「あきらめない」ということ

「最後の最後に一番いいジャンプ」

こちら銅メダルを獲得した
高梨沙羅選手の言葉。
金こそはなりませんでしたが、
本当に見事な飛躍でしたね。

平昌で行なわれいる冬季オリンピック。

今日は、日本人がメダル3つ。

男子モーグルで、原大智さんが銅。
女子スピードスケートで、
高木美帆さんが銀。
そして女子ノーマルヒルで、
高梨沙羅さんが、銅ということでした。

何より素晴らしいのは、
高木美帆さんと高梨沙羅さんは、
ともに4年前のソチで苦渋を味わった人
……です。

ワールドカップで勝ち続け、
「金は確実」と言われた高梨さんは、
本番で実力が発揮できず、
4位に終わってしまった。

天才少女と言われ続けた高木さんは、
選手にさえ選ばれませんでした。

それから4年です。
よくあきらめずに、努力を続けてきたんだなと。
本当に頭が下がりますね。

日本はどうも
「絶対、金メダルをとる」なんて、
成績をあおるところがあります。

ところが実際を見れば、
高梨選手などは世界中の選手のお手本になり、
そのスタイルを参考にして
より高い成績を出す選手が
どんどん登場しているわけです。
正直、今回はメダルもかなり
微妙なんじゃないかと思っていました。

でも、インタビューでは、
「まだ、あきらめない」と
しっかり言っていました。
希望は全然、捨てていないんですね。

オリンピックというのは、
1回きりの勝負です。
だから、そのとき、その日のタイミングで、
一生モノの結果が決まってしまう。
ある意味、非常に残酷なイベントです。

だから結果が出せるにしろ、出せないにしろ、
ここまでの踏ん張りを、
やっぱりもっと私たちは評価したい。

「天は自ら助くる者を助く」
とは、ご存じ『自助論』の冒頭ですが、
そうでないと、
私たちは自分たちの努力をも
否定することになってしまいます。

アスリートたちが伝えてくれるものを、
今回のオリンピックでもやはり
きちんと受け取りたいですね。



[奮い立たせてくれる言葉]
※過去の名言集、電子出版になっています!
コメントはありません。
| | url | | |