時を経て、また、この2人に会えた喜び!

画像の2人、
わかる人はわかるでしょう。

百鬼丸とどろろ
手塚治虫さんの作品
『どろろ』ですね。

子どものころに読んで、
衝撃を受けた作品。
ただ、その凄惨な物語には不評もあり、
問題作として途中で打ち切られ、
封印されました。

それがリメイク版として
BSの深夜アニメで甦ったようです。
これは嬉しいかもですね。

原作は60年代だそうですが、
戦国時代を取り上げた作品です。
悲惨な境遇を経てめぐり遭った2人。

父が魔物たちと盟約を交わし、
身体の48か所を奪われて誕生し、
そのまま川に捨てられた百鬼丸。

職人に拾われ、
人口のスペアで身体を補い
体を取り返すべく魔物退治の旅に出ます。

かたや盗賊の家に生まれ、
両親を殺された少女。
性別を偽り、盗みをしながら、
戦国の世を1人で生き抜きます。

そんな2人の出会いの巡り会いと
奮闘を描いた物語。

一度はアニメになったそうですが、
陰惨な話ゆえに、
カラーの時代なのに白黒でつくられたとか。
不評のため
中途で打ち切られたそうですね。
さらには身障者が主人公であることも
問題になったとのこと。
だから再放送もされなかったんですね。

けれどもさすが、
手塚治虫さんの描くストーリー。
厳しい運命に抗い続ける2人には
ファンも多く、
映画になったりゲームになったりと
たびたびリメイクされてきました。

そして、まったく新しい作品として
再び2019年につくられたわけですね。
見たところ物語や設定は
原作と少し変わっています。
でも、どういう展開になるのか
少し楽しみですね……。

気になる方は、
アマゾンなどでも見れるようです!



[公私混同の時間]
コメントはありません。
| | url | | |