「偉大なる魂」の連携

数日前のニュースになりますが、
トヨタとソフトバンクの提携が決まりました。

両者がおよそ半々の株を持ち合って、
新会社「モネテクノロジー」を設立。
資本金20億円ですが、
将来は100億の増資を考えている
……とのこと。

なぜ自動車会社と通信会社が、
提携するのか?
当然、将来の「自動運転者」を
にらんでいるわけですね。

もはや自動車会社は、
IT抜きに存続しえない。
一介のソフト卸から始まったベンチャーが、
とうとう日本の根幹産業に
欠かせない存在になったわけです。

そこで、この2つの企業、
じつは拙著、
君はこの言葉を知っているか?』の
1章で続けて出てくる企業です。

豊田佐吉さんと孫正義さん、
両社の創業者は、
ともに過去の偉大な人物の言葉に
触発されているわけです。

それは写真に掲げた人々。

「天は自ら助くる者を助く」
……サミュエル・スマイルズ
 →豊田佐吉が愛した言葉

「世に生を得るは事を成すにあり」
……坂本龍馬
 →孫正義が愛した言葉

それぞれの仕事にどう関わっているかは
本書を読んでいただくとして、
2人はともに19世紀を生きた人。

スマイルズは『自助論』を書き
産業革命後の
努力よって成功が決まる世界を予見した。
龍馬は知ってのとおり、
日本の開かれた未来を予見した。

ともに未来を切り開こうとした人間の言葉が、
やがて時代の起業家に受け継がれ
この国の新しい未来を
つくりあげようとしているわけです。
じつに壮大ですよね。

言葉は継承されて未来をつくっていく……。
この本のテーマですが、
世界を変える人たちだから
過去をちゃんとリスペクトできる。
過去の土台に乗っているからこそ、
未来に向けた大きな夢を実現できるわけです。

海外の企業に遅れをとらないよう、
行く末を見守りたいですね。



Words of Wisdom〜君はこの言葉を知っているか?
コメントはありません。
| | url | | |