簡単な仕事のヒント〜決められないと始まらない!

夏川が読んだ本の紹介、
今日はこちらの本!

自分で決める。
(権藤優希著、きずな出版)

いま非常に売れている本だとのこと。
きずな出版の会で、
著者の先生本人から、
紹介いただくことができました。
役得ですね。

権藤さんは、
NEC出身の若い起業家で、
いま講演でも大活動しているとのこと。

冒頭からなるほどです!

たとえばクライアントから、
ノウハウも経験もない仕事を頼まれた。

A:上の者に相談しますので、
  少し時間をください
B:はい、できますので、
 ぜひ進めさせてください

どちらが正しいか?

拙著、
「すぐやる!」で、人生はうまくいく
を呼んでいただいた方は、
ご存じの通り、
正解はB。

そもそも「できないこと」は
頼まれない。
この選択で、
世界的成功者になったのが、
かのビル・ゲイツさんでした。

本書はこんな
意思決定のヒントを41個、
提供する本。
ビジネスには
大事な指針となる話ばかりです。

面白い話があります。

日本人は中学、高校と、
ずいぶんと英語を
勉強しているにもかかわらず
外国人に
「英語が話せますか?」と言われると、
「アイムソーリー」なんて
逃げてしまう。

それに比べ、外国人は
「スシ」とか「テンプーラ」
くらいしか日本語を知らなくても、
「日本語なら少しわかりますよ!」と
答えてしまう。

この「不完全発表主義」が、
これからの時代、
とても重要になる……と言うんですね。

その理由が知りたい方、
ビジネスヒントを見つけたい方は、
ぜひ読んでみてくださいませです!



[常識転換の読書術]
コメントはありません。
| | url | | |