「文字・活字文化の日」だから……

10月27日は、
「文字・活字文化の日」
なんだそうです。

長く出版業界にいながら
ほとんど聞いたことがありませんでした。
まったく恥ずかしい……。

なんでも
11月3日の文化の日を挟んだ1週間は
「読書週間」だそうで、
その始まりの日が
「文字・活字文化の日」と
定まったそうです。

2005年に制定された
「文字活字文化振興法」に
基づいているそうですが、
ならもっと宣伝してって感じですよね。

そもそも「文字活字」という
この言い方にも問題がありそうですが、
印刷された文字を読む機会を
どんどん日本人がなくしつつある
この時代です。
振興しないと、
出版文化はなくなるかもしれない。

でも、考えてみれば、
本を仕事にしている私ですら、
本を読む時間が年々、減っています。

単に文字がデジタルになっている以上に、
「読もう」というエネルギーが
私たちから失われているのかもしれません。

でも、それではやっぱりいけない。
それはすなわち、
日本人の質の低下を
うながしていくのではないか……。

どうしてもそんななかで取り上げたいのは、
拙著になりますが
君はこの言葉を知っているか?
(Word of Wisdom、主婦の友社)です。

どうしてかといえば、
この本は過去の賢者から現代の賢者へと
言葉が継がれたメッセージ。
それはつまり、
「書物がどれだけの影響を
ビジネス界に与えてきたか」を示す
物語でもあるからです。

ここに登場する世界と日本を代表する
15人の経営者たち。
すべては読書によって志を抱き、
読書の力に動かされて、
大きな仕事を成し遂げたといっても
過言でないわけです。
そんなパワーが失われては絶対にいけない。

まあ、私の本は読まなくても、
「そうなんだ」ということは
認識していただき、
この2週間にはぜひ本を読みましょう!

私もぜひそうしたいなあ……。



Words of Wisdom〜君はこの言葉を知っているか?
コメントはありません。
| | url | | |