思考の枠をひとつ飛び越えてみると……

都心部に住んでいると、
意外と「カー用品」の購入に
不便だったりします。

とくに私の場合、
青空駐車場を借りていますので、
気がつくと車は黄砂だらけになってしまう。
だから洗剤で洗うのですが、
これが切れるとコンビニには
売ってませんからね。

まあ通販で買う手もあるのですが、
気分転換も兼ねて、
レインボーブリッジを越えて行くのが、
海岸部の東雲にある
大きなオートバックスです。

で、先日ここを訪れるとビックリ。
画像のとおり、
何やらオシャレな、
およそ「カー用品店」とは見えない形に
様変わりしていました。

昨年の終わりごろに
「A PIT AUTOBACS」として
リニューアルしていたんですね。

アパレルショップのような
雰囲気になっただけでなく、
すぐ気づくのは「売っているもの」も
かなり変わったこと。

ようは「カー用品」以外のものが
かなり売られているようになったんですね。

たとえばアウトドアグッズがあったり、
車関連の書籍のみならず、
車が登場する小説なども
並べてあったり。

外で食べられる食品に、
ちょっとしたスポーツ用品に、
あるいは社内で聞く
おススメのCDなども。
欲しかったけど、
残念ながら自分の車ではCDが聞けない(苦笑)

名前が似ているからか(笑)、
スターバックスも入っていましたが、
とにかく「車」にかこつけて、
連想されるいろんなものを
提案して売るお店……となっていたわけです。

なるほど、カー用品だけだと、
需要はどうしても限られてしまう。
でも、想像力をはたらかせると
いろんなものが
「車関連の商品」になってしまう。
何が売れるか、
想像すると面白いかもしれませんね。

こうしたことはいろんな業界で
できる発想かもしれません。

「自分の仕事はこれだから」なんて限定せず、
関連してできることを
思いっきり飛躍して考えてみる。
そこから新しい可能性は、
どんどん生まれてきます。

それはこの変化のめまぐるしい時代に
生き残っていくための
秘訣になるかもしれませんね。



[効率無視の仕事術]
コメントはありません。
| | url | | |