意外な歴史、水天宮の弁天さま

こちら、昨日、訪ねた
東京都中央区の「水天宮」ですね。

安産の神様として有名なところ。
以前にも紹介しましたが、
そもそもは源平の戦いのとき、
壇ノ浦で敗れて身を投げた
平家側の安徳天皇と、
祖母にして平清盛の妻、時子さんと、
娘にして天皇の母の建礼門院を
神様として祀ったところです。

その一画……というか、
堂々と手前に小さな社があるのに
気づいた方も多いでしょう。
こちらけっこう有名です。
「宝生弁財天」という
弁天様を祀った神社なんですね。

よくある神社の中にある、
オマケのような祠。
そう思いきや、
けっこうこちらも歴史があります。

九州の方はご存じの通り、
こちらの水天宮は
「江戸支店」のようなもので
本社は福岡県の久留米市。
この地を治めた有馬氏が
江戸に持ってきたものです。

この有馬氏は財政難を抱えていて、
水天宮を安産の神様にしたのも
庶民からの支援を募るためでした。
営業にも頑張ったこともあり、
「情け有馬の水天宮」などと呼ばれ、
大評判になりました。

そこで弁財天ですが、
じつはこっちこそ、本来、有馬氏が
ずっと信仰してきた神様だったそうです。

なんでも能楽の技を
前田氏と競って藩主は、
弁財天にお願いしたことで
勝つことができたとか。

そこで「勝利をつかむ神様」や
「芸事の神様」として、
江戸にも弁財天を持ってこようと
水天宮で一緒に祀ることにしたんですね。

見ていると、
こちらにも独自のお札があったり、
独自の御守りがあったりして、
むしろメーンにお参りしている人も
多いようです。

当然ながら「お金」にも優しいのが
弁天様。
なので来た際は本社だけでなく、
こちらも合わせて
お参りするといいかもしれませんね。



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「日本史」入門はこちら
コメントはありません。
| | url | | |