奮い立たさせてくれる「オリンピックおじさん」の言葉

本日はロックンローラーの
内田裕也さん……に加え、
「オリンピックおじさん」こと、
山田直稔さんの訃報も入りました。
お悔みを申し上げます。

オリンピックおじさんは、
92歳の生涯だったとのこと。
1964年の東京オリンピックに感動し、
それから毎年のように
現地での応援を続け、
2016年のリオまで52年。

半世紀にわたって
応援を続けたんですね。
御歳92歳、来年の東京は残念ですが、
天国からの観戦になるのでしょう。

まあ、それだけなら単に酔狂な方
……ということになるのですが、
驚いたのはニュースで見て、
この方、1980年の
モスクワオリンピックでも
現地で応援をしているんです。

一体どこを?
知ってのとおり、
冷戦下にあった80年代。
日本はアメリカなどに合わせ、
当時はソ連だった
この国のオリンピックを
ボイコットしています。

それでも山田さんはモスクワに行き、
「平和のための応援」を
続けていたのですね。

山田さんのホームページには、
http://www.naniwa1001.co.jp/olympic/
こんなことが書かれています。

「毎回ぶっつけ本番で
オリンピック応援をしてきた経験から、
ちょっとしたことで
人を動かすことができる応援の力、
言葉が出来なくても
笑顔があれば世界中の人々と
心を通い合わすことができることなど、
潜在的な人類の魅力を知った」

だから
「世界中の人々が笑顔で交流し合い、
世界が平和になること」を願って、
この方は日本ではなく、
あらゆる国を応援していたんです。

そうすると、
次回の東京オリンピックを
見れなかったことなど、
実際は瑣末な問題だった
……のかもしれませんね。

見事に人生を通じて、
その使命をまっとうされたのかなと
思います。

そこまで人生を賭けられる目的
というのを、
私たちも見つけたいですね!



Words of Wisdom〜君はこの言葉を知っているか?
コメントはありません。
| | url | | |