「洗車してもらう時間」の価値

こちら近所のガソリンスタンドにて
マイカーを洗車してもらっている
……という場面。

ふだんは洗剤で洗っているのですが、
なにぶん青空駐車場に車を置いている身。
最近は黄砂の影響で
なかなか取れない汚れがたまる。
だから定期的に機械洗車ですが、
こうして洗ってもらいます。

先日は雨が上がったあと、
快晴の日の午後ということで
1時間30分もの待ち。

それでもせっかくだから
洗ってもらったのですが、
案外とこの時間というのが
私にとっては至福だったりします。

ゆっくりと読書をしながら、
たまにチラチラと作業の様子を見る。

場所がら、周りには
ベンツやアウディは普通で、
フェラーリまで待機していました。
それでも
さすがプロの人たちで、
手は抜きません。
私の小さい車を
丁寧に洗ってくれます。

セルフの自動販売機で、
本格的なコーヒーも飲めるし
平日なので、
車がたくさんあるわりには
ガソリンスタンド内に人もいません。

だいたい仕事の切れ間にやるものですから、
急ぐ気持ちはまったくない。
ゆっくりと読書にも専念でき、
非常にぜいたくな時間を過ごしている
気分になるんですね。

どうしても日常では
限りある時間をどう効率的に使うか
……ということで、
だいたい私たちは一定の時間に
あらゆる物事を詰め込もうとします。

仕事だけでなく、
プライベートでもそうですよね。
なんとなく空白の時間があることを嫌う。
とくに今はスマホもあれば、
iPadもありますから、
短いスキマ時間で何でもできてしまいます。

でも、そんな時間の使い方で、
いつのまにかストレスも
溜まっていくわけです。

だからときどき、
「今日は時間をムダにするぞ」
と決めてしまう。

とくにこの洗車待ちの環境ともなれば、
どうあがいても、
それほど効率的な時間の使い方なんて
できないんです。
だから、開き直ってゆっくりするしかない。

そういう時間って、
どこかで必要なんじゃないかな
……と個人的には思っています。

やり方は人それぞれでしょう!
決してこんなムダを
軽く見ないでくださいませ。



[効率無視の仕事術]
コメントはありません。
| | url | | |