「第60回・賢者の会」〜なるほど「天才」はこうしてできる

本日は高輪にて、
60回目になる「賢者の会」を開催しました。
お集まりいただいた皆さま、
本当にありがとうございました!

ゲスト講師は
フライングキッズ」という
学習塾を主宰している
小畑希久子先生。
『「天才のつくり方」教えます』ですね。

結局「天才」って一体
どういう人なのか?

それはもう勉強だろうが、
スポーツだろうが、
ビジネスだろうが、すべて同じなんです。

答えは「努力を続けられる人」。

さらに言ってしまえば、
努力を苦痛でなく、
「楽しいこと」として平気でやってしまう人
……なんです。

ということは、
天才を育てたいと思ったら、
努力している人を楽しい気持ちにして、
盛り上げていかなければいけない。

ある種、一緒にバカになって
徹底的にのめりこんであげる
根気のよさが必要になるわけです。

フライングキッズで実践している
勉強法の数々、
なかなか役に立つ内容でした!

講義の中では、
私たちも子どもの気分になって
お勉強。

写真の絵は「記憶術」に使うもの。
ワークではみんなが完璧に、
10個の要素を記憶することができました。
なるほど、
こうやって覚えればいいのね。

そのほか「ユウウツ」とか
「バラ」とう漢字を書いたり。

計算力なども試す機会もありました。
私は、頭の回転が少し鈍っているかも。
いかんですな。

おもてなしの達人でもある小畑先生。
お煎餅などもいただき、
今回は非常におトクな勉強会になりました。
小畑先生の勉強法は、
もっと世の中に注目されるべきかもですね。

なお、ラスト30分は「賢者の会」発。
女子高校生による講義です。
その話はまた明日にしましょう。

写真は賢者の会、山村さんが撮影したもの。
いつも素晴らしい写真を
撮ってくださいます!





[賢者の会・賢者のビジネス研究所]
コメントはありません。
| | url | | |