高校生と先生と楽しい食事

本日は世田谷区で
フライングキッズ」という
学習塾を主宰している
小畑希久子先生と、
“直接”ではないのですが、
まあ教え子と言っていいのでしょう。
女子高校生の方と
3人でお食事をする機会がありました!

画像で紹介しましたが、
こちらは新宿にある
「いしかわ」という“石器料理”のお店。

石器料理って、何だ?
……ですが、
別にマンモスを食べるようなものでは
ありません。

韓国製だそうですが、
鉄板ならぬ「石板」で肉や魚介類を
その場で焼き、
食べさせてくれるんですね。

写真は牛肉ですが、
おいしくないわけがありませんよね。
すごい料理を食べたうえ、
お土産もいっぱいいただきました。
本当にありがとうございます!

じつは高校生の女性。
今年は某名門大学の
AO入試に挑戦するんですね。

AO入試というのは、
高校時代の活動内容に対する評価によって
入学を決めるもの。

彼女のテーマは、
「介護」ということで
いま実践も含めた、様々な学習をしています。

ですから意識の高さは、すごいですよね。
高校のころの自分が、
ちょっと恥ずかしくなる……(苦笑)

じつは入試のためには、
これを人前で発表するなど、
アウトプットする機会をもっとつくりたい
……ということで、
小畑先生から相談を受けたんですね。

ならば「賢者の会」で
その機会をつくってみようか……と
単純に思っています。

これ、すごいですね。
60回くらいの開催になりますが、
初の「女子高生講師」です。
よその勉強会にも、まずないのではないか。

まあ、メーンは小畑さんにやってもらうか
……と考えていますが、
ちゃんと決まったら、こちらは告知しますね。

「賢者の会」は別に
福祉系のことを学ぶ勉強会ではありません。
でも、よくよく関わってくださっている
方々を思い浮かべると、
「介護」の関連で仕事をしている人は
非常に多くいらっしゃいます。

あの方もそう、あの方もそう、
あの方も……。
あの方なんて、
本を書いているじゃないか……。

なので、
何か協力くださる方がいらっしゃれば、
ぜひお願いしたいとも思っています!





[夏川が出会った「できる人」たち]
2018,04,27, Fri 03:11
デキる人研究所ブログ 】 comments (x)