小さな書店にも飛び込んでみる

川崎市の登戸駅にある、
商業施設内にある小さな書店。

文教堂さん、と思いますが、
あまり利用する駅でもなく、
入ったこともありません。

そもそもビジネス書のコーナーは小さく、
半分以上を雑誌やマンガが占めている
地元の本屋さん。

でもビックリです。
棚ざしですが、ちゃんとありました。
私の本。
君はこの言葉を知っているか?

しかも近くを見ると、
「すぐやる!」で、人生はうまくいく
も置いてあります。

大きな書店さんでも、
見つけるのは難しいのに(苦笑)
ちょっと感動してしまいました!

編集者時代、
どこかの町に行って本屋さんを見たら、
「とりあえずは入る」
というのが習慣でした。

別に本を買うのが目的ではない。
ただ、並べてある本をざっと見るだけ。

まあ、多くの場合
ラインナップはさほど変わらないのですが、
自然に書棚の本の数々が頭に刷り込まれ、
「こんな本が売れるんじゃないか」という
企画の思いつきにつながっていたのかな
……と思います。

ところが独立して
本を企画する仕事から、
本を書く仕事になった。

そして日本全国から本屋さんが少なくなり、
さらには縮小して、
どこでも売れている本しか
扱わないところが増えてきた。

そんななかで
「本屋さんを見よう」
というモチベーションも低下し、
いつしか本屋さんに入る回数も
減ってしまっています。
よくないですよね〜。

せめて自分のつくった子どもたちが、
ちゃんと元気でいるのかは、
あらゆる本屋さんで確認したい。

気持ちをあらためて、
「本屋さんを見つけたら入ってみる」
という習慣を再開します!

これも原点回帰ですね。



[公私混同の時間]
コメントはありません。
| | url | | |