新しい時代、新しいジャンルの仕事

写真は有楽町の近くですが、
いつのまにかできていました。
2020年のオリンピック関連施設。

「有楽町インフォス」という施設を使って、
大会の情報提供や、
ボランティアの受付も
ここで行なっているようですね。

運営は東京都のようですが、
「よくもこんなところ」で思いきや、
そういえばその昔、
都庁舎はここにあったんですよね。

駆け出しのころ、
都の出版物の仕事で
よくここに来ていました。
当時は新宿の庁舎はできていたのですが、
一部機関だけ残っていたんです。

まあ、そんな自分にとっては
自分の仕事をステップアップさせてくれた
思い出深い地。
じつはこの近くで先日、
また新しい可能性を開くような
仕事の打ち合せをしてきました。

何かといえばウェブ関連の仕事ですが、
どうしてもウェブ関係の
ライティングというのは、
いままで小さな仕事が多かったもの。

それでも勉強と思って引き受けたことも
多かったのですが、
今回はトータルにすれば、
本1冊に匹敵するような
ありがたい話です。

驚くのはやはり、
ウェブのコンテンツに対して
それだけの投資をする会社が
ちゃんとあるということですね。

決して大きな会社ではありませんが、
ここを充実させることが
「将来に大きくかかわる」と
考えている。

これだけ世にはウェブの記事があふれ、
端から見ると、
「誰が見ているんだろう」なんてことも
思ってしまう。
だいたい観るぶんはみんな無料で、
決して「儲かる仕事」ではありません。

でも、それでも……。
雑なことをせず、
情報発信の質を高めている会社が
最終的には残っていくのかもしれない。
そんなふうに思いましたね。

文章を書く人間は誰でもそうでしょうが、
いまの情報氾濫時代には
危機を感じているでしょう。

けれどもその仕事をしている以上、
「いつか報われる」と信じて、
時代に対応した技術を磨いていくしかない。

そんなふうに思っていますから、
要望にはどんどん応えていこうと
考えています!



[お仕事のページ]
コメントはありません。
| | url | | |