ハロウィンの仕事術

10月31日、ハロウィンですね。

それに先だって、
写真は近くの商店街の
寄り合い所のようなところ。
「ここでお菓子を配ります」
なんていう張り紙が出ていました。

いまはもう、
仮装した子どもたちが来るのが
当たり前になった界隈です。
混乱を避ける前に、
最初から告知をしているわけですね。

下には「仮装衣裳をつくるのどうぞ」と、
古着を入れた箱もありました。
ここまで準備されていれば、
子どもたちには印象がいい……。

それが大人にも伝わって
集客につながることは
案外とありそうですね。

ハロウィンの日に、
子どもたちが仮装して
お菓子をもらいにくる習慣。
「トリック・オア・トリート」と
正式には呼ばれています。
意味は
「ごちそうか、いたずらか」。

つまり、
「お菓子(ご馳走)」をくれなければ、
いたずらをしてもいいということ。

実際、海外では
本当に車のタイヤを抜いたり、
家にペンキを塗ったりして
トラブルになることがあるそうです。

どうしてこれがゆるされるのかといえば、
「今日は大人よりも子どもたちがエラい日」
ということなのでしょう。

普段、言うことを聞いている
……かどうかは知りませんが、
家で主導権のない子どもが、
この日は傍若無人をゆるされる。
それは
「大人が子どもの大切さを確認する」
ということかと思います。

ならば、大人自身が仮装して
渋谷の町を席巻したりするのは、
本来はハロウィンの趣旨とは
かなり違うことなのでしょうね。

お子さんのいる方は、
今日は思う存分に
楽しませてあげてくださいませです!



[効率無視の仕事術]
コメントはありません。
| | url | | |