歩道脇のせせらぎの白サギのように

じつは現在、母親が検査のために
入院をしています。

それ自体は大したことがないのですが、
荷物を運んだり、説明を聞いたり、
書類を書いたりで、
ちょっとドタバタする。

今日はそこから
仕事の打ち合せに行ったのですが、
ホームページから間違って
前の事務所の地図にアクセスしてしまい、
慌てて戻りながら、
東京の地下鉄を駆けずり回る
ショックな1日になってしまいました。

ちょっと落ち込む……。

元旦からどうも、
うまくいかないことが
続けてあるなあ……と。

でも、今日、お話を
聞かせていただいたこと。

地方に生まれ、
小さいときに両親が離婚し、
それでも1つの技術を
努力して努力して身につけた。

東京に来て仲間と起業し、
借金を抱えたり、
裏切りにもあったりと、
傍目にはとても苦労して
頑張ってきたように見える。

でも、
「いや、じつは僕、
生まれてからほとんど
挫折体験ってしたことがないんですよ。
大した人間じゃないし、
周りの人に恵まれていたんですね」
なんて言っている。

いろんなことが生きていれば起こる。
でも、そんなことは気にせず、
ただ、「自分のやるべきこと」をやればいい。

なるほどなあ……と思いました。

周りで起こる様々なことに
振り回されていても、意味はない。
やるべきことは決まっているんだから、
ただ、黙々と
それを楽しめばいいじゃないかと。

教訓ですねえ。

画像は病院のそば。
大通りに面した歩道に沿った、
申し訳程度の「水のせせらぎ」ですが、
なぜかそこには、場違いな白サギ……。

でも、この子だって、
周りがどう思おうと関係ない。
ここで楽しくやっているんだから、
「別にいいだろ?」ってことですよね。

歩行者にビックリされながら、
たくましく我が道を
歩んでいる気がしました。

そんな生き方を、
ぜひ理想にしたいですね!



[公私混同の時間]
続けているなあ→続いているなあ、かと。

神は細部に宿る、待てば海路の日和あり、ですよ何事も。
| 編集担当 | url | | 2019,01,Thu 15:16 |

すみません!
| 夏川賀央 | url | | 2019,01,Fri 03:29 |