Words of wisdom3〜老兵は死なない

「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」

こちらは、
ダグラス・マッカーサー元帥の有名な言葉。

1951年の4月19日、
連合国軍最高司令官の任を解かれ、
軍務を引退することになったとき
述べた言葉です。

ちなみに辞めることになったのは、
朝鮮戦争での失敗が大きな原因でした。

マッカーサーといえば、
第二次世界大戦に敗れ、
占領下に置かれた日本を統治した人物。
よくも悪くも、
戦後の日本の形は、
この人の下につくられた……と言えるでしょう。

その影響は政治面ばかりではありません。
ビジネスにも、
大きな刺激を与えているんです。

それが写真に紹介した。
「青春とは、心の若さである」
という詩。

「青春とは人生の或る時期を言うのでなく、
心の様相を言うのだ」

これが正しい文句ですが、
19世紀〜20世紀を生きた
ユダヤ人の聖職者であり、文学者。
サムエル・ウルマンさんの詩の一節です。

これをマッカーサー元帥は、
座右の銘にしていたんですね。

そもそも
「ただ消え去るのみ」などと言いながら、
引退後も強力な存在感で
活動していたのがマッカーサーです。

大統領のポストも狙っていたし、
日本も含め、世界中で講演活動もしていた。

その講演で、
「青春とは、心の若さである」という文句を
各地で紹介したんです。

当時の日本は戦争における影響で、
中堅層がごそっと書けていた頃。
復興はいいけれど、
高齢層か若手のどちらかが
主軸になるしかありません。

でも、
「何歳になっても、
心が若ければ、いつまでも青春なんだ」
という言葉。

これに諦めモードだった
高齢層の人々に火がついたんですね。
彼らの奮起が若手に引き継がれ、
その後、日本は
空前の成長を実現するわけです。

ちなみに、やはりこの言葉に
強い影響を受けたのが、
かの松下幸之助さん!

彼は晩年にウルマンの詩を支えとした
……のですが、
またこの話はどこかでしましょう(笑)



[Words of Wisdom]
コメントはありません。
| | url | | |