、
それでもずぶ濡れになってしまいましたね。

でも、その打ち合せで話題に出たのは、
「仕事の楽しみ方」です。
考え方次第で、
仕事はいくらでも面白くできる。
実際にそういう本を、
私は書いていました……。

どうせ大雨の日に
出かけなければいけないなら、
その状況をどれだけ楽しめるか?

①周りの人を応援する
……実際に外に出れば、
案外と大勢の人が雨の中でも
日常をこなしていることに気づきます。
とくに今日は時間がら、
大勢の学生さんを見ました。
みんなのがんばりを見て、
自分も「しっかりしなきゃ」と思う。

②人のあたたかさに気づく
……天候が通常ではないぶん、
よく見れば普段以上に、
周りの人が他の人に気を遣っていることに
気づきます。
たとえば乗り物では席を空けていたり、
傘を閉じる時間を待ってあげたり。
喫茶店でも心なしか、
対応が優しいように見えたかも。
この国もまだ捨てたものじゃないなあ……と
感じますね。

③雨の風景を観察する
……余裕があれば、雨の中の木々花に
目を転じてみる。
すると雨の中の植物っていうのは、
案外とイキイキとして
美しかったりするんです。
風に耐えている力強さも感じられますね。

そんなふうに発想を感じると、
イヤイヤ外出するどころか、
メリットはたくさんあるのではないか……。

もちろん安全上はできるだけ、
外に出るのを避けるに越したことは
ないでしょう。
でも、出なければならないのであれば、
せっかくなので気分よく、
逆境を楽しみたいですね。
参考にしてみてください!

写真は雨の中、外出した先、
わかる人はわかるんだろうなあ。



[効率無視の仕事術]
コメントはありません。
| | url | | |