台風に気をつけて、知っておきたいそのグローバルさ

非常に大型の、台風24号が、
日本縦断ルートに入っています。

「記録的暴風雨になるかも」
ということなので、
本当に皆さん、注意しましょうね。

写真は近くの古川ですが、
たびたび水位警報が発令されます。
溢れないかどうか、
今回もちょっと心配です。

にしても、今年は困ったことに
大きい台風の被害が続いています。
しかも毎年、
規模が大きくなっているような気が!
この調子で年々、
台風が大きくなると怖いですよね。

そもそも台風、
英語だと「Typhoon(タイフーン)」です。
「津波(Tsunami)」のように、
日本語の「台風」が英語になったのだろうと、
ずっと思っていました。
違うんですね。

日本語の「台風」は、
じつは英語のタイフーンを
日本語表記にしたもの。
ジャパンオリジナルではなかったんです。

では「タイフーン」という言葉は、
どこからきたのか?
中国語の「大風」からきたとも言われるし。
アラビア語源説や、ギリシャ語源説もあります。
ハッキリしないんですね。
(語源由来辞典)

ただ、特定の言葉を当てたくなるくらい
欧米人は日本付近にやってくる
この季節的な暴風雨を恐れたんです。

まあ、世界中を大航海していた
国々ですからね。
日本は長く鎖国していましたが、
中国や東南アジアには大挙、
出没していました。
東シナ海などでは、
ずいぶん悩まされたんでしょう。

では、日本古来の台風の呼び方はといえば、
「野分(のわき)」です。

まさに大地を分けて、蹂躙する嵐。
やっぱり日本でも、
それだけ恐れられてきたんですね。

「吹き飛ばす石は浅間の野分かな」
とは、松尾芭蕉の句です。
平然と歌っていますが、
石を吹っ飛ばす破壊力です。

ここ2、3日は、あまり外出せず、
通り過ぎるのを待ちたいですね。



[仕事ができる人の歴史入門]
夏川の「日本史」入門はこちら
コメントはありません。
| | url | | |