まもなくご近所に引っ越されます

こちらは家の近く、
用事があってきた港区の
「高輪支所」に来たのですが、
5階から外を見た光景。

丘の斜面に建てられていて、
じつは5階からも外に出れるのですが、
手前にあるのは中学校。
でも、その隣りに
「森」のようなものが
あるのがわかります。

こちらは現在、
「高輪皇族邸」と呼ばれている施設。

もう残りわずかになりましたが、
平成天皇が退位されたあと、
しばらくはこちらに住む予定なんですね。
おそばに来られるわけです。

そもそもこちら、
私が子供のころから
「高松宮邸」として知られていました。

昭和天皇の弟君、
として知られる方ですが、
そのころと思いますが、
広大な敷地を分割し、
中学校や、現在、区の支所になっている
施設もつくられています。

ちなみに中学校は、
「高松中学校」という名称。
私は通っていませんが、
小学校のころにグラウンドを
使うことがありました。
裏山が高松邸につながっていたのを
なんとなく覚えていますね。

じつはその前はこの場所、
熊本藩細川家の
下屋敷だったとのこと。

明治時代から皇族の住む
屋敷として使われ、
大正時代には、
のちの昭和天皇が住む
「東宮御所」として
使用されたこともあるんですね。

すると中はどうなっているのか
非常に気になる……のですが、
残念ながら近くにあって、
お邪魔したことは一度もありません(苦笑)

意外と周囲には古い場所が多く、
昔からある和菓子やさんとか、
お寺もやたらと多い場所。

もう、本当に
1週間をきってしまいましたが、
長く私たち国民を心配され、
苦労されてきた疲れを
ここでゆっくり癒してほしいですね。



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「日本史」入門はこちら
コメントはありません。
| | url | | |